マーティン・シュクレリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マーティン・シュクレリ
Martin Shkreli
Martin Shkreli 2016.jpg
2016年、下院監査政府改革委員会
生誕 1982/1983 (年齢 34–35)[1]
アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク ブルックリン区
国籍 アメリカ
出身校 ニューヨーク市立大学バルーク校
職業 企業重役、ヘッジファンド・マネージャー、起業家、ライヴストリーマー
著名な実績 チューリング・ファーマシューティカルズ; レトロフィン
罪名 証券詐欺[2]

マーティン・シュクレリ (英語: Martin Shkreli[ˈʃkrɛli]、1982年または1983年-[1]) は、アメリカ合衆国の起業家[3][4][5]、製薬会社重役[6]ヘッジファンドMSMBキャピタル・マネージメントの共同創立者、生物工学会社レトロフィンの共同創立者および元最高経営責任者、チューリング・ファーマシューティカルズの創立者および元最高経営責任者である。

2015年9月、チューリングが抗寄生虫薬ダラプリムの製造権を獲得し、1錠13.5ドルから750ドルと56倍に価格を吊り上げて世間の不評を買い、メディアは「アメリカで最も憎まれている男」と書き立てた[7][8][9][10][11][12][13][14]

2015年12月、証券詐欺罪の連邦犯罪で告発され、FBIに逮捕された。保釈金を支払い釈放され、裁判待ちである[2][15]

チューリングの最高経営責任者を辞任し、取締役会長ロン・ティルスに交代した[16][17][18]

2016年1月、『フォーチュン』誌は32歳のシュクレリの純資産は少なくとも4,500万ドルと見積もった[19]

生い立ち[編集]

ニューヨーク州ニューヨークブルックリン区にあるコニーアイランド病院で生まれた。2人の姉妹、1人の兄弟がいる。アルバニア[20]クロアチアからの移民で用務員の仕事をしていた両親から生まれ[21]、ブルックリン区シープスヘッド・ベイの労働者階級のコミュニティで育った[9][22][23][24]

ハンター・カレッジ高等学校に進学したが、3年生になる前に興味を失い中退した[25]。高校卒業に必要な単位を得られるプログラムを受講し、その一環として17歳のときにウォール街のヘッジファンドであるクレイマー・バーコウィッツ&カンパニーのインターンとなった[24][9][26]。ハンターを卒業したのか[22]、ハンターで充分な単位を取得しシティ・アズ・スクール高等学校を卒業したのか[27]、定かではない。

2004年、ニューヨーク市立大学バルーク校にて経営学学士を取得した[9]。『ヴァニティ・フェア』誌において、家族が治療抵抗性うつ病で苦しんだことから化学への興味を高めたと語った[1]。2015年3月、ハンター・カレッジ高等学校はシュクレリから100万ドルの寄付があったことを発表した[28]

経歴[編集]

クレイマー・バーコウィッツ&カンパニー在籍中、生物工学会社の株価が下がることを見越して空売りを進言した。実際その通りとなり、クレイマー社は利益を得た。2003年、19歳の頃、レゲネロン社は抗肥満薬の試験をしており、株価が下がることを予測した。証券取引委員会はシュクレリの予測に注目して株の知識を調査したが、犯罪に関わることは何も出てこなかった[29]

ヘッジファンドの創立[編集]

クレイマー社で勤務を始めてから4年後、イントレピッド・キャピタル・マネージメントおよびUBSウェルス・マネージメントのアナリストとなった[30]。その後2006年、イーリア・キャピタル・マネージメントを創立した[26][31]。2007年、リーマン・ブラザーズは「売り付け選択権取引」の負担を怠ったとしてイーリアをニューヨーク州裁判所に訴えた。シュクレリは市場の広範な下落を見込んで取引を行ったが、予想に反して株価が上昇したとき、シュクレリは支払いを行わなかった[26]。2007年10月、リーマン社は欠席裁判により230万ドルを勝ち取ったが、回収前にリーマン・ショックが起こった[29]

2009年9月、共同創立者であるシュクレリと幼馴染のメレク・ビーステクのイニシャルから名付けたMSMBキャピタル・マネージメントを創立した[21][32][26][29]。シュクレリとビーステクは複数の生物工学会社を空売りし、株取引チャット・ルームで欠陥を解説した[1]

2011年2月1日、メリルリンチに開いていた口座を通じて、MSMBキャピタル社はオレキシジェン・セラピューティクスの3,200万株を1株2.5ドルで裸売り(株を確保せずに行う空売り)した。アメリカ食品医薬品局 (FDA) が薬品コントレイヴの承認を却下したことで[33]、同社の株価が一株9.09ドルから急落した翌日のことだった[34][35]。しかし株価は反発した。MSMBはメリルリンチに対してショートポジションを決済することは可能だと伝えていたが、実際には不可能だった[36]。メリルリンチはこの取引で700万ドルを失い、MSMBは事実上破綻した。レトロフィンが2015年に証券取引委員会へ提出した訴状では、シュクレリがMSMBヘルスケアとレトロフィンを創立したのは「MSMBキャピタルが破産した後も取引を続けるため、ならびにMSMBキャピタルへの出資者を安心させられる資産として用いるため」だと強く主張された[37]

2011年、シュクレリはFDAにナヴィディア・ファーマシューティカルズの新たな癌検査薬と、マンカインド・コーポレーションの吸入インスリンを承認しないよう働きかけつつ、公に両社の株の空売りを行った。シュクレリの介入後、両社の株価は下がった。最終的にFDAはこれらの薬品を承認したが、この結果両社はこれらの事業展開が困難となった[29][38][39]

2011年、MSMBはAMAGファーマシューティカルズに3億7,800万ドルの現金での買収の提案を行なった[40]

『フォーブス』誌のマシュウ・ハーパーは、この敵対的買収について「社の上層部を解雇し、アロス・セラピューティクスとの合併を阻むというはっきりした目的があった。合併計画が中止されると、シュクレリも手を引いた」と記した[41]

レトロフィン[編集]

2011年、シュクレリはMSMBの傘下のレトロフィン(「リコンビナント・ジストロフィン」のかばん語)を創立し、希少疾患治療のための生物工学を謳ったポートフォリオ会社として操業した[29][42][43][44]

2014年9月、レトロフィンの取締役会はシュクレリを解任することに決め、翌月、シュクレリは退職した[37]。後任にはスティーブン・アサレジが就任した[45]。シュクレリが最高経営責任者であった期間、レトロフィンの複数の従業員は匿名のTwitterアカウントを使用し、ラップを用いて他の生物工学企業の株を空売りするよう推奨した[46]。複数の批評家がシュクレリは天才だが最高経営責任者の職に就くには未熟すぎると批判した[47][48]

