マリー・ド・フランス (1344-1404)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マリー・ド・フランス
Marie de France
バル公妃
Marie de France (1344-1404).png
出生 (1344-09-18) 1344年9月18日
Flag of France (XII-XIII).svg フランス王国サン=ジェルマン=アン=レー
死去 (1404-10-15) 1404年10月15日(60歳没)
配偶者 バル公ロベール1世
子女 一覧参照
父親 フランスジャン2世
母親 ボンヌ・ド・リュクサンブール
テンプレートを表示

マリー・ド・フランスMarie de France, 1344年9月18日 - 1404年10月15日)は、フランス王ジャン2世の娘で、バル公ロベール1世の妻。

生涯[編集]

ジャン2世王とその最初の妻ボンヌ・ド・リュクサンブールの間の第8子、四女として、サン=ジェルマン=アン=レーに生まれた。1364年にバル公ロベールと結婚した。夫は元はバル伯爵だったが、1354年にマリーの母方の叔父神聖ローマ皇帝カール4世によってバル公爵およびポンタ=ムッソン侯爵に昇格を許された。

マリーは読書家で、数多くの書籍を集めた図書室を所有しており、その書籍のジャンルも非常に幅広かった。図書目録には物語や詩だけでなく、歴史や神学に関する著作も含まれていた[1]。 詩人ジャン・ダラス英語版は、『メリュジーヌ物語』をバル公爵夫人マリーに献呈し、この本はマリーの子供たちの政治教育の助けとなればと思って執筆した、と献辞で述べている[2]

マリーの息子たちは多くが戦場で命を落とした。長男アンリと次男フィリップはニコポリスの戦いに参加し、2人ともオスマン帝国軍の捕虜となって異国の地で客死した。四男エドゥアールと六男ジャンも、1415年にアジャンクールの戦いで戦死した。

子女[編集]

  • アンリ(1362年 - 1397年) - マルル領主
  • ヨランド(1365年 - 1431年) - 1483年、アラゴン王フアン1世と結婚
  • フィリップ(1372年 - 1398年)
  • シャルル(1373年 - 1392年) - ノジャン=ル=ロトルー領主
  • マリー(1374年 - ?) - 1384年、ナミュール侯ギヨーム2世と結婚
  • エドゥアール3世(1377年 - 1415年) - バル公
  • ルイ1世(? - 1431年) - ヴェルダン司教、枢機卿、バル公
  • ヨランド(? - 1421年) - 1400年、ユーリヒ=ベルク公アドルフと結婚
  • ジャン(1380年 - 1415年)- ピュイゼイ領主
  • ボンヌ(? - 1400年) - サン=ポル伯・リニー伯ワレラン3世と結婚
  • ジャンヌ(? - 1402年) - 1393年、モンフェッラート侯テオドーロ2世と結婚

引用[編集]

  1. ^ Goldstone. The Maid and the Queen: The Secret History of Joan of Arc. p. 6. 
  2. ^ Goldstone. pp. 14–15. 

参考文献[編集]

  • Goldstone, Nancy (2013). The Maid and the Queen: The Secret History of Joan of Arc. Phoenix Paperbacks, London. 

外部リンク[編集]