チオシアン酸銅(I)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チオシアン酸銅(I)

Copper(I) thiocyanate
識別情報
CAS登録番号 1111-67-7
PubChem 24857968
ChemSpider 55204
特性
化学式 CuSCN
モル質量 121.628 g/mol
外観 白色固体
密度 2.88 g/cm3[1]
融点

1084 °C, 1357 K, 1983 °F

への溶解度 8.427·10−7 g/L (20 °C)
磁化率 -48.0·10−6 cm3/mol
関連する物質
その他の陰イオン シアン化銅(I)
その他の陽イオン チオシアン酸カリウム
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

チオシアン酸銅(I)(チオシアンさんどう いち、: copper(I) thiocyanate)はチオシアン酸の銅(I)塩で、化学式CuSCNで表される化合物。

合成[編集]

実験室レベルで合成するには、二酸化硫黄の存在下でチオシアン酸アンモニウムまたはチオシアン酸カリウムの水溶液に、硫酸銅(II)など水溶性の銅イオンを加えるだけでよい。

脚注[編集]

  1. ^ Smith, D. L.; Saunders, V. I. "Preparation and Structure Refinement of the 2H Polytype of beta-Copper(I) Thiocyanate" Acta Crystallographica B, 1982, volume 38, 907-909. doi:10.1107/S0567740882004361