デイモン・マイナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デイモン・マイナー
Damon Minor
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州スターク郡カントン
生年月日 (1974-01-05) 1974年1月5日(46歳)[1]
身長
体重
6' 7" =約200.7 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 1996年 MLBドラフト12巡目(全体342位)でサンフランシスコ・ジャイアンツから指名
初出場 MLB / 2000年9月2日
NPB / 2005年4月27日
最終出場 MLB / 2004年6月24日
NPB / 2005年5月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

デイモン・リード・マイナーDamon Reed Minor, 1974年1月5日[1] - )は、アメリカ合衆国オハイオ州スターク郡カントン出身の元プロ野球選手内野手)。左投左打。

日本での登録名はデイモン

経歴[編集]

1996年MLBドラフト12巡目(全体342位)でサンフランシスコ・ジャイアンツから指名され、プロ入り。2000年にメジャーデビュー。

2005年、この年新設された球団・東北楽天ゴールデンイーグルスの長距離砲として、ルイス・ロペスと共に打線の中核を担う存在を期待され入団。しかし開幕からドライアイに悩まされ活躍できず、シーズン途中に解雇された。

2006年メキシカンリーグカンペチェ・パイレーツでプレーした。

2007年、母校のオクラホマ大学でボランティアコーチを務めた[2]

2011年MLBフロリダ・マーリンズ傘下のAAA級ニューオーリンズ・ゼファーズの打撃コーチに就任した。

人物[編集]

日本では、「マイナー」では縁起が悪いという理由で、登録名を「デイモン」とした。

双子の弟であるライアン・マイナー英語版もメジャーリーガーであり、1998年カル・リプケンの連続試合出場記録(2632試合)が途切れた試合で、リプケンの代わりに出場したことでも知られている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2000 SF 10 11 9 3 4 0 0 3 13 6 0 0 0 0 2 0 0 1 0 .444 .545 1.444 1.990
2001 19 48 45 3 7 1 0 0 8 3 0 0 0 0 3 1 0 8 1 .156 .208 .178 .386
2002 83 201 173 21 41 6 0 10 77 24 0 0 0 2 24 6 2 34 8 .237 .333 .445 .778
2004 24 74 58 8 14 2 0 0 16 6 0 0 0 0 12 0 4 18 2 .241 .405 .276 .681
2005 楽天 6 21 20 2 4 1 0 0 5 2 0 0 0 0 1 0 0 7 0 .200 .238 .250 .488
MLB:4年 136 334 285 35 66 9 0 13 114 39 0 0 0 2 41 7 6 61 11 .232 .338 .400 .738
NPB:1年 6 21 20 2 4 1 0 0 5 2 0 0 0 0 1 0 0 7 0 .200 .238 .250 .488

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 22(2000年)
  • 37(2001年 - 2002年)
  • 1(2004年)
  • 44(2005年)

脚注[編集]

  1. ^ a b the baseball cubeのみ1975年1月9日と表記されている。
  2. ^ OU Begins Fall Practice Thursday Archived 2012年2月22日, at the Wayback Machine.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]