マルグリット・ダンジュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マルグリット・ダンジュー
Marguerite d'Anjou
Marie karel2 (cropped, five daughters).jpg
マルグリットとその妹たち
称号 ヴァロワ伯妃
出生 1273年
死去 1299年12月31日
配偶者 ヴァロワ伯シャルル
子女 イザベル
フィリップ6世
ジャンヌ
マルグリット
シャルル2世
カトリーヌ
父親 ナポリカルロ2世
母親 マリア・ドゥンゲリア
テンプレートを表示

マルグリット・ダンジュー(Marguerite d'Anjou, 1273年 - 1299年12月31日)は、ヴァロワ家の祖ヴァロワ伯シャルルの最初の妃。アンジュー=シチリア家ナポリカルロ2世ハンガリー王女マーリアイシュトヴァーン5世の娘)の長女。イタリア名はマルゲリータ・ダンジョ(Margherita d'Angiò)。フランス王ルイ10世の王妃でジャン1世を生んだクレマンス・ド・オングリーは、マルグリットの兄カルロ・マルテッロ・ダンジョの娘で姪に当たる。

1290年に又従兄であるヴァロワ伯シャルルと結婚し、以下の子女をもうけた。

参考文献[編集]

  • Jiří Louda, Michael Maclagan, Lines of Succession, Little,Brown & Company, 1981.