九鬼隆昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
九鬼隆昌の墓(心月院)

九鬼 隆昌(くき たかまさ、正保4年(1647年) - 寛文9年6月28日1669年7月25日))は、摂津三田藩の第2代藩主。九鬼家宗家3代。

正室は池田輝澄の娘。子に娘(九鬼隆律正室)。官位は従五位下、長門守。

生涯[編集]

正保4年(1647年)、初代藩主九鬼久隆の長男として三田で生まれる。幼名は孫次郎。慶安2年(1649年)、父の死去により跡を継ぐ。江戸城本丸普請の手伝い、朝鮮通信使の接待役、火消し役、京極高国改易後の宮津城在番などを務めた。藩政においても家臣の新規召抱えなどの藩政整備を行なったが、寛文9年(1669年)に23歳で死去した。跡を婿養子の隆律が継いだ。法号は清涼院。墓所は兵庫県三田市西山の心月院。