ルイス・ロペス (1973年生の内野手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ルイス・ロペス
Luis Lopez
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ニューヨーク市
ブルックリン区
生年月日 (1973-10-05) 1973年10月5日(45歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手一塁手
プロ入り 1995年
初出場 MLB / 2001年4月29日
NPB / 2005年3月26日
最終出場 MLB / 2004年4月24日
NPB / 2005年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ルイス・ロペスLuis Lopez , 1973年10月5日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州出身の元プロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

1995年、アメリカのプロ野球独立リーグであるノーザンリーグセントポール・セインツ(現在は、アメリカン・アソシエーションに所属)に入団。

1996年より、メジャーリーグベースボール(MLB)のトロント・ブルージェイズ傘下のマイナーリーグ所属チームでプレー。2001年にMLB初昇格。

2002年2003年オークランド・アスレチックス傘下のマイナーチーム、2004年にはアトランタ・ブレーブス傘下のマイナーチームとモントリオール・エクスポズでプレーした。

2005年、新設された球団・東北楽天ゴールデンイーグルスデイモン・マイナーと共に打線の中核を担う存在を期待され入団。オープン戦から大当たりし、本拠地開幕戦(フルキャストスタジアム宮城こけら落とし)の4月1日西武戦でも1回に本塁打するなど出足は上々であったが、たまに場内を沸かせる本塁打を打ったかと思えば、三振や凡打が甚だしく守備面でも雑な面があった。それでも日本の野球やチームに溶け込む浸透度がかなり良いという評価もあり、シーズン通しては打率.223ながら得点圏打率は.314を記録。2005年のフルスタ宮城での最終戦で代打ホームランを放った。最終的にはデイモンよりはましな結果を残したとはいえ物足りなさは否めず、結局同年限りで戦力外通告を受けた。

帰国後、2006年は、アメリカン・アソシエーションのリンカーン・ソルトドッグスアトランティックリーグカムデン・リバーシャークス でプレー。2007年は、カムデン・リバーシャークスでプレーした後、カナディアン・アメリカン・リーグノースショア・スピリット、アトランティックリーグのヨーク・レボリューションと独立リーグの球団やマイナーを転々とした。

2008年からアトランティックリーグのブリッジポート・ブルーフィッシュに所属。全135試合に主に三塁手として出場し、511打数161安打、打率.315、5本塁打、77打点を記録。2012年にはオールスターに出場。

2014年にはブリッジポート・ブルーフィッシュ所属選手の球団通算安打記録を更新し、新設された球団の「Wall of honer(名誉の壁)」の第一号として表彰され、この年を最後に現役を引退した。

人物[編集]

楽天時代の応援歌は、同球団応援団「全国荒鷲連合」が制作した選手別応援歌の第1号である。応援歌は「ドリフ大爆笑」オープニングテーマ(原曲は戦前に作られた流行歌「隣組」)の替え歌である。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2001 TOR 41 128 119 10 29 4 0 3 42 10 0 0 1 0 8 1 0 16 10 .244 .291 .353 .644
2004 MON 11 27 26 0 4 0 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 1 9 1 .154 .185 .154 .339
2005 楽天 118 367 336 29 75 16 1 12 129 49 0 0 0 2 25 0 4 61 9 .223 .283 .384 .667
MLB:2年 52 155 145 10 33 4 0 3 46 10 0 0 1 0 8 1 1 25 11 .228 .273 .317 .590
NPB:1年 118 367 336 29 75 16 1 12 129 49 0 0 0 2 25 0 4 61 9 .223 .283 .384 .667

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 12 (2001年)
  • 37 (2004年)
  • 42 (2005年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]