酢酸銅(II)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
酢酸銅(II)

酢酸銅(II)一水和物
{{{画像alt2}}}
酢酸銅(II)一水和物の構造
識別情報
CAS登録番号 142-71-2 チェック, (無水物)
6046-93-1 (一水和物)
PubChem 8895
ChemSpider 8555 チェック
UNII 39M11XPH03 チェック
特性
化学式 Cu(CH3COO)2
モル質量 181.63 g/mol (無水物)
199.65 g/mol (一水和物)
外観 暗青緑色結晶 (一水和物)
密度 1.88 g/cm3 (一水和物)
融点

115 ℃ (一水和物,分解)

沸点

240 ℃ (分解)

溶媒への溶解度 6.8 g/100 mL (25 °C)
約 20 g/100 mL (熱水)
アルコールに可溶
エーテルやグリセロールにわずかに溶ける
構造
結晶構造 単斜晶 (一水和物)
危険性
安全データシート(外部リンク) Baker MSDS
NFPA 704
NFPA 704.svg
0
2
0
Rフレーズ R22 R36/37/38 R50/53
Sフレーズ S26 S60 S61
引火点 不燃性
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

酢酸銅(II)(さくさんどう、 Copper(II) acetate)は、化学式 Cu(CH3COO)2 または省略して Cu(OAc)2 の化合物である。式量は181.64、CAS登録番号は[142-71-2]。普通は一水和物として得られる。一水和物は緑青色の結晶で、またはエタノールに可溶である。芳香族アミンアクリルニトリルを作用させてシアノエチル化する際に、触媒として用いられる。また、草木染めの媒染剤、殺菌剤、サメからの攻撃を避けるための忌避剤として用いられる。多くのデータベースに融点が115℃と記載されているが、実際には115℃付近では一水和物の水分子の脱離反応が進行する。

化学合成での利用[編集]

酢酸銅(II)は有機化学において、触媒酸化剤として広く使われる物質である。例えば、2分子のアルキンをカップリングさせ、1,3-ジインを合成するグレーサー反応 (Eglinton法) に使われる[1]

Cu2(OAc)4 + 2 RC≡CH → 2 CuOAc + RC≡C-C≡CR + 2 HOAc

脚注[編集]

  1. ^ P. Vogel, J. Srogl "Copper(II) Acetate" in "EROS Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis" Copper(II) Acetate, 2005 John Wiley & Sons.

関連項目[編集]