九鬼氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
九鬼氏
家紋
七曜(定紋)
本姓 藤原北家隆家流[1]
家祖 九鬼隆信
種別 武家
華族子爵
出身地 紀伊国牟婁郡(室郡)九木浦九鬼浦[1][注釈 1]
主な根拠地 紀伊国
志摩国
東京府
著名な人物 九鬼嘉隆
九鬼喜久男
九鬼隆一
支流、分家 綾部藩主家(武家・華族(子爵))
綾部藩家老(華族(男爵))
四日市九鬼家地下人平民
凡例 / Category:日本の氏族

九鬼氏(くきし)は、南北朝時代から江戸末期まで活躍した一族。江戸時代に作成した家系図には藤原氏の末裔と記したが、明確にはわかっていない。元来は紀伊熊野地方の豪族。紀伊九木浦を本拠とし、南北朝期には志摩国にもその勢力を及ぼし、戦国期、九鬼嘉隆北畠氏織田信長豊臣秀吉に属して水軍の将として活躍。関ヶ原の戦で、父・九鬼嘉隆は西軍につくも、子・九鬼守隆は東軍につき加増、鳥羽藩・5万5000石となる。子孫は摂津三田藩3万6000石と丹波綾部藩2万石に分かれ,幕末に至る。


南北朝時代・室町時代[編集]

出自は詳しくわかっていない。九木浦(九鬼浦)に移住した熊野本宮大社八庄司の一派が地名から九鬼を名乗ったと『寛永諸家系図』に記されているが、異論が多い[4]。南北朝時代に京都で生まれた藤原隆信伊勢国佐倉[注釈 2]に移住したのちに紀伊国九木浦に築城し、九鬼隆信を名乗ったとする説もある[5][要ページ番号]

九鬼氏は熊野で勢力を伸ばせずにおり、3代隆房の次男の九鬼隆良は新天地を求め波切村の川面家の養子となり、波切城城主になった。この時期は貞治年間(1362年 - 1366年)とするのが定説であるが、元中年間1384年 - 1393年)とする異論もある。隆良は子に恵まれなかったため、志摩和具青山家から養子を迎え、波切九鬼2代目の隆基となった。この時点で本来の九鬼氏の血統は断絶している[6]

ただし『系図研究の基礎知識』(近藤安太郎、1990年)によれば、3代目とされる九鬼隆良は分家であり、本家は隆良の兄・隆長であるとする(隆良系は7代で絶える)。隆長のあとは光長政長政隆浄隆澄隆と続き、澄隆の異母弟・光隆家督を継いだが熊野地方に留まり、光隆の弟の嘉隆は北畠氏に仕えたと伝える[5][要ページ番号]

戦国時代・安土桃山時代[編集]

戦国時代初期、九鬼氏は伊勢北畠氏に仕えていたが、北畠氏の勢力範囲が弱まると、織田信長の幕下に入った。信長が北畠氏を侵攻した際、当時の当主であった九鬼嘉隆は織田勢を後ろ盾に、妻の実父である橘宗忠他、付近の小勢を制圧し、志摩国一円を手中に収めた。

その後、九鬼氏の九鬼水軍織田家織田信長)の海戦部隊として伊勢長島の一向一揆の討滅戦において活躍、石山本願寺攻略戦においては、第一次木津川口の戦いでは敗れるものの第二次木津川口の戦いでは鋼鐵で外板を覆った鉄鋼船を用いて能島村上氏率いる毛利水軍をことごとく追い払った。信長没後は織田信雄に仕えたが、蟹江城合戦にて羽柴秀吉方に寝返り、天正13年(1585年)、従五位下・大隅守に叙位・任官された。九州征伐小田原征伐に参加し、文禄・慶長の役では水軍の主力として功を挙げた。このような戦功の結果、紀伊半島制海権を与えられ、5万石の大名になった。この後、嘉隆は息子守隆に家督を譲って隠居する。こうした経歴から、江戸時代には軍記物などで海賊大名の異称をとった。

関ヶ原の戦い[編集]

石田三成挙兵の報を受け、徳川家康上杉討伐に参加していた九鬼守隆は急遽志摩に戻る。そして西軍方で桑名城に篭城した氏家行広行継らを破り、東軍最初の勝報を挙げた。一方で、三成に加担要請され西軍についていた嘉隆は、娘婿である堀内氏善鳥羽城を占拠してしまう。この後、守隆と嘉隆は城外で合戦するも決着はつかなかった。しかし関ヶ原の戦いでの西軍敗北が伝わると、氏善が逐電、嘉隆は退去、逃亡したため、騒乱は収束した。

そののち、守隆は桑名城戦での功で鳥羽城安堵された。また守隆は家康から嘉隆の助命の許しを得るが、その報を受け取ることなく嘉隆は逃亡先で自刃した。

江戸時代・明治時代[編集]

九鬼守隆鳥羽城主として5万6000石を領したが、仏門に帰していた五男九鬼久隆還俗させ、後継者にしようとしたところ、三男の九鬼隆季から猛反発をうけ、家督争いとなった。守隆の死後も家督争いは続き、この騒動を見ていた幕閣(江戸幕府)により、九鬼家は代々領土を守ってきた志摩国の領地を失い、久隆は摂津国三田藩3万6000石に、隆季は丹波国綾部藩2万石に移された。九鬼氏はその水軍力を失い、陸に上がることとなったが、その後は廃藩置県までそれぞれの領地で存続する。なお、御家騒動を起こして分裂した2家であるが、両家とも他家から養子を迎えて存続した後、江戸時代中期から幕末に三田九鬼家では7代隆由、8代隆邑、13代隆義を綾部九鬼家から養子に迎えている。

幕末、三田・綾部の両藩は共に討幕派につき参戦した。両九鬼家は華族に列し、明治17年(1885年)にそれぞれ子爵に叙爵された。

分家・支族[編集]

  • 九鬼守隆の四男九鬼隆重は、綾部藩において兄の藩主隆季から寛文元年(1661年)に500石の分知を受け、その子孫は綾部藩の一門家老家として続いた。明治維新後には文部官僚として活躍し、その勲功により男爵に叙爵された九鬼隆一を輩出した。哲学者の九鬼周造はその四男である。
  • 九鬼嘉隆の末子は父に従って関ヶ原の戦いで西軍について戦後に落ちのび、その子孫は幕府領伊勢国四日市に定住し、商家として栄えた。この家系は四日市九鬼家と呼ばれ、明治以降には九鬼産業を興して近代的な事業経営者となり、九鬼紋七九鬼紋十郎九鬼喜久男などが実業家と共に政治家にもなった。

系譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 北牟婁郡九鬼村九木浦。三重県尾鷲市九鬼町。九木峠、九木崎、九木神社などに「木」の名が残る[2][3]
  2. ^ 三重郡佐倉村、桜村佐倉、現・四日市市桜地区 — 桜町、桜新町、桜台、桜台本町、桜花台、および智積町の一部。桜駅、智積寺、智積養水などの所在地

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 太田亮国立国会図書館デジタルコレクション 「九鬼 クキ」 『姓氏家系大辞典』第2巻、上田萬年三上参次監修 姓氏家系大辞典刊行会、1934年、2007-2009頁。全国書誌番号:47004572http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130938/97 国立国会図書館デジタルコレクション  閲覧は自由
  • 近藤安太郎 『系図研究の基礎知識 : 家系にみる日本の歴史』第4巻 近藤出版社、1990年。ISBN 4772502688 
  • 大王町史編さん委員会編 『大王町史』 大王町、1994年8月。 NCID BN12019770 
系譜参考

関連項目[編集]