炭化銅(I)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
炭化銅(I)
識別情報
CAS登録番号 1117-94-8 チェック
PubChem 19021056
特性
化学式 C2Cu2
モル質量 151.11 g mol−1
危険性
主な危険性 Explosive, Harmful
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

炭化銅(I)(たんかどう いち、copper(I) carbide)は、化学式が Cu2C2無機化合物である。炭化銀(I)よりも熱や衝撃に敏感で、高い爆発性を示す。炭化銀(I)や炭化カルシウムと同様に金属アセチリドの一種である。

合成[編集]

炭化銅(I)はアンモニア存在下で塩化銅(I)溶液にアセチレンガスを通すと生成する。

C2H2 + 2 CuCl → Cu2C2 + 2 HCl

生成する炭化銅(I)の沈殿は赤みを帯びているため、この反応はアセチレンの検出に利用される。

用途[編集]

炭化銅(I)は例えば薗頭カップリングカディオ・ホトキェヴィチカップリングなどの有機合成の中間体として現れる。

関連項目[編集]