シュクレリ退職後の2015年8月、レトロフィンは長きにわたる論争となったシュクレリによる忠実義務違反となる横領[37][49][50]および株取引違反、証券法違反で6,500万ドルの訴訟を起こした[51]。またこの訴訟ではシュクレリがMSMBの元職員およびその家族を脅して嫌がらせを行なったことも申し立てられた[52]

2015年1月よりシュクレリおよび関連企業はニューヨーク東部弁護士会による犯罪調査下におかれ、シュクレリは供述聴取の間、自己負罪拒否特権により黙秘権を行使した[53][54]

レトロフィンはパントテン酸キナーゼ関連神経変性症(PKAN)の治療薬に関してシュクレリの名を含む特許を2件所有している[1][55][56]

サイオラ価格高騰問題[編集]

2014年5月、レトロフィンは希少疾患シスチン尿症治療薬サイオラの販売権を獲得した[57]。患者は1日10から15錠服用しなければならないが、シュクレリ在籍中のレトロフィンはサイオラの価格を1錠1.5ドルから30ドルに吊り上げた[58]

医薬品化学者デレク・ロウは記事『かつてないほどの非情な薬価格高騰』で「この件は私を激怒させた。私も生活のために薬の研究をしているが」と記した[59]。レトロフィンはシュクレリが退社した後も価格を下げなかった[60]

2016年2月、インプリミス・ファーマシューティカルズはサイオラに代わる低価格の薬品を開発したと発表し[58]、同年5月、2種類の薬品を販売開始した[61]

チューリング・ファーマシューティカルズ[編集]

レトロフィン退職後の2015年2月、シュクレリはチューリング・ファーマシューティカルズを創立した。レトロフィンから買収した、うつ病治療のケタミンの点鼻薬、オキシトシンの点鼻薬、高血圧治療のメカミラミンの3種類の治療薬から始めた[62]。シュクレリはチューリングにおいて一つのビジネス戦略を設定した。独自の薬品を開発するのではなく、オフパテントドラッグ(特許期間の切れた薬品)の製造に必要なライセンスを押さえてから価格を吊り上げることで、余分な労力なく莫大な利益を得ようとするものであった[63][64]。オフパテントドラッグの市場は小規模であることが多く、同成分のジェネリック医薬品を製造販売する認可を得るのはコストがかかり過ぎるため、競合相手もなく高価格に設定することができた[63]

ダラプリム価格高騰問題[編集]

2015年8月10日、シュクレリのビジネス・プランに従って、チューリングはインパックス・ラボラトリーズから[65]1953年にアメリカ食品医薬品局に承認されたダラプリム(ピリメタリン)の販売権を[66]5,500万ドルで買収した[67][68][69]。2015年後期現在、最もよく使用されるのは抗マラリア剤[70]および抗寄生虫薬として、ならびに、フォリン酸スルファジアジンとの併用により[71] トキソプラズマ症AIDSとの関連性の有無に関わらず)の治療にも用いられている[72]

ダラプリムの特許は切れていたが、ジェネリックはなかった[73]。チューリングとインパックスの契約には、インパックスが卸や薬局からダラプリムを撤退させることが含まれており[70]、そのため発表の2か月前の2015年6月にはインパックスは出荷を制限していた[26]。競合相手が限られたマーケットにおける価格設定戦略に従って、チューリングは出荷量の制限を続けた[63]。『ニューヨーク・タイムズ』紙は「この契約は事実上チューリングが薬の価格を上げるために計画されたとしか考えられない」と記した[26]

2015年9月17日、医療専門家のための綿密な医療情報を掲載するウエブサイト『Healio 』のデイヴ・ムアイオは[74]、米国感染症協会およびHIV医学協会からチューリングの重役に宛て[75]、ダラプリムの新価格について問う書簡があったことを報じた[72]。米国市場での価格が一晩で1錠13.5ドルから750ドルと56倍になったのである[76][77]

この値上げは米国感染症協会およびHIV医学協会[70][75]、米国研究製薬工業協会[78]大統領選候補者ヒラリー・クリントン[79][77][80]バーニー・サンダース[81]ドナルド・トランプ[82]から次々と批判された。

続く組織的努力は、チューリングに9月までの料金に戻す要求をし、患者の必要とすることに関連する問題について伝えるため、医療専門家や患者に関連する160以上の組織から支持を集めた。2015年現在、31州およびワシントンD.C.プエルトリコから164団体から支持を受けた[83][84]

批判の影響により、シュクレリが投資していたレコードレーベルのコレクト・レコードはシュクレリとのビジネスを終了すると発表した[85]

2015年9月、『ブルームバーグ・マーケット』誌のインタビューにおいてシュクレリは、価格が上がろうと、コーペイ(保険加入者の自己負担金)は低くなるため多くの患者はチューリングが増設したフリー・ドラッグ・プログラムにより費用負担なしで薬を手に入れることができると主張した[86]。また「もし自転車1台分の金額でアストンマーティンを売っている会社があったとしたら、我々はその会社を買収してトヨタの金額で売ろうとするだろう。それが犯罪だとは思わない」と語った[87][88]。数日後、シュクレリは「人々の怒りに応えて」具体的な金額は明らかにせずに値下げを計画していると発表した[53]。しかし11月下旬、チューリングはこれとは逆に、値段を下げることはないと語った[89]

2015年9月、サンダースおよびアメリカ合衆国下院議員イライジャ・カミングスがチューリング社の財政と価格設定方法の詳細を要求し[90][91]、チューリング社は法律事務所ブキャナン・インガーソル&ルーニーから医療法や薬品価格に詳しい4名のロビイストを雇った[92][10]。さらにシュクレリは価格設定の説明のために広告代理店を雇った[8]

2015年10月22日、インプリミス・ファーマシューティカルズの最高経営責任者であるマーク・バウムはダラプリムの有効成分であるピリメタミンとフォリン酸を含む、より安価で有効な配合剤を1錠1ドルで発売すると発表した[93][94]。この薬はエイズ患者によくみられるトキソプラズマ症の治療の標準治療薬として、スルファジアジンと共に使用されるよう意図されている[72]

