ピラゾール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピラゾール
識別情報
CAS登録番号 288-13-1
特性
化学式 C3H4N2
モル質量 68.07 g/mol
融点

66-70 °C

沸点

168-188 °C

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ピラゾール (pyrazole) は、分子式 C3H4N2分子量 68.07 の複素環式芳香族化合物アミンの一種である。3つの炭素原子と2つの隣接した窒素原子で芳香性五員環を構成している。化学的に安定であり、人間に対して薬理効果を持つため、自然界での存在が知られていないにもかかわらずアルカロイド類に分類される化合物である。

ピラゾールはα,β-不飽和アルデヒドヒドラジンとの反応、続く脱水素化により得られる。

アクロレインとヒドラジンの反応

ピラゾール誘導体はその活性を生かして鎮痛剤、抗炎症剤、解熱剤、不整脈治療剤、精神安定剤筋弛緩剤、精神刺激剤、抗けいれん剤、モノアミン酸化酵素阻害剤、抗糖尿病薬、抗菌剤や染毛剤などに使用されている。

ピラゾール類似の構造を持つ化合物としてピラゾリンピラゾリジンが挙げられる。

ピラゾール類似化合物

ピラゾール環を有する化合物[編集]

医薬品[編集]

農薬[編集]

染毛剤[編集]

  • 1-ヒドロキシエチル-4,5-ジアミノピラゾール硫酸塩(4,5-Diamino-1-pyrazole sulfate) - 酸化染料。

関連項目[編集]