ボンヌ・ド・リュクサンブール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボンヌ・ド・リュクサンブール
Bonne de Luxembourg
Bonne of Luxembourg, with her husband Jean.jpg
ボンヌとジャン2世
出生 1315年3月20日
プラハ
死去 1349年9月11日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国、モーブッソン
埋葬  
モーブッソン修道院
配偶者 フランスジャン2世
子女 一覧参照
父親 ボヘミアヨハン
母親 エリシュカ・プシェミスロヴナ
テンプレートを表示

ボンヌ・ド・リュクサンブール(Bonne de Luxembourg, 1315年3月20日 - 1349年9月11日)は、ルクセンブルク家ボヘミアヨハン(盲目王)の娘で神聖ローマ皇帝カール4世の同母姉。母はボヘミアとポーランドの王ヴァーツラフ2世の娘エリシュカ。ドイツ語名はユッタ(Jutta)またはグタ(Guta)という。フランスジャン2世の妃であるが、ジャン2世が即位する前年に死去、モーブッソン修道院(Abbaye de Maubuisson)に埋葬された。シャルル4世の2番目の王妃マリー・ド・リュクサンブールは叔母に当たる。

生涯[編集]

1332年7月28日に17歳で王太子ジャン、後のジャン2世と結婚した。この時、新郎は13歳であった。その後、ボンヌが1349年にペストで死去するまでに、2人は4男7女をもうけた。