セレン化水素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
セレン化水素
識別情報
CAS登録番号 7783-07-5 チェック
PubChem 533
ChemSpider 518 チェック
国連/北米番号 2202
KEGG C01528 ×
RTECS番号 X1050000
特性
化学式 H2Se
モル質量 80.98 g/mol
外観 無色の気体
密度 3.553 g/cm3
融点

-65.73 °C (207.42 K)

沸点

-41.25 °C (231.9 K)

への溶解度 0.70 g/100 mL
溶解度 CS2ホスゲンに可溶
酸解離定数 pKa 3.89
構造
分子の形 折れ線形
危険性
安全データシート(外部リンク) ICSC 0284
EU分類 強い可燃性 (F+)
有毒 (T)
環境への危険性 (N)
EU Index 034-002-00-8
NFPA 704
NFPA 704.svg
4
4
0
Rフレーズ R23/25 R33 R50/53
Sフレーズ S1/2 S20/21 S28 S45 S60 S61
引火点 可燃性気体
関連する物質
その他の陰イオン
硫化水素
テルル化水素
ポロニウム化水素
その他の陽イオン セレン化ナトリウム
セレン化銀(I)
関連物質 アルシン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

セレン化水素(セレンかすいそ、: hydrogen selenide)は、化学式が H2Se で表されるセレン水素化合物で、カルコゲン水素化合物カルコゲン化水素)の一つ。セレンの酸化数は-2。爆発範囲は8.84 - 62.4 vol%。

生成[編集]

セレン化アルミニウムなどのセレンと金属の化合物にまたは希塩酸を反応させると、水の場合酸化アルミニウム、希塩酸の場合塩化アルミニウムとともに生成する[1]

また、セレンの蒸気と水素を直接反応させることでも生成できる[1][2]

化学的性質[編集]

ニンニクのような臭気があり、毒性がある[3][4]高圧ガス保安法で規定された特殊高圧ガスで、毒物に指定されている。硫化水素に性質が似ている。

水溶液(セレン化水素酸)中では、セレン化物イオン (Se2-) と水素イオンに電離しやすい。そのため酸性を示す。

燃えると二酸化セレンができる。

刺激性が強いので、取り扱いには注意を要する。

大気中に放出されると、対流圏の場合3〜6時間で半減すると計算されている[5]

その他[編集]

  • IUPAC組織名:セラン

用途[編集]

有機セレン化合物の合成に用いられる。また、半導体の製造の際にも用いられる[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『Experimental chemistry lectures, 第 9 巻』Nihon Kagakkai、1958年、17頁。 
  2. ^ 奥原 哲 (1959-06). “トリアゾ水素酸及びセレン化水素の製法”. 論集 6 (1): 54-57. 
  3. ^ 水素化セレニウム H2Se 毒物(セレン化合物及びこれを含有する製剤) (PDF)”. 滋賀県. 2022年5月28日閲覧。
  4. ^ a b セレン及びその化合物”. 化学物質ファクトシート 2012年版/セレン及びその化合物. 環境省. 2022年5月28日閲覧。
  5. ^ 化学物質の初期リスク評価書 No. 128 セレン及びその化合物 (PDF)”. 製品評価技術基盤機構. p. 20 (2008年11月). 2013年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月28日閲覧。

関連項目[編集]