バウムは「供給元が一つしかないジェネリック医薬品が — それも、ダラプリムのように長期にわたって使用が認可されてきたものが — 突然値上げされて入手できないほどになるのは、これが初めてではない。」と述べた。バウムは「医師や患者が新しく柔軟性のある薬を安価に手に入れられる」ようにするための法人向けプログラム、「インプリミス・ケアーズ」の一環として、ダラプリムの代替となる配合剤を提供することが可能だと発表した。インプリミス社は飲み薬100錠入り瓶を99ドルから販売している[93]

2015年11月23日、チューリング社はダラプリムの希望小売価格は下げないが、病院ごとに最大半額までの数量割引交渉を計画していると発表した[95]。チューリング社は、ほとんどの患者が初期治療を受ける病院において価格を下げることほど希望小売価格を下げることは重要ではないとの声明を発表した。チューリング社は、ダラプリムを希望する患者は誰でも購入できると宣言した[89]

感染症専門家やトリートメント・アクション・グループのティム・ホーン、HIV医学協会のカルロス・デル・リオなどの患者支援者は、初期治療で数日治療した患者でもその後も数週間または数か月にわたり治療を受け続けねばならず、チューリングの行動は不十分だと語った[96]

カロバイオス・ファーマシューティカルズ[編集]

2015年11月、シュクレリ率いる投資家グループはカリフォルニア州サウスサンフランシスコを拠点とするバイオ医薬品会社カロバイオス・ファーマシューティカルズの過半数の株式を獲得した[97]。シュクレリはカロバイオス社の最高経営責任者に任命され、チューリング社の最高経営責任者と兼任することとなった[98][99]。2015年12月にシュクレリが逮捕されると、カロバイオス社はシュクレリを最高経営責任者から解任した[100][101][102]NASDAQ上場廃止および取締役2名の辞任後の2015年12月29日、カロバイオス社は連邦倒産法第11章を申請した[103]

刑事訴追[編集]

2015年12月17日、ニューヨーク東部地方裁判所申請の公訴後、証券詐欺でFBIに逮捕された[104][105]。MSMBキャピタル・マネージメントおよびレトロフィンでのシュクレリの在任期間の調査後に訴追された。シュクレリはポンジ・スキームの容疑で告訴された[2]

アメリカ合衆国司法省のプレスリリースでは「申し立て通り、マーティン・シュクレリは詐欺、嘘で固めた話により投資者たちを誘惑する数々の計画に加わった」と発表された[106][107]。『ウォール・ストリート・ジャーナル』のインタビューにおいてシュクレリは、ダラプリムの値上げと目立つ個性により警察の標的になったと語った[108]

政治評論家ロバート・B・ライシュはコラムにおいて、「シュクレリが犯した間違いは、他の多くの人たちがウォール街や社内の重役室でやっているのと同じことを堂々とやってしまったことだ」と記した[109]

2016年初頭現在、シュクレリの被告側弁護士はベンジャミン・ブラフマンのままである[110][111]

2017年8月4日、陪審は8件のうち3件を証券詐欺で有罪とする評決を下した。キヨ・マツモト裁判官は量刑を言い渡す判決の日は未定であるとした[112]

国会での証言[編集]

シュクレリは下院監視・政府改革委員会に召喚され、ダラプリムの値上げについて質問に答えるよう求められた[113]。召喚を避けようとするシュクレリの努力は実を結ばなかった[113]

2016年2月4日、シュクレリはチューリング社の広報部長ナンシー・レツラフ[114]、ヴァリアント・ファーマシューティカルズの臨時最高経営責任者ハワード・B・シャイラー[115]と共に下院委員会に出席した[116]

シュクレリは弁護士のアドバイスに従い、自身の名を答えた以外は、黙秘権を行使し[117]最も高価なアルバム・レコード獲得[118]に関連することを含めて全ての質問の返答を拒否した[119][120]

同日、シュクレリはTwitterにて「我が国の政府の低能ぶりは受け入れがたい」と記し[113]、インターネットを通じて下院で返答を拒否した質問も一般に対してなら答える意思があると語った。シュクレリは下院議員らを「利己主義」と非難し、自分の立場を正当化した[121]

有罪判決[編集]

2017年8月、証券取引法規の違反で有罪判決を受けた[122]

2018年3月、懲役7年の実刑判決を言い渡された[123]

その他のプロジェクト[編集]

シュクレリはゲーム『League of Legends』のプレイヤーで、2014年5月、エレクトロニック・スポーツのチームを買収することに興味があると表明し[124]、「エナミー・イースポーツ」はシュクレリからの120万ドルの買収話を断ったと発表した[125]

その後自身で「オデッセイ・イースポーツ」を創立し、2015年のLeague of Legends北米リーグ・シリーズを目指したが、予選で落選した。2015年8月、オデッセイは他のチームと合併して「チーム・イマジン」となり、シュクレリが会長となった。合併に際し、オデッセイは『Dota 2』のチーム「リヴァイアサン」と契約した[126][127]

2015年11月、シュクレリはYouTubeにおいてストリーミングを始めた。1度に何時間にもわたり、仕事風景のほか、ビデオゲーム、SNS、電話などの日常を中継している[128]。その後、金融、化学の基礎講座を開始した。

以前はTwitchで中継していたが、YouTubeに変更した[129]。12月にシュクレリが罪状認否して保釈された時でも自身の家からストリーミングを行なっていた[130]

シュクレリはコレクト・レコードの元後援者であり、ボビー・シュマーダの釈放金の出資を申し出た。しかし自身の逮捕後コレクト・レコードから手をひいた[131][132]

プライベート[編集]

2008年より、早くても2014年までは全米アルバニア系アメリカ人会の会長を務めていた[133]

2015年10月、シュクレリは自身を「強欲を絵に描いたような男」と呼んだ、大統領候補者であったバーニー・サンダースに2,700ドルを寄付した。しかしサンダースはその寄付金をHIV/AIDS専門医療で知られるワシントンD.C.保健センターであるウイットマン・ウォーカー・ヘルスにそのまま寄付するつもりだと語った。シュクレリは医療ニュース・ポータルのSTATにサンダースへ寄付した理由について、薬品の価格設定を除けばサンダースの提唱する立場を支持しているからだと語った。サンダースの興味を引くことで、薬品会社の価格設定のメカニズムについて個人的に説明する機会を持つのがシュクレリのねらいだった[134]

2015年11月24日にオークション会社パドル8を通じてウータン・クランの世界で1組しかないアルバム『Once Upon a Time in Shaolin 』を「アメリカの個人の収集家」が落札したことになっていたが、シュクレリが200万ドルで落札したことが明らかになった[135][136][137][138]

