フェナントレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェナントレン
構造式 フェナントレン
一般情報
IUPAC名 Phenanthrene
分子式 C14H10
分子量 178.23 g/mol
形状 無色~淡黄色固体
CAS登録番号 85-01-8
性質
密度 1.01~1.17 g/cm3,
相対蒸気密度 6.14 (空気 = 1)
水への溶解度 g/100 mL ( ℃)
融点 100 °C
沸点 340 °C
出典 Kis-net

フェナントレン(phenanthrene)とは、化学式C14H10で表される、3つのベンゼン環が結合した多環芳香族炭化水素である。常温常圧では無色または淡黄色で無臭の固体。

水への溶解度は0.00011g/100mlであり、全く溶けないと言ってよい。融点付近で引火の危険性がある。皮膚に炎症を引き起こす恐れがある。ビベンジルスチルベンなどから合成される。異性体に直線型をしたアントラセンがある。

アントラセンと同じく、9・10位の反応性が高い。天然に存在する誘導体としては、モルヒネコデインアリストロキア酸などがある。