アルシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アルシン

  1. ヒ素の水素化物。本稿で詳述する。(英語: arsine)
  2. 帝政ロシアにおける長さの単位。(英語: arshin)。アルシン (単位)を参照。
  3. カナダのプロボクサー、ヨアキム・アルシン

アルシン
識別情報
CAS登録番号 7784-42-1 チェック
EC番号 232-066-3
特性
化学式 AsH3
モル質量 77.9454 g/mol
外観 無色気体
密度 4.93 g/l, 気体、1.640 g/mL (−64 ℃, 液体)
融点

−117 °C, 156 K, -179 °F

沸点

−62.5 °C, 211 K, -81 °F

への溶解度 0.07 g/100 ml (25 ℃)
酸解離定数 pKa 25
構造
分子の形 三角錐形
双極子モーメント 0.20 D
熱化学
標準生成熱 ΔfHo +66.44 kJ mol−1
標準モルエントロピー So 222.78 J mol−1K−1
標準定圧モル比熱, Cpo 38.07 J mol−1K−1
危険性
EU分類 非常に強い可燃性 (F+)
猛毒 (T+)
有害 (Xn)
環境への危険性 (N)
NFPA 704
NFPA 704.svg
4
4
2
Rフレーズ R12, R26, R48/20, R50/53
Sフレーズ (S1/2), S9, S16, S28, S33, S36/37, S45, S60, S61
引火点 可燃性気体
関連する物質
関連する水素化合物 アンモニア
ホスフィン
スチビン
ビスムチン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アルシン英語: arsine)とは、化学式が AsH3 と表される、ヒ素水素化合物である。水素化ヒ素英語: arsenic hydride)や、ヒ化水素 (英語: hydrogen arsenide) とも呼ばれる。

性質[編集]

アルシンの化学式はAsH3であるため、その分子量は、77.95である。アルシンの常圧における融点は-116 ℃、沸点は-62 ℃なので、常温常圧では気体として存在する。なお、気体のアルシンに色は無い。

立体構造アンモニアに近いが、水素の結合角はアンモニアのそれよりも小さく直角に近い。極性溶媒に溶け易く、有機溶媒に溶け難い。しかし、窒素の電気陰性度が3.0のアンモニアとは異なり、ヒ素の電気陰性度は2.0なのに対して、水素の電気陰性度は2.1と、極性が弱いためアルシンは水素結合を作らない。

アルシンは還元作用を示し、例えば、硝酸銀水溶液に通ずるとを遊離する。なお、その標準酸化還元電位は以下の通りである。

E º = -0.225 V

濃厚な硝酸銀水溶液では、ヒ化銀を含む黄色の複塩 Ag3As·3AgNO3 が沈殿する。このように、そもそも還元性を示す物質なので、強力な酸化剤とは、爆発的に反応する。したがって、引火し易く、爆発に至る場合もあるので、取り扱いには注意を要する[1]

なお、酸素との反応、すなわち、燃焼すると、及び三酸化ヒ素を生じる。

そもそもアルシンは比較的不安定な化合物であり、熱・光・水分によって分解され、ヒ素と水素を生じる。

毒性[編集]

ヒトに対してアルシンは猛毒であり、アメリカ合衆国産業衛生専門家会議英語版イタリア語版(ACGIH)の勧告によるアルシンの許容濃度は、時間加重平均濃度にて 0.005 ppmである。アルシンを大量に吸入した場合、血液・腎臓に影響が出て、最悪の場合には死に至る。

アルシンの曝露された結果の症状は、数時間から数日遅れて現れる場合もあるため、その間は医学的な経過観察が必要とされる。

合成[編集]

例えば、ヒ化カルシウム英語版ドイツ語版オランダ語版ロシア語版希硫酸を作用させると発生する。

この合成法によって合成したアルシンは、ニンニクに似た特徴的な臭気を持つとされるが、このニンニク臭は、不純物のテルルによる匂いだとも言われる。

また、ヒ素を含む試料に、触媒として亜鉛を加えて、そこに希硫酸を作用させるとアルシンが発生する。このようにして発生させたアルシンを、水素ガスと共に燃焼させて、その炎を冷たいガラス、または、磁製皿に触れさせると、単体のヒ素が付着し、光沢のある「ヒ素鏡」ができる。これはマーシュ法と呼ばれるヒ素の検出法の1つである。

なお、これは積極的な合成法ではないものの、シェーレグリーンと呼ばれる顔料を、カビバクテリアが分解すると、アルシンが発生し得る。

用途[編集]

ヒ化ガリウム (GaAs) やヒ化インジウム (InAs) 等の化合物半導体の原料として重要である。アルシンを原料としての半導体製造においては、有機金属気相成長法(MOCVD)やガスソース分子線エピタキシー法(GS-MBE)が用いられる。原料ガスとしてアルシンを管内に送り込む方法で、均等に層を積み上げる成長工程を担う[2]

有機アルシン[編集]

有機化学において、水素化ヒ素を親化合物とし、一般式が RR1R2As(各置換基は H または有機基)と表される一連の誘導体も、俗に「アルシン」と呼ばれる。トリフェニルアルシン ((C6H5)3As) などは、配位子としての用途がある。

脚注[編集]

  1. ^ 危険性とその対処については国際化学物質安全性カードにまとめられている。なお2009年5月現在、リンク先では許容濃度について『0.005 ppm (TWA) への変更を提案中である (ACGIH 2006)。』と書かれているが、これは ACGIH 2007 にて実際に変更された。
  2. ^ [1]

関連項目[編集]