2015年12月9日、『ブルームバーグ ビジネスウィーク』誌はシュクレリが購入者であると特定した[118]。2016年2月、シュクレリは1千万ドルでカニエ・ウェストのアルバム『The Life of Pablo 』の単独所有者となることを申し出ていると発表した[139][140][141]。2016年2月12日、シュクレリは1千万ドルから1,500万ドルに増額した[142]

2016年8月5日、バースツール・スポーツによるバードン・マイ・テイク・ポッドキャストのレギュラー・ゲストとなった。2016年10月下旬、シュクレリはTwitterにて、もしドナルド・トランプ2016年アメリカ合衆国大統領選挙で当選したらウータン・クランのアルバム『Once Upon a Time in Shaolin 』をフリー・ダウンロードで公開し、もしヒラリー・クリントンが当選したらアルバムを割ると発表した[143]。トランプ当選翌日、イントロおよび1曲を公開した[144][145]

ドナルド・トランプの立候補に反対であったにも関わらず、2017年1月20日、トランプの大統領就任式に招待された[146][147]。2017年2月、ハーバード大学での講演に招聘され、裁判所からも承認された[148][149][150]

批判[編集]

2017年1月、シュクレリはジャーナリストのローレン・デューカについて繰り返しツイートし、デューカと自分のツーショットに加工した写真を掲載したとしてシュクレリのTwitterアカウントが停止された[151][152][153]。またシュクレリはTwitter上で「クローバージェンダー啓発」を広めた。これは成人でありながら精神的には子供であって、子供に性的魅力を感じるジェンダーが存在することを訴える運動だとされていたが、実際には掲示板サイト4chan発祥のいたずらであった[154]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e McLean, Bethany (2015年12月18日). “Everything You Know About Martin Shkreli Is Wrong—or Is It?”. Vanity Fair. 2016年2月7日閲覧。 “Martin Shkreli, the 32-year-old”
  2. ^ a b c Martin Shkreli, Pharma Executive, Arrested on Fraud Charges”. The Wall Street Journal. 2015年12月17日閲覧。
  3. ^ Creswell, Julie; Clifford, Stephanie; Pollack, Andrew; Goldstein, Matthew; Chen, David (2015年12月17日). “Drug C.E.O. Martin Shkreli Arrested on Fraud Charges”. The New York Times: pp. A1, B6. ISSN 0362-4331. オリジナル2016年2月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160205001624/http://www.nytimes.com/2015/12/18/business/shkreli-fraud-charges.html. "Mr. Shkreli, a pharmaceutical industry entrepreneur..." 
  4. ^ Icons of Entrepreneurship: Why Martin Shkreli Speaks For Many Entrepreneurs”. Inc.Com. Inc. (2016年2月4日). 2016年9月24日閲覧。
  5. ^ Martin Shkreli: From Biotech Entrepreneur to Accused Criminal”. wsj.com. Wall Street Journal (2015年12月17日). 2016年9月24日閲覧。
  6. ^ Martin Shkreli and the outrage of inequality”. The Conversation (2015年1月8日). 2016年10月26日閲覧。
  7. ^ Here’s What ‘The Most Hated Man in America’ Thinks About Donald Trump”. New York, NY: Fortune. 2016年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月23日閲覧。
  8. ^ a b PR Man Allan Ripp Representing The 'Most Hated Man in America'”. EverythingPR. 2015年10月9日閲覧。
  9. ^ a b c d Who is Martin Shkreli – 'the most hated man in America'?”. London, UK: BBC News. 2015年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月23日閲覧。
  10. ^ a b Ho, Catherine (2015年10月7日). “Working For 'The Most Hated Man in America'”. The Washington Post. 2015年12月10日閲覧。
  11. ^ Algar, Selim (2015年12月17日). “‘The most hated man in America’ has been arrested”. New York Post. 2017年2月16日閲覧。
  12. ^ “Martin Shkreli - 'American's most hated man' - auctioning off chance to hit him in the face” (英語). The Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/2016/09/27/martin-shkreli---americans-most-hated-man---auctioning-off-chanc/ 2017年2月16日閲覧。 
  13. ^ 米国で最も憎まれる若手社長 マーティン・シュクレリに反省の色無し”. フォーブス・ジャパン (2015年12月23日). 2017年3月5日閲覧。
  14. ^ 米の「最も憎まれた男」の鼻を明かした?豪の高校生たち”. フォーブス・ジャパン (2016年12月1日). 2017年3月5日閲覧。
  15. ^ Chung, Jen. “Martin Shkreli Home On $5 Million Bail, Says 'Thanks For The Support'”. Gothamist. 2016年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月18日閲覧。
  16. ^ Martin Shkreli quits Turing Pharmaceuticals after arrest”. BBC News. 2015年12月18日閲覧。
  17. ^ Pollack, Andrew (2015年12月19日). “Martin Shkreli Resigns From Turing Pharmaceuticals”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2015/12/19/business/martin-shkreli-resigns-turing-drug-company.html 
  18. ^ Turing Pharmaceuticals AG Announces Appointment of Ron Tilles as Interim CEO”. Turing Pharmaceuticals. 2015年12月19日閲覧。
  19. ^ Shkreli net worth estimate, fortune.com, January 8, 2016.
  20. ^ ウータン・クランのアルバムを2億5千万で落札した問題経営者、詐欺容疑で逮捕”. NMEジャパン (2015年12月18日). 2017年3月5日閲覧。
  21. ^ a b FBI Arrests Pharma CEO Martin Shkreli on Securities Fraud Charges”. New York: NBC News. 2016年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月17日閲覧。
  22. ^ a b Pearson, Erica. “Hunter College High School gets record $1M gift from grad”. Daily News. 2016年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月9日閲覧。
  23. ^ Retrophin CEO Martin Shkreli 'stalked' former employee and his wife”. Daily Mail. 2016年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月28日閲覧。
  24. ^ a b Creswell, Julie; Clifford, Stephanie; Pollack, Andrew; Goldstein, Matthew; Chen, David (2015年12月17日). “Drug C.E.O. Martin Shkreli Arrested on Fraud Charges”. The New York Times: pp. A1, B6. ISSN 0362-4331. オリジナル2016年2月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160205001624/http://www.nytimes.com/2015/12/18/business/shkreli-fraud-charges.html 
  25. ^ Martin Shkreli Interview at The Breakfast Club Power 105.1 (02/03/2016)”. YouTube. 2016年2月7日閲覧。
