や行い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヤ行イから転送)
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(Hiragana I 01.svg)が含まれています詳細

この項目では、五十音図や行い段 (やぎょういだん、yi) について述べる。

発音[編集]

古来日本語では「i」と「yi」の区別は存在しなかった。

古典日本語文法のヤ行上二段活用に、い い ゆ ゆる ゆれ いよ とある。

文字[編集]

江戸時代から明治時代の間に、あ行い段 (i) とや行い段 (yi) の仮名を区別しようとする者が現れた[1]。字の形は文献によってまちまちである。「Hiragana I 01.svg」と「Katakana Yi 1.png」はその内の二つに過ぎない。

  • i
    • 古くからある仮名
      • [2] (平仮名)
      • [2] (片仮名)
  • yi
    • 古くからある仮名
      • い (平仮名)
      • Hiragana I 01.svg[2] (「い」の変体仮名。平仮名)
      • イ (片仮名)
    • 新しく作られた仮名
      • [3](点付きの「い」。平仮名)
      • Hiragana I 01.svg[4](点付きの「Hiragana I 01.svg」。平仮名)
      • Ya-yihen.GIF[2] (「以」の行書。平仮名)
      • [3](点付きの「イ」。片仮名)
      • Katakana Yi 1.png[2][5](「以」の省画[5]。逆さにした「イ」の活字で代用することがある。片仮名)
      • Katakana Yi 2.png[6](「以」の省画。片仮名)

このような使い分けは、音義派の学説に基づいて考え出された。音義派は、あ行い段とや行い段、あ行え段とや行え段、あ行う段とわ行う段は、本来違う音であると主張していた。そこで、それぞれに違う仮名を当て嵌めようとしたのである。[7]

しかし、日本語の研究が進み、それぞれに区別はないとする学説が出た。これらの奇字が実際に用いられることはなかった。[7]

符号位置[編集]

2017年6月20日、Unicode 10.0 に「𛀆 (Hiragana I 01.svg)」(U+1B006, HENTAIGANA LETTER I-1) が採用された[8]

2021年9月14日、Unicode 14.0 に「Katakana Yi 1.png」(U+1B120, KATAKANA LETTER ARCHAIC YI) が採用された[9]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
𛀆 U+1B006 - 𛀆
𛀆
HENTAIGANA LETTER I-1
𛄠 U+1B120 - 𛄠
𛄠
KATAKANA LETTER ARCHAIC YI

脚注[編集]

  1. ^ 馬渕和夫 『五十音図の話』大修館書店、1994年 (原著1993年)、17-24,93頁。ISBN 4469220930 
  2. ^ a b c d e 綴字篇
  3. ^ a b 小学日本文典入門. 巻之1
  4. ^ 小学日本文典入門. 巻之1
  5. ^ a b 新式漢文捷径初歩
  6. ^ 訓蒙明声初途. 初編
  7. ^ a b 唐澤るり子 五十音図の不思議な文字
  8. ^ Kana Supplement, Unicode, Inc., http://www.unicode.org/charts/PDF/U1B000.pdf 
  9. ^ Kana Extended-A, The Unicode Standard, Draft Version 14.0

参考文献[編集]

関連項目[編集]