佐藤勇 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤 勇
さとう いさむ
生年月日 (1942-07-20) 1942年7月20日(76歳)
出生地 兵庫県三田市
出身校 立教大学文学部史学科
所属政党自由民主党→)
無所属
称号 旭日中綬章

当選回数 3回
在任期間 2005年5月1日 - 2017年4月30日

選挙区 栗原選挙区
当選回数 5回
在任期間 1983年4月 - 2003年4月
テンプレートを表示

佐藤 勇(さとう いさむ、1942年7月20日 - )は、日本政治家宮城県栗原市長(3期)、宮城県議会議員(5期)などを務めた。

来歴[編集]

兵庫県三田市に生まれ、宝塚市に育つ。大阪星光学院高等学校卒業。1965年(昭和40年)3月、立教大学文学部史学科卒業。同年4月、衆議院議員・大石武一の秘書となる。1969年(昭和44年)11月、アジア・アフリカ研究所を卒業。1971年(昭和46年)に環境庁長官の秘書官に就いたのち、1972年(昭和47年)8月に再び大石の秘書となる[1]

1983年(昭和58年)4月、宮城県議会議員選挙に初当選。1999年(平成11年)に5回目の当選。2001年(平成13年)7月、第31代宮城県議会議長に就任。2003年(平成15年)の県議選で落選[2]

2005年(平成17年)4月1日、栗原郡全10町村(築館町若柳町栗駒町高清水町一迫町瀬峰町鶯沢町金成町志波姫町花山村)が合併し「栗原市」が成立。これに伴って5月1日に行われた市長選で初当選。3選後に引退。

2018年春の叙勲で旭日中綬章を受章。

市長選挙の結果[編集]

2005年(平成17年)[編集]

2005年(平成17年)5月1日執行。旧若柳町長の菅原郁夫、旧志波姫町長の鹿野清一ら2候補を破り初当選[3]

※当日有権者数:67,808人 最終投票率:84.41%(前回比:ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
佐藤勇62無所属23,403票42.02%(推薦)自民党公明党
菅原郁夫74無所属20,569票36.93%
鹿野清一72無所属11,728票21.05%

2009年(平成21年)[編集]

2009年(平成21年)4月12日告示。無投票により再選[4]

2013年(平成25年)[編集]

2013年(平成25年)4月21日執行。元市議の千葉健司を破り3選。

※当日有権者数:62,535人 最終投票率:72.67%(前回比:-11.74ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
佐藤勇70無所属25,534票57.33%
千葉健司56無所属19,001票42.67%

脚注[編集]

[ヘルプ]
先代:
初代
Flag of Kurihara Miyagi.JPG 宮城県栗原市長
2005年 - 2017年
次代:
千葉健司