  26. ^ a b c d e f Pollack, Andrew; Creswell, Julie (2015年9月22日). “Martin Shkreli, the Mercurial Man Behind the Drug Price Increase That Went Viral”. The New York Times: p. B1. ISSN 0362-4331. オリジナル2015年12月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151206233054/http://www.nytimes.com/2015/09/23/business/big-price-increase-for-an-old-drug-will-be-rolled-back-turing-chief-says.html 
  27. ^ Chen, David W.; Rosenberg, Eli (2015年12月24日). “Martin Shkreli’s Arrest Fuels Debate Over $1 Million Donation”. The New York Times: p. A17. ISSN 0362-4331. オリジナル2015年12月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151231155406/http://www.nytimes.com/2015/12/19/nyregion/a-surprise-gift-from-martin-shkreli-who-became-a-hated-ceo.html 2016年2月7日閲覧。 
  28. ^ “Homeless Charity Says It Will Give Shkreli’s $15,000 Back”. Newsweek. Reuters. (2015年12月18日). http://www.newsweek.com/homeless-charity-says-it-will-give-shkrelis-15000-back-407220 2015年12月19日閲覧。 
  29. ^ a b c d e Retrophin's Martin Shkreli, the Biotech Short Seller Who Went Long”. Bloomberg Businessweek (2014年4月17日). 2015年12月17日閲覧。 “Once a Notorious Short Seller, Martin Shkreli Now Sees a Future in Biotech”
  30. ^ "Martin Shkreli". TheStreet.com. Retrieved December 17, 2015.
  31. ^ “Shkreli Indictment Portrays Small-Time Fraud”. The New York Times. (2015年12月18日). http://www.nytimes.com/2015/12/18/business/dealbook/shkreli-indictment-portrays-small-time-fraud.html 
  32. ^ La Roche, Julia; Jacobs, Peter (December 17, 2015). "Hedge funder Martin Shkreli has been arrested in a securities-fraud investigation", Business Insider, December 2015.
  33. ^ 米オレキシジェンが肥満治療薬の試験開始へ 武田が北米販売権保有”. ロイター (2011年9月21日). 2017年3月6日閲覧。
  34. ^ Pollack, Andrew (2011年2月1日). “FDA Declines to Approve Diet Drug”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2011/02/02/business/02drug.html. "Shares of Orexigen plunged 72.5 percent on Tuesday, to $2.50" 
  35. ^ “Former Hedge Fund Manager and New York Attorney Indicted in Multi‑Million‑Dollar Fraud Scheme” (プレスリリース), Federal Bureau of Investigation, (2015年12月17日), オリジナル2015年12月31日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20151231040349/http://www.fbi.gov/newyork/press-releases/2015/former-hedge-fund-manager-and-new-york-attorney-indicted-in-multi-million-dollar-fraud-scheme, "In February 2011, MSMB Capital failed to settle a short position of more than 11 million shares of Orexigen Therapeutics ... that Merrill Lynch ultimately closed at a loss of over $7 million" 
  36. ^ Martin Shkreli was one terrible investor, SEC document shows”. latimes.com. Los Angeles Times (2015年12月17日). 2016年8月8日閲覧。
  37. ^ a b c United States District Court for the Southern District of New York (2015年10月17日). “EX-99.1, Retrophin, Inc. v. Martin Shkreli”. SEC.gov (EDGAR). United States Securities and Exchange Commission. 2015年9月22日閲覧。
  38. ^ Silverman, Ed (2015年9月26日). “Biotech Exec Martin Shkreli Has History of Tough Tactics”. The Boston Globe. 2015年9月28日閲覧。
  39. ^ Hedge Fund Manager Denies CREW Allegations”. FINalternatives. 2012年7月17日閲覧。
  40. ^ Nussbaum, Alex (2011年10月3日). “MSMB Capital Makes Unsolicited $378M Bid For AMAG Pharmaceuticals”. Bloomberg Businessweek. 2015年12月9日閲覧。
  41. ^ 30 Under 30: Hedge Fund Gadfly Turns Biotech Entrepreneur”. forbes.com. Forbes (2012年12月18日). 2016年8月8日閲覧。
  42. ^ Silverman, Ed (December 17, 2015). "Reviled CEO Martin Shkreli arrested on securities fraud charges". STAT. Boston Globe Media Partners.
  43. ^ Weintrub, Arlene (August 18, 2015). "Retrophin Sues Founder Martin Shkreli For $65M. His Reply: 'Preposterous'", Forbes. Retrieved December 23, 2015.
  44. ^ Retrophin: About Us”. 2011年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月30日閲覧。
  45. ^ Stephen J. Aselage biography”. Bloomberg (2015年9月22日). 2015年9月22日閲覧。
  46. ^ Feuerstein, Adam. “Retrophin CEO Under Fire for Twitter Faux Pas”. TheStreet. 2015年12月23日閲覧。
  47. ^ Feuerstein, Adam. “Shkreli's Inability to Focus, Immaturity Cost Him Retrophin CEO Job”. TheStreet. 2015年12月23日閲覧。
  48. ^ 「米国版ホリエモン」マーティン・シャリの素性とは 逮捕劇には「政府の陰謀」説も”. ウェッジ・インフィニティ (2015年12月26日). 2017年3月6日閲覧。
  49. ^ Retrophin Sues Founder in Latest Fight Over Use of Funds”. Bloomberg Businessweek (2015年8月17日). 2015年9月22日閲覧。
  50. ^ Weintraub, Arlene (2015年10月15日). “Retrophin Sues Founder Martin Shkreli For $65M. His Reply: 'Preposterous'”. Forbes. 2015年12月10日閲覧。
  51. ^ Barrett, Paul (2014年10月2日). “Executives: Biotech Company Retrophin Fired CEO Because of Stock Irregularities”. Bloomberg Businessweek. 2015年12月10日閲覧。
  52. ^ Mangan, Dan (2015年9月22日). “Controversial Drug CEO was Accused of Serious 'Harassment'”. CNBC. 2015年12月10日閲覧。
  53. ^ a b Eichenwald, Kurt (2015年9月23日). “Federal Prosecutors Target Martin Shkreli in a Criminal Investigation”. Newsweek. 2015年9月27日閲覧。
  54. ^ Barrett, Paul (2015年2月23日). “Biotech's 'Boy Genius' Faces New Allegations of Wrongdoing”. Bloomberg Businessweek. 2015年12月10日閲覧。 “Subtitle: Retrophin fired former CEO Martin Shkreli in October, and their new SEC filing reveals more about his apparent misdeeds.”
