九鬼良隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
九鬼良隆の墓(兵庫県三田市心月院)

九鬼 良隆(くき よしたか、慶長10年(1605年) - 寛永11年3月5日1634年4月2日))は、志摩国鳥羽藩の世嗣。初代藩主九鬼守隆の長男。母は原宗忠の妹。正室は本多政武の娘。官位は従五位下、志摩守。

鳥羽藩嫡子として生まれ、慶長19年(1614年徳川秀忠に拝謁する。元和6年(1620年)叙任するが、寛永9年(1632年)に病弱のため、家督を継ぐことなく廃嫡された。同年、父守隆が死去し家督相続を巡って、三弟・隆季と末弟・久隆の争いとなる。結局、家督は久隆が継ぐことになるも、所領を摂津に移封されてしまう。また、隆季にも所領が与えられ、九鬼家分家として存続することとなった。

良隆自身は廃嫡後の寛永11年(1634年)、30歳で没した。