ボンバーマンヒーロー ミリアン王女を救え!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボンバーマンヒーロー
ミリアン王女を救え!
Bomberman Hero
ジャンル アクションゲーム
対応機種 NINTENDO64
Wiiバーチャルコンソール
開発元 エーアイ
発売元 ハドソン
プロデューサー 遠藤英俊
ディレクター 松本成弘
音楽 竹間淳
美術 水野祥司
佐藤梢
シリーズ ボンバーマンシリーズ
人数 1人
発売日 [N64]1998年4月30日
[VC]2011年11月1日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
ESRBE(6歳以上)
PEGI7
テンプレートを表示

ボンバーマンヒーロー ミリアン王女を救え!』(ボンバーマンヒーロー ミリアンおうじょをすくえ!)は、1998年4月30日ハドソンから発売されたNINTENDO64用ソフト。

概要[編集]

ボンバーマンシリーズのNINTENDO64版では、『爆ボンバーマン』に続く2作品目である。本作は、『爆ボンバーマン』と比較すると3Dアクション・アトラクション要素を強めたものとなっている。

本作では最初から爆弾を投げることができ、すぐに攻撃する場合はこれを主体としている。従来どおり爆弾をに設置し、蹴ることも可能。爆風は爆ボンバーマンと同様に球状となっている。攻撃ボタンを押し続けることでを振り回し、複数の爆弾を同時に投げることも出来る。

また、本作のボンバーマンはジャンプさせることが可能。爆ボンバーマンでは、爆弾を利用した跳ね飛び移動「ボムジャンプ」ができたが、本作では自立的に跳躍することが出来る。

他にも、一部のコースではボンバーマンにオプションパーツ「パワードギア」を装着させて、爆弾投下が可能な「ボンバーコプター」、雪上などを滑る「ボンバースライダー」、空中を推進しミサイルを発射する「ボンバージェット」、海中を移動する「ボンバーマリン」へと変形する。

目的地に到着するか、特定の物を破壊するか、特定の敵を倒すとステージクリアとなる。

各コースでは敵を倒したりアイテムを取ったりすると得点が加算される。またボスステージでは得点は加算方式ではなく、スタートの状態から時間と共に減少していく方式である。コース毎に得点に応じて5段階のクリアポイントが与えられ、さらに各ステージのクリアポイントの合計でランク付けがされる。

2011年11月1日にはWiiバーチャルコンソールで配信開始。日本国内のサードパーティ製のNINTENDO64ソフトがWiiのバーチャルコンソールで配信されるのは本作が唯一であった。

ちなみに本作の原型は、PC原人シリーズのNINTENDO64版として制作していた「ウルトラ原人」が開発中止を受け、企画をボンバーマンに変更した経緯がある。

ストーリー[編集]

ある日突然、ボンバー星雲にワルドス帝国のあるワルドス星が出現し、惑星侵略を開始した。侵略の魔の手はプライム星に迫ったが、プライム星の王女ミリアンは隙を見てワルドス軍から極秘ディスクを奪い脱出した。ワルドス帝国の戦士たちは極秘ディスクを取り戻すためプライム星のミリアン王女を追跡する。世界の危機を悟った王女は召使いのピボットに極秘ディスクの1枚を託し、脱出させる。ピボットを乗せた宇宙船はボンバー星に不時着する。一方そのころ、宇宙の平和を守るため日夜ボンバーベースで特訓に励んでいたボンバーマンのもとにピース山脈に墜落した宇宙船の調査命令が出される。現場に駆けつけたボンバーマンを待ち受けるものは…。

アイテム[編集]

パネル[編集]

ボンバーマンをパワーアップさせる能力のあるアイテム。

ボムパネル
続けて出すことのできるボムの個数が増える。(上限4)
火力パネル
ボムの爆風の威力が上がる。(上限4)
体力パネル
ボンバーマンの体力を1つ分だけ回復する。黄色の絵柄のものは体力を全快させる。
防火服パネル
自分のボムでダメージを受けなくなる。
壁パネル
半透明のに入れるようになる。
遠投パネル
ボムを遠くに投げるようになる。
泡パネル
ボンバーマンがの中に入り一定時間上昇する。
リモコンボムパネル
ボムがZボタンを押すまで爆発しなくなる。
塩ボムパネル
ナメクジのような敵を倒すことができるようになる。(ステージ内のボムパネルをとると元に戻る。)
氷ボムパネル
敵を一定時間凍らせて足場にすることができる。ただし敵を倒すことはできない。(ステージ内のボムパネルをとると元に戻る。)