  55. ^ US patent 8673883, "Pantothenate derivatives for the treatment of neurologic disorders"  US patent 9181286, "Pantothenate derivatives for the treatment of neurologic disorders" Google patents”. 2015年12月23日閲覧。
  56. ^ 「技術」神経系の障害の処置のためのパントテン酸誘導体”. astamuse (2015年5月28日). 2017年3月6日閲覧。
  57. ^ Allen, Samantha. “Martin Shkreli Is Big Pharma's Biggest A**hole”. The Daily Beast. 2015年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月21日閲覧。
  58. ^ a b Drugmaker Imprimis to Market a Cheaper Kidney Stone Treatment”. usnews.com. U.S. News & World Report (2016年2月10日). 2016年8月8日閲覧。
  59. ^ The Most Unconscionable Drug Price Hike I Have Yet Seen”. sciencemag.org. American Association for the Advancement of Science (2014年9月11日). 2016年8月8日閲覧。
  60. ^ How Pharmacies Are Dealing with Daraprim After Martin Shkreli's Arrest”. fortune.com. Fortune (2015年12月18日). 2016年8月8日閲覧。
  61. ^ Imprimis Pharmaceuticals Begins Dispensing Lower Cost Alternative to Thiola®”. prnewswire.com. PR Newswire (2016年5月2日). 2016年8月8日閲覧。
  62. ^ Gadfly Pharma Investor Shkreli Starts Anew After Ousting From Retrophin”. Forbes (2015年2月27日). 2015年9月24日閲覧。
  63. ^ a b c Surowiecki, James (2015年10月12日). “The Financial Page: Taking on the Drug Profiteers”. The New Yorker. 2015年12月10日閲覧。
  64. ^ Lowe, Derek (2015年9月21日). “Blog: Martin Shkreli Has One Idea, And It's a Bad One”. In the Pipeline. 2015年12月9日閲覧。
  65. ^ Timmerman, Luke (2015年9月23日). “Pharma & Healthcare: A Timeline of the Turing Pharma Controversy”. Forbes. 2015年12月10日閲覧。
  66. ^ A Look At The Legality Behind Daraprim's Price Spike”. law360.com. Law360 (2015年9月30日). 2016年8月8日閲覧。
  67. ^ Drug CEO Will Lower Price of Daraprim After Hike Sparked Outrage”. NBC News (2015年9月23日). 2015年9月23日閲覧。
  68. ^ Woods, James. “Company Hikes Price 5,000% For Life-Saving Cancer and AIDS Drug”. U.S. Uncut. 2015年12月23日閲覧。
  69. ^ 薬を55倍値上げ、批判で撤回 チューリング、業界は冷ややか”. USフロントライン (2015年9月24日). 2017年3月6日閲覧。
  70. ^ a b c Pollack, Andrew (2015年9月20日). “Business Day: Drug Goes From $13.50 a Tablet to $750, Overnight”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2015/09/21/business/a-huge-overnight-increase-in-a-drugs-price-raises-protests.html 2015年12月10日閲覧。 
  71. ^ “Prevention and treatment of opportunistic infections in HIV-infected adults and adolescents: Updated Guidelines from the Centers for Disease Control and Prevention, National Institutes of Health, and HIV Medicine Association of the Infectious Diseases Society of America.”. Clin Infect Dis 58 (9): 1308–11. (February 2014). doi:10.1093/cid/ciu094. PMID 24585567. 
  72. ^ a b c Muoio, Dave (2015年9月17日). “Infectious Disease News: Daraprim price jump raises concerns among ID groups, providers”. Healio. 2015年12月10日閲覧。
  73. ^ Tirrell, Meg (December 1, 2015). "Express Scripts, Imprimis to offer $1 Daraprim alternative", CNBC, November 30, 2015. Retrieved December 23, 2015.
  74. ^ About Healio”. Healio (2015年12月10日). 2015年12月10日閲覧。
  75. ^ a b Letter from Stephen B. Calderwood, MD, FIDSA (President, IDSA) and Adaora Adimora, MD, MPH, FIDSA (Chair, HIVMA) to Mssrs. Tom Evegan (Head of Managed Markets) and Kevin Bernier (National Director Alliance Development & Public Affairs), both of Turing Pharmaceuticals”. Arlington, Virginia: Infectious Diseases Society of America (IDSA), HIV Medicine Association (HIVMA) (2015年9月8日). 2015年12月10日閲覧。
  76. ^ Kliff, Sarah (2015年9月22日). “Vox Explainers: A Drug Company Raised a Pill's Price 5,500 Percent Because, in America, It Can”. Vox. 2015年12月9日閲覧。
  77. ^ a b エイズ治療薬、いきなり55倍に値上げ 製薬会社が炎上”. ハフィントンポスト・ジャパン (2015年9月24日). 2017年3月6日閲覧。
  78. ^ Bloomfield, Doni (2015年9月22日). “Drug CEO Targeted by Clinton Is Criticized by Drug Lobby”. Bloomberg Businessweek. 2015年9月23日閲覧。
  79. ^ Meet the guy behind the $750 AIDS drug”. CNN (2015年9月22日). 2015年9月23日閲覧。
  80. ^ 「非難殺到」エイズ治療薬の価格が55倍に値上げ。一体なぜ?”. タビラボ (2015年9月28日). 2017年3月6日閲覧。
  81. ^ Eunjung Cha, Ariana (2015年9月22日). “CEO who raised price of old pill more than $700 calls journalist a 'moron' for asking why”. The Washington Post. 2015年9月23日閲覧。
  82. ^ LoGiurato, Brett. “Donald Trump trashes former hedge-fund guy who jacked up drug price: 'He looks like a spoiled brat'”. Business Insider. 2015年9月23日閲覧。
  83. ^ Tirrell, Meg (October 22, 2015). Health Groups Appeal to Turing on Drug Price (news video). Englewood Cliffs, New Jersey: CNBC. December 10, 2015閲覧. 
  84. ^ An Open Appeal to Turing Pharmaceuticals”. Arlington, Virginia: Infectious Diseases Society of America (IDSA) (2015年11月3日). 2015年12月10日閲覧。
  85. ^ Walters, Joanna (2015年9月25日). “Music Industry: Label Cuts Ties With Hedge Fund Man Who Boosted AIDS Drug Price 5,000%”. The Guardian. 2015年9月28日閲覧。 “Subtitle: Collect Records says it is impossible to continue having Martin Shkreli as investor over raising Daraprim price from $13.50 per tablet to $750.”
