桜村 (三重県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さくらむら
桜村
廃止日 1954年7月1日
廃止理由 編入合併
四日市市、川島村神前村桜村三重村県村八郷村下野村大矢知村河原田村四日市市
現在の自治体 四日市市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東海地方近畿地方
都道府県 三重県
三重郡
総人口 3,241
国勢調査1950年
隣接自治体 四日市市
三重郡菰野町、川島村、神前村、県村、水沢村
桜村役場
所在地 三重県三重郡桜村字南垣内
 表示 ウィキプロジェクト

桜村(さくらむら)は三重県三重郡にあった。現在の四日市市の南西部、三滝川の中流右岸、近鉄湯の山線桜駅の周辺にあたる。西部は田園地帯が広がり、南西部は丘陵地であった。また、中央やや東はやや規模の大きい集落となっていて、そこが村の中枢となっていた。

大字智積には現在名水百選に指定されている智積養水が縦断している。

地理[編集]

現在は四日市市桜地区となっている。三滝川水系の矢合川が村域の中央を貫き、それを中心に水田が広がっていた。また、南西部には丘陵地が広がっていた。現在、南部の丘陵地の一部は桜花台や桜台などの住宅団地となっている。

  • 河川 : 三滝川、矢合川、大谷川
  • 金渓川、矢合川、かに川、大谷川

歴史[編集]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

道路[編集]

湯の山街道(現在の国道477号の旧道)。

現在は旧村域に東名阪自動車道四日市インターチェンジが所在するが、当時は未開通。

参考文献[編集]

関連項目[編集]