ジクロロ銅(I)酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジクロロ銅(I)酸は、化学式がH[CuCl2]で表される物質である。

性質[編集]

水溶液中でイオン(H3O++[CuCl2-])としてのみ存在し、固体として得ることはできない。

合成[編集]

酸化銅(I)などの固体に濃塩酸を作用させると得られる。

また、塩化銅(I)の固体に濃塩酸を作用させても得られる。

この反応は平衡反応であり、この水溶液を大量の水で薄めると平衡が左に進んで塩化銅(I)が沈殿する。

[編集]