過マンガン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
過マンガン酸
識別情報
CAS登録番号 7722-64-7
特性
化学式 HMnO4
モル質量 119.94g/mol
外観 紫色
密度  ?g/cm3
融点

分解

沸点

分解

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

過マンガン酸は、化学式HMnO4で表される物質。マンガンの酸化数は+7、また名称に、過とあるが、分子内に-O-O-結合は存在せず過酸ではない。遊離酸は、単離されていない。高濃度だと分解しやすい。

性質[編集]

過マンガン酸の遊離酸と、は、強い酸化剤であり、有機物とともに加熱すると、爆発する可能性がある。過マンガン酸は、比較的強酸の性質を示す。

  • HMnO4+H2O→H++MnO4- Pka=-2.4

生成[編集]

七酸化二マンガンの、水溶液を数ヶ月放置すると過マンガン酸に加水分解する

  • Mn2O7+H2O→2HMnO4

または、硫酸マンガン(II)酸化鉛(IV)希硫酸を混合させれば得られる。 また、過マンガン酸塩の粉末と濃硫酸を混合させて生成するというものもあるが、この反応は脱水を起こしてしまうのであまり用いられない。

[編集]