  86. ^ Fu, Scarlet (2015年9月21日). “Drug Goes From $13.50 to $750 Overnight [interview]”. Bloomberg. 2015年12月10日閲覧。
  87. ^ A pharma CEO tried to defend his decision to jack up the price of a critical drug by 5,000% – and it backfired”. Business Insider. 2015年9月22日閲覧。
  88. ^ “Company hikes price of popular drug”. Reuters. (2015年9月22日). http://uk.reuters.com/video/2015/09/22/company-hikes-price-of-popular-drug?videoId=365682609 
  89. ^ a b Pollack, Andrew (2015年11月24日). “Turing Refuses to Lower List Price of Toxoplasmosis Drug”. The New York Times: p. B4. ISSN 0362-4331. オリジナル2015年11月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151125035228/http://www.nytimes.com/2015/11/25/business/turing-refuses-to-lower-list-price-of-toxoplasmosis-drug.html 2016年2月7日閲覧。 
  90. ^ Ramsey Lydia (October 12, 2015). "Pharma CEO Martin Shkreli failed to respond to Bernie Sanders about his drug hike – and Sanders is not happy". Business Insider.
  91. ^ Sanders, Bernie (2015年9月21日). “2015-09-01 EEC Sanders to Turing Pharmaceuticals”. United States House Committee on Oversight and Government Reform (Democratic Party). 2015年10月9日閲覧。
  92. ^ Wilson, Megan R. (2015年10月2日). “Business & Lobbying: Drug firm maligned for 5,000 percent price hike turns to K Street for help”. The Hill. 2015年12月9日閲覧。
  93. ^ a b Fox, Maggie (2015年10月22日). “Health: Competitor to Offer $1 Pill After Turing Price Hike Outrage”. NBC News. 2015年12月10日閲覧。
  94. ^ エイズ薬を1錠750ドルで売ろうとした傲慢CEOに鉄槌 ライバルが同じ薬を1錠1ドルで販売へ”. テックチャーチ (2015年10月24日). 2017年3月6日閲覧。
  95. ^ Langreth, Robert (2015年11月24日). “Drugmaker Turing Suggests It Won't Cut List Price of Daraprim”. Bloomberg Businessweek. 2015年12月10日閲覧。
  96. ^ “Business: Turing Reneges on Drug Price Cut, Rival's Version Sells Well”. The Washington Post. Associated Press. (2015年11月25日). http://www.washingtonpost.com/business/economy/turing-reneges-on-drug-price-cut-rivals-version-sells-well/2015/11/25/d2c22bd8-93cd-11e5-b5e4-279b4501e8a6_story.html 2015年11月27日閲覧。 
  97. ^ KaloBios stock rockets after investment from Shkreli”. Yahoo Finance. 2015年11月19日閲覧。
  98. ^ KaloBios Pharmaceuticals, Inc. Appoints Martin Shkreli CEO and Announces New Financing”. Kalobios (2015年11月19日). 2015年12月18日閲覧。
  99. ^ Weintraub, Arlene (2015年11月19日). “Here's Why Shkreli Is Going To Have His Hands Full Trying To Save KaloBios”. Forbes. 2015年12月10日閲覧。
  100. ^ Rosenfeld, Everett. “Martin Shkreli fired by KaloBios Pharmaceuticals”. CNBC. 2015年12月21日閲覧。
  101. ^ 米カロバイオス、シュクレリCEOを解任。先週の逮捕後に”. ブルームバーグ (2015年12月22日). 2017年2月20日閲覧。
  102. ^ 詐欺容疑のシュクレリ氏、製薬会社CEOを解任”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2015年12月19日). 2017年2月20日閲覧。
  103. ^ “Martin Shkreli's KaloBios files for bankruptcy”. Reuters. CNBC. http://www.cnbc.com/2015/12/30/kalobios-pharmaceuticals-files-for-bankruptcy.html 2015年12月30日閲覧。 
  104. ^ Shkreli, CEO Reviled for Drug Price Gouging, Arrested on Securities Fraud Charges”. Bloomberg Businessweek. 2015年12月17日閲覧。
  105. ^ エイズ薬50倍値上げで炎上の製薬会社CEO、投資詐欺容疑で逮捕”. フォーブス・ジャパン (2015年12月20日). 2017年2月20日閲覧。
  106. ^ Former Hedge Fund Manager and New York Attorney Indicted in Multimillion Dollar Fraud Scheme, U.S. Attorney's Office, Eastern District of New York, United States Department of Justice, December 17, 2015.
  107. ^ Drug‑Price Gouging Hedge Fund Guy May Be Even Worse Than You Thought, SEC Documents Show”. 2015年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月23日閲覧。
  108. ^ Copeland, Rob. “Martin Shkreli Says Drug-Price Hikes Led to Arrest”. The Wall Street Journal. 2015年12月21日閲覧。
  109. ^ Reich, Robert. “Opinion: Shkreli: sociopath or just extra-brash corporate exec?”. San Francisco Chronicle. 2016年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月24日閲覧。 “So what, exactly, did Martin Shkreli do wrong, by the standards of today's capitalism? He played the same game many others are playing on Wall Street and in corporate suites. He was just more audacious about it.”
  110. ^ Goldstein, Matthew; Stevenson, Alexandra (2016年2月3日). “Martin Shkreli Appears to Adopt a New Legal Strategy: Silence”. The New York Times. ISSN 0362-4331. http://www.nytimes.com/2016/02/04/business/martin-shkreli-appears-to-adopt-a-new-legal-strategy-silence.html 
  111. ^ Silverstein, Jason. “Shkreli hires Brafman, high‑profile attorney”. Daily News. 2016年2月2日閲覧。
  112. ^ Martin Shkreli Is Found Guilty of Fraud New York Times 2017年8月4日
  113. ^ a b c Carolyn Y. Johnson, "'Pharma bro' Martin Shkreli refuses to testify at congressional hearing, calls lawmakers 'imbeciles' in tweet", The Washington Post (February 4, 2015).
  114. ^ TESTIMONY OF NANCY RETZLAFF CHIEF COMMERCIAL OFFICER, TURING PHARMACEUTICALS”. oversight.house.gov. 2016年2月4日閲覧。
  115. ^ Statement of Howard B. Schiller Interim Chief Executive Officer and Director, Valeant Pharmaceuticals International, Inc.”. oversight.house.gov. 2016年2月4日閲覧。
