ロドヴィコ2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロドヴィコ2世(ヨハネス・ベラルディの年代記の12世紀の写本より)
ミラノにあるロドヴィコ2世の墓碑

ロドヴィコ2世またはルートヴィヒ2世: Ludovico II, : Ludwig II, : Louis II, 825年 - 875年8月12日)は、中部フランク王国の国王ロタール1世の長男で、中フランク王(のちイタリア王)(在位:父ロタール1世と共同統治839年/844年 - 855年、単独統治855年 - 875年)、および西ローマ皇帝(在位:父ロタール1世と共同統治850年 - 855年、単独統治855年 - 875年)である。

帝位の継承[編集]

ロドヴィコは中フランク王でローマ皇帝のロタール1世とトゥール伯ユーグの娘エルメンガルドとの間に長男として生まれた。839年にイタリア王とされ、844年6月15日に教皇セルギウス2世によりローマで戴冠した。また、850年には教皇レオ4世によりローマで共同皇帝として戴冠した[1]855年9月、父ロタール1世は死に際し、中フランク王国を3分割して3人の息子に与え、長子のロドヴィコはイタリアの統治権とローマ皇帝位を相続した[1]が、実際にはイタリアの一部を支配したのみで[2]、帝国全体には皇帝としての権威は示すことができなかった[3]

南イタリアにおけるイスラム軍との戦い[編集]

839年以降、南イタリアのベネヴェント侯国では継承争いが起こり、その際に傭兵として雇われたイスラム教徒がバーリにイスラム教国を樹立した。846年にはイスラム軍によるローマへの侵入と略奪が起こり、ロドヴィコはイタリアへのイスラム勢力の侵入に対処せねばならなくなった[4]847年にイスラム教徒をベネヴェントから追い払い、849年にはロドヴィコの調停によりベネヴェント侯国が分割されることでベネヴェント継承問題は解決したが[5]、その後も南イタリアに侵入するイスラム軍との戦いに追われた。871年にはイスラム勢よりバーリを奪還したものの、南イタリアに侵入するイスラム軍に対処するため東ローマ帝国の協力を必要としたために、873年南イタリアにおける東ローマ皇帝バシレイオス1世の宗主権を認めることとなった[4]

領土の再編成[編集]

863年、ブルグンド南部とプロヴァンスを相続していた末弟シャルルが相続人なく死去すると、その遺領はロドヴィコと弟ロタール2世の間で分割され、ロドヴィコはアルルエクスアンブランの各司教区とプロヴァンス王位を獲得し、イタリア王国に併合した[1]869年には弟ロタール2世も嫡出子がないまま死去したが、この時にはロドヴィコはイスラム軍との戦いのためにイタリアから離れられず、ロタールの遺領であるロタリンギアロレーヌ)は叔父である西フランク王シャルル2世に奪われた[1]。その後、ロタリンギアは東フランク王ルートヴィヒ2世も相続権を主張し、870年メルセン条約において、ルートヴィヒ2世とシャルル2世との間で分割された[6]

875年8月12日、ロドヴィコ2世は男子相続人なくイタリアのゲーディで死去した。ロドヴィコは後継者として東フランク王ルートヴィヒ2世を選んでいたが[7]、イタリア王国およびローマ皇帝位は教皇ヨハネス8世の支持を得た西フランク王シャルル2世が獲得した[6]

子女[編集]

851年、エンゲルベルガと結婚、二女をもうけた。

  • エルメンガルド(イルミンガルド)(852年/855年 - 896年) 後のプロヴァンス王ボソと結婚
  • ギーゼラ(852年/855年 - 868年) ブレシアのサン・サルヴァトーレ女子修道院長

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 成瀬他、p.90
  2. ^ シュルツェ、p.142
  3. ^ 瀬原、p.46
  4. ^ a b 瀬原、p.51
  5. ^ 山辺、p.38
  6. ^ a b 成瀬他、p.91
  7. ^ シュルツェ、p.143

参考文献[編集]

先代:
ロタール1世
イタリア王
839年/844年 - 875年
共同統治:ロタール1世
(839年/844年 - 855年)
次代:
シャルル2世
先代:
シャルル
プロヴァンス王
863年 - 870年
次代:
シャルル2世