硫化マンガン(II)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
硫化マンガン(II)
Manganese(II) sulfide
識別情報
CAS登録番号 18820-29-6 チェック
PubChem 87809
特性
化学式 MnS
モル質量 87.003 g/mol
外観 赤、緑ないし茶色の粉末[1]
密度 3.99 g/cm3[2]
融点

1610 ˚C[3]

への溶解度 0.0047 g/100 mL (18 °C)[2]
構造
結晶構造 岩塩 (立方体), cF8
空間群 Fm3m, No. 225
配位構造 八面体 (Mn2+); 八面体 (S2–)
危険性
EU Index Not listed
主な危険性 刺激性
関連する物質
その他の陰イオン 酸化マンガン(II)
関連するマンガンの硫化物 硫化マンガン(IV)
関連物質 硫化クロム(II)
硫化鉄(II)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

硫化マンガン(II)(りゅうかマンガン、: Manganese(II) sulfide)はマンガンの硫化物で、天然には閃マンガン鉱に存在する。

合成[編集]

塩化マンガン(II)などのマンガン(II)塩と硫化アンモニウムとを反応させる。

(NH4)2S + MnCl2 → 2 NH4Cl + MnS

硫酸マンガン(II)一酸化炭素で加熱還元する製造法も開発されている[4]

用途[編集]

粉末冶金の分野で、焼結部品の機械加工性を改良するための添加剤として利用される[4]

構造[編集]

結晶構造は塩化ナトリウムに類似する。


関連項目[編集]


脚注[編集]