芳香族アミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アニリン類の例
芳香族アミン 構造式 CAS番号
アニリン Aniline-2D-skeletal.png 62-53-3
o-トルイジン O-toluidinePIC.svg 95-53-4
2,4,6-トリメチルアニリン 2,4,6-Trimethylaniline.svg 88-05-1
アニシジン 2-Anisidine.png 90-04-0
3-(トリフルオロメチル)アニリン 3-trifluoromethylanilinePIC.svg 98-16-8

芳香族アミン(ほうこうぞくアミン、aromatic amine)は、芳香族化合物アミン(-NH2、-NH-、またはその他窒素基)が置換した化合物、特にベンゼン環の水素と置換した化合物である。最もシンプルな芳香族アミンはアニリンである。

芳香族アミンはプロトン化したとき、その非芳香族性アナログよりもpKaが低くなる。これは窒素基の孤立電子対が芳香環に非局在化するためである。

発がん性[編集]

還元分解により生成され発がん性が指摘される「特定芳香族アミン」は1992年にエコテックス規格100において禁止され、1994年にドイツで法規制されたのに続き、EU、中国、韓国でも法規制されている[1]

2015年12月、芳香族アミンのうち、発がん性が指摘される液体のオルト―トルイジンを含む5種類を原料として扱っている福井県の染料工場で従業員5人が膀胱がんを相次いで発症していることがわかり、調査が進められている[2]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 特定芳香族アミン一般財団法人ニッセンケン
  2. ^ 染料工場で5人膀胱がん、化学物質原因か 厚労省日本経済新聞、2015/12/19