九鬼隆寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

九鬼 隆寛(くき たかのぶ、元禄13年(1700年) - 天明6年5月23日1786年6月19日))は、丹波綾部藩の第4代藩主。

播磨国林田藩主・建部政周の三男。母は河野通房の娘。正室は黒田直邦の娘。子に九鬼隆恭(長男)、九鬼隆由(次男)、九鬼隆邑(三男)、九鬼隆貞(四男)、九鬼隆許(五男)、娘(永井直行正室のち浅野長寿正室)、娘(諏訪頼寿室)、娘(花房職雍継室)。養子に九鬼隆英。官位は従五位下、備前守、大隅守。

正徳2年(1712年)に先代藩主・九鬼隆直の養嗣子となる。正徳3年(1713年)1月30日、養父の隠居により家督を継いだ。正徳5年(1715年)、藩校である進徳館を創設する。しかし享保年間には天災が相次いだため、藩札の発行や上米制度、御用金賦課などの藩政改革を行なった。明和3年(1766年)3月8日、家督を四男の隆貞に譲って隠居し、天明6年(1786年)5月23日に87歳で死去した。法号は休翁隆山泰岳院。

次代の隆貞は隆寛に先立って死去したが、その婿養子の隆棋を除いて、綾部藩九鬼家は隆寛の血筋で続いた。また隆寛は、九鬼家宗家である三田藩九鬼家に隆貞の兄の隆由、次いで隆邑を養子に出しており、幕末に養子入りした隆義以後も含めて、こちらも隆寛の血筋で続くことになった。