ベンゾチオフェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベンゾチオフェン
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 95-15-8
特性
化学式 C8H6S
モル質量 134.2 g/mol
外観 白色の固体
融点

32 °C

沸点

221 °C

関連する物質
関連物質 チオフェン
インドール
ベンゾフラン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ベンゾチオフェン(Benzothiophene)は、分子式 C8H6S の複素環式化合物である。自然界では、褐炭に多く含まれている。家庭で使われることは無く、専ら工業や研究用である。

用途[編集]

複素環式化合物であるベンゾチオフェンは、生物体に影響する化合物の合成材料として研究によく使われる。例えばベンゾチオフェン構造を持つ薬品には、ラロキシフェン(Evista)、ジレウトン(Zyflo)そしてセルタコナゾール(Ertaczo)がある。また、チオインディゴ染料の合成にも使われる。

関連項目[編集]