三フッ化ヒ素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三フッ化ヒ素
Arsenic trifluoride
識別情報
CAS登録番号 7784-35-2
PubChem 24571
RTECS番号 CG5775000
特性
化学式 AsF3
モル質量 131.9168 g/mol
外観 無色の液体
密度 2.666 g/cm3[1]
融点

-8.5 ℃

沸点

60.4 ℃

への溶解度 分解
アルコールエーテルベンゼンアンモニアへの溶解度 可溶
危険性
主な危険性 毒性、腐食性
Rフレーズ R23/25, R50/53
Sフレーズ (S1/2), S20/21, S28, S45, S60, S61
熱化学
標準生成熱 ΔfHo -305.0 kJ/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

三フッ化ヒ素(さんフッかヒそ、: arsenic trifluoride)はヒ素フッ化物で、化学式AsF3で表される無機化合物。無色の液体で、水と容易に反応する[2]。半導体の製造などに使われる。

生成、性質[編集]

フッ化水素三酸化二ヒ素の反応により生成される[2]

分子構造三角錐形で、気体の状態では、ヒ素とフッ素の間の結合距離は170.6pm、結合角は96.2°となっている[3]。 非金属塩化物のフッ素化に使われるが、三フッ化アンチモンに比較すると反応性は劣る[2]

四フッ化ヒ素セシウム()など、の陰イオンを含む塩を生成する[4]

フッ化カリウムとの反応により、七フッ化二ヒ素カリウムを生成する。これは 分子と陰イオンとの相互作用を表す[5]

により五フッ化アンチモン()を生成する[6]

安全性[編集]

日本の毒物及び劇物取締法では毒物に該当し、発癌性がある[7]

脚注[編集]

  1. ^ Pradyot Patnaik. Handbook of Inorganic Chemicals. McGraw-Hill, 2002, ISBN 0070494398
  2. ^ a b c Greenwood, Norman N.; Earnshaw, Alan. (1997), Chemistry of the Elements (2 ed.), Oxford: Butterworth-Heinemann, ISBN 0080379419 
  3. ^ Wells A.F. (1984) Structural Inorganic Chemistry 5th edition Oxford Science Publications ISBN 0-19-855370-6
  4. ^ New alkali metal and tetramethylammonium tetrafluoroarsenates(III), their vibrational spectra and crystal structure of cesium tetrafluoroarsenate(III)Klampfer P, Benkič P, Lesar A, Volavšek B, Ponikvar M , Jesih A., Collect. Czech. Chem. Commun. 2004, 69, 339-350 doi:10.1135/cccc20040339
  5. ^ Alkali-metal heptafluorodiarsenates(III): their preparation and the crystal structure of the potassium salt, Edwards A.J., Patel S.N., J. Chem. Soc., Dalton Trans., 1980, 1630-1632, doi:10.1039/DT9800001630
  6. ^ Fluoride crystal structures. Part XV. Arsenic trifluoride–antimony pentafluoride, Edwards A. J., Sills R. J. C. J. Chem. Soc. A, 1971, 942 - 945, doi:10.1039/J19710000942
  7. ^ 安全衛生情報センター