フィリップ2世 (ブルゴーニュ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
豪胆公フィリップ2世

フィリップ2世フランス語Philippe II, 1342年1月15日 - 1404年4月27日)は、ヴァロワ家の初代ブルゴーニュ公(在位:1363年 - 1404年)。ヴァロワ=ブルゴーニュ家の祖。「豪胆公」(le Hardi)と呼ばれる。フランスジャン2世(善良王)とボンヌボヘミアヨハン(盲目王)の王女)の四男。シャルル5世アンジュールイ1世ベリー公ジャン1世の弟。

生涯[編集]

1342年にポントワーズで生まれた。若くから武勇に優れ、ポワティエの戦いでも最後まで父のそばで奮戦した。1360年に親王領(appanage)としてトゥーレーヌ公に叙されたが、1363年にそれに代わってフィリップ1世の死後父が継承したブルゴーニュ公領を与えられた。

さらに、1369年6月19日に兄シャルル5世がフランドルの反乱を抑えるため、フランドル伯ルイ2世の娘マルグリット3世とフィリップを結婚させたため、フランドル、アルトワブルゴーニュの各伯領を領有し、ヨーロッパで最も裕福な領土を有する大貴族となった。1390年にはシャロレー伯領を獲得し、この伯位はブルゴーニュ公の相続人に与えられるようになった。

シャルル5世の死後、1380年から1388年までは2人の兄アンジュー公ルイ1世やベリー公ジャン1世と共に甥のシャルル6世(狂気王)の摂政を務めた。

シャルル6世が親政を始めると権力から遠ざけられたが、1392年にシャルル6世が精神異常の兆候を示すと摂政権をめぐってシャルル6世の弟オルレアン公ルイと争った。これらの争いは後にブルゴーニュ派対アルマニャック派の争いとなりフランスを混乱に追い込むが、フィリップ豪胆公の生存中は、あくまで宮廷闘争の範疇に収まっていた。

1404年にブラバントのハレ(現在のフラームス=ブラバント州の町)で死去。公位は長男のジャン1世が嗣いだ。

家族[編集]

フィリップ2世が開いた公爵家は、ブルゴーニュで2番目にして最後のものとなった。マルグリット3世との間には9子をもうけた。

先代:
トゥーレーヌ公
1360年 - 1363年
次代:
(王領編入)
先代:
フィリップ1世
フランス王ジャン2世
ブルゴーニュ公
1363年 - 1404年
次代:
ジャン1世(無怖公)
先代:
ルイ・ド・マール
ブルゴーニュ伯
フランドル伯
1384年 - 1404年
マルグリットと共同統治
次代:
ジャン1世(無怖公)