クリスタル[編集]

様々な色・形があり、それによって価値が異なる。青いクリスタル200個分集めるとボンバーマンの最大体力がアップ。

ちなみにスコアの加算点は青色が50、赤色が250、オレンジ色が500、虹色が1000となっている。

その他[編集]

キークリスタル
前述のクリスタルの別のもの。特定のコースに存在し4つ集めると扉を開けることができる。
ディスク
特定のステージに存在する扉を開けることのできるアイテム。ワルドス軍が狙っているもの。他にも秘密がある。
異次元ボム
ステージ1~4に6つずつ隠されているアイテム。全て集めることがと隠し要素の条件の一つとなっている。
無線機
取るとコース攻略のヒントを教えてくれる。得点は加算されない。

登場人物[編集]

主人公と仲間たち[編集]

ボンバーマン(しろボン)
声:杉山佳寿子
主人公。爆弾を武器に日夜平和を守るために戦い続けるヒーロー。宇宙の平和を守るために作られた基地「ボンバーベース」で日夜トレーニングに励んでいる。
ミリアン王女
プライム星の王女。ワルドス軍から極秘ディスクを奪って脱出するが、途中でワルドス軍に捕まってしまう。
ピボット
ミリアン王女に仕えるロボット。極秘ディスクの1枚をミリアン王女から託され、助けを求めてボンバー星にやってくる。
ルーイ
マゾーヌ星でボンバーマンを助けてくれる生物。ボンバーマンとは仲がよい。

ワルドス帝国[編集]

ニトロス
ワルドス軍の戦士。床の模様に合わせた攻撃を仕掛ける。ボンバーマンのライバルともいうべき存在で、各ステージの中ボスとして登場。
エンドル
ワルドス四天王のひとり。電気ナマズのようなキャラクターで、高圧電流を使った攻撃が得意。一人称は「ワイ」。胡散臭い関西弁を話し、語尾に「~カネ」をつける。金庫になっていて、倒すと札束がフィールドに舞う。
バルーダ
ワルドス四天王のひとり。のようなキャラクター。自称「エンドルの一番弟子」で一人称は「オレっち」。からレーザーを撃つ。細身の鳥だが、レーザーを撃つ前だけ体が風船のように膨らむ。
ボルバン
ワルドス四天王のひとり。スフィンクスのようなキャラクター。一人称は「オレさま」。石化ブレス、からのキャノン砲が武器。防御用のバリアも搭載している。水中戦では魚雷機雷も使う。
ネチア
ワルドス四天王の紅一点。ピンクののようなキャラクター。一人称は「アタイ」。動きが素早く、投げナイフでの攻撃を得意とする。ミリアン王女に化けてボンバーマンのディスクを奪い取った。
メガーニ
ネチアが従える四足歩行型ロボット。再登場時は単独で勝負を挑んでくる。からのレーザーとミサイルが武器。小型の「コメガーニ」もいる。
バグラー
ボンバーマンの宿敵であり、ワルドス軍の首領。戦闘では全3形態で勝負してくる。従来の作品とはキャラクターデザインが異なり、『ボンバーマンウォーズ』に登場する悪の錬金術師「ダークボンバー」に似たデザインとなっている[2]

その他[編集]

デビルボンバー
隠しステージ「ガシック星」にいる真のボスキャラ。

ステージ一覧[編集]

補足
  • Mはボンバーマリン、Jはボンバージェット、Cはボンバーコプター、Sはボンバースライダーで進むステージ。Rはルーイの助けを借りて進むステージ。
  • ☆は目的地が複数存在するステージ。
  • ※は異次元ボムが隠されているステージ。
  • ガシック星は隠しステージであり、ある条件を満たさないと出現しない。

おまけ[編集]

ある条件を満たすとオプションから遊ぶことができる。

スライダーレース
ボンバースライダーを使ったレース対決。
ゴールデンボンバー
「ゴールドチップ」と呼ばれるアイテムを使用し全身金色のゴールデンボンバーの状態でダンジョンを進む。
ミリアンのたからさがし
ワルドス軍からとり返した24個の宇宙に散らばってしまったため、それを探し出す。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ボンバーマンウォーズ』取扱説明書のダークボンバーの紹介文と『ボンバーマンウォーズ』のエンディングより。
  2. ^ バグラーはダークボンバーの悪の心が輪廻転生した姿であるという設定がある[1]

外部リンク[編集]