ヤング・ピープルズ・コンサート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヤング・ピープルズ・コンサートYoung People's Concerts)とはニューヨーク・フィルハーモニックが主催する演奏会シリーズである。子どもが演奏会に親しみやすいように企画されている。レナード・バーンスタインが企画・指揮・司会を務めたシリーズが広く知られている。

概要[編集]

1924年3月27日アーネスト・シェリングによって初演され、各地を巡回した。オーケストラの演奏に解説を加える形式は初期の頃からのものである。

バーンスタインは1958年1月18日に同楽団とカーネギー・ホールで初演した後、1962年よりリンカーン・センターでの公演がテレビ中継されるようになった。

1971年マイケル・ティルソン=トーマスが引継ぎ、1977年に同公演は終了したが、その後再開されて現在に至っている。

日本での上演[編集]

日本では山本直純が同公演を手本とした『オーケストラがやってきた』を企画してクラシック音楽の普及に貢献した。

バーンスタインによる同公演台本が日本語に翻訳されており、パシフィック・ミュージック・フェスティバルにおいて『青少年のための演奏会』と題して上演されている他、佐渡裕が日本語による上演権を所有しており、各地での上演と毎日放送によるテレビシリーズ、同シリーズをまとめたDVDをリリースしている。

他にも大植英次など、同種の演奏会は各地で開催されている。