  116. ^ Developments in the Prescription Drug Market: Oversight – United States House Committee on Oversight and Government Reform”. Oversight.house.gov. 2016年2月7日閲覧。
  117. ^ Martin Shkreli Invokes the Fifth Amendment During Grilling by Congress”. The New York Times. p. B1. 2016年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月4日閲覧。
  118. ^ a b Who Bought The Most Expensive Album Ever Made?”. Bloomberg Businessweek (2015年12月9日). 2015年12月10日閲覧。
  119. ^ Drug company boss Martin Shkreli refuses to testify to Congress”. oversight.house.gov. 2015年12月10日閲覧。
  120. ^ Watch Martin Shkreli Troll Congress by Taking the Fifth Over and Over Again”. MoneyBox. 2015年12月10日閲覧。
  121. ^ Shkreli didn't say much to Congress, but he talked non-stop afterward”. 2015年12月10日閲覧。
  122. ^ マーティン・シュクレリは有罪判決を受けた』 2017年8月28日 Onebox News
  123. ^ マーティン・シュクレリに懲役7年の実刑判決が言い渡された』 2018年3月16日 Onebox News
  124. ^ Wolf, Jacob (2015年5月6日). “Millionaire pharmaceutical CEO set to shake up Challenger scene with new team”. The Daily Dot. 2015年8月27日閲覧。
  125. ^ Weber, Alexandre "Druppet" (2015年5月4日). “Enemy Esports Turned Down $1.2 Million For Their League of Legends Team”. eSports Go. 2015年9月24日閲覧。
  126. ^ Wolf, Jacob (2015年8月7日). “Imagine and Odyssey merge, add Leviathan Dota 2 squad”. The Daily Dot. 2015年8月27日閲覧。
  127. ^ Ciubotaru, Andra (2015年8月18日). “Recently merged League of Legends organization adds Team Leviathan Dota 2 squad”. DotaBlast. 2015年8月27日閲覧。
  128. ^ Martin Shkreli, widely scorned CEO, livestreams his life”. STAT. 2015年8月27日閲覧。
  129. ^ Martin Shkreli. YouTube. 
  130. ^ Shkreli, Martin (November 4, 2015). Martin Shkreli Live Stream. YouTube. 
  131. ^ Pharm CEO Martin Shkreli Wants To Bail Out Bobby Shmurda And Pay His Defense Too”. Allhiphop. 2015年12月23日閲覧。
  132. ^ Martin Shkreli Says He'll Bail Out Bobby Shmurda: "He's Going To Owe Me One, Obviously"”. Stereogum. 2015年12月23日閲覧。
  133. ^ Bojku, Anjeza (2014年9月2日). “Albanian–American hosts reception with Vice President Biden”. Illyria. 2015年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月22日閲覧。
  134. ^ Chris Isidore (2015年10月19日). “Bernie Sanders rejects donation from most hated drug CEO”. CNN Money. 2017年2月2日閲覧。
  135. ^ Greenburg, Zack O'Malley (November 24, 2015). "Wu-Tang Clan Secret Album Sold By Paddle8, But To Whom?", Forbes.com; retrieved December 23, 2015.
  136. ^ ウータン・クランが発表した世界に1枚しかないアルバム、購入者はエイズ治療薬を値上げした投資家であることが明らかに”. NMEジャパン (2015年12月11日). 2017年2月22日閲覧。
  137. ^ ウータン・クランがアルバムをオークション販売、音楽史上最高額の2億円で落札。買い手は「アメリカで最も嫌われている男」”. オール・デジタル・ミュージック (2015年12月10日). 2017年2月22日閲覧。
  138. ^ ウータン・クランの世界で1枚ぽっきりの作品を悪名高い医療投資家が獲得”. アールオーロック (2015年12月12日). 2017年2月22日閲覧。
  139. ^ “Martin Shkreli makes a play for Kanye album”. Detroit Free Press. (2016年2月12日). http://www.freep.com/story/entertainment/people/2016/02/12/beyonce-show-ford-field-bumped/80296354 2016年2月2日閲覧。 
  140. ^ Deerwester, Jaime; McCoy, Kevin (2016年2月12日). “Martin Shkreli: Kanye must take offer to record label board”. USA Today. http://www.usatoday.com/story/life/entertainthis/2016/02/11/martin-shkreli-offers-10m-kanyes-new-abum/80252584 2017年2月2日閲覧。 
  141. ^ K・ウェスト新作「11億円で買いたい」”. サンケイビズ (2016年2月15日). 2017年2月22日閲覧。
  142. ^ “Martin Shkreli Increases Offer To Buy Kanye West’s "The Life Of Pablo" To $15 Million”. HipHopDX. (2016年2月12日). http://hiphopdx.com/news/id.37456/title.martin-shkreli-offers-to-buy-kanye-wests-the-life-of-pablo-for-10-million 2016年2月14日閲覧。 
  143. ^ Martin Shkreli Will Drop Unreleased Wu-Tang Clan Music If Donald Trump Wins Presidential Election”. xxlmag.com. 2016年10月閲覧。
  144. ^ Hell Freezes Over as Martin Shkreli Performs a Public Service, Gizmodo.com, November 9, 2016.
  145. ^ 「トランプが勝てば」の約束果たす。大炎上男が世界に1セット、2103年まで門外不出の音楽アルバムを一部ストリーミング公開”. インガジェット日本版 (2016年11月10日). 2017年2月22日閲覧。
  146. ^ http://nypost.com/2017/01/11/pharma-bro-allowed-to-go-to-trump-inauguration
  147. ^ http://fortune.com/2017/01/05/martin-shkreli-trump-inauguration
  148. ^ http://www.dailymail.co.uk/news/article-4218070/Ex-drug-company-CEO-Martin-Shkreli-speak-Harvard.html
  149. ^ http://www.foxnews.com/us/2017/02/13/pharma-bro-martin-shkreli-to-speak-at-harvard-after-judge-says-ok.html
  150. ^ http://abcnews.go.com/US/wireStory/drug-company-ceo-martin-shkreli-speak-harvard-45444233
  151. ^ CNBC (2017年1月8日). “Martin Shkreli trolls Teen Vogue reporter, gets suspended from Twitter”. CNBC. 2017年1月8日閲覧。
  152. ^ “Martin Shkreli suspended from Twitter for harassing freelance journalist Lauren Duca”. Business Insider. http://www.businessinsider.com/martin-shkreli-suspended-twitter-harassing-female-journalist-lauren-duca-2017-1 2017年1月8日閲覧。 
  153. ^ マーティン・シュクレリ、Twitterでの嫌がらせ行為でアカウントを削除される”. ハイパービースト (2017年1月10日). 2017年2月22日閲覧。
  154. ^ Cloverfailed”. snopes.com. 2017年2月13日閲覧。

外部リンク[編集]