レオポルト4世 (オーストリア公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レオポルト4世Leopold IV. von Österreich, 1371年 - 1411年6月3日 ウィーン)は、ハプスブルク家レオポルト系のオーストリア公(1386年 - 1396年、1406年 - 1411年)、チロル伯(在位1396年 - 1406年)。1406年よりオーストリア公爵領の執政の地位にあった。肥満公(Leopold der Dicke)の呼び名がある。

オーストリア、シュタイアーマルク、ケルンテンの公爵レオポルト3世と、ミラノの僭主ベルナボ・ヴィスコンティの娘ヴェルデの間の次男として生まれた。1386年から1396年までオーストリア公であり、1396年から1406年の間は、ホーレンブルク協定(Vertrag von Hollenburg)によって兄ヴィルヘルムが従兄のアルブレヒト4世と共同でオーストリア執政となったため、レオポルト4世はチロルと前方オーストリアを統治した。

1406年から1411年までは、幼い従甥アルブレヒト5世(後のドイツ王アルブレヒト2世)とともにオーストリア執政を務めた。チロルと前方オーストリアの執政は弟のフリードリヒ4世に譲られた。レオポルトは1393年、ブルゴーニュ公フィリップ2世(豪胆公)の娘カトリーヌと結婚したが、間に子供は無かった。

レオポルト4世の死後、アルブレヒト系の当主アルブレヒト5世が単独でオーストリア公の地位を保持し、ウィーン宮廷を代表した。レオポルト系に属するレオポルト4世の2人の弟たちは、内オーストリアと前方オーストリアの一部を割り当てられるに留まった。エルンスト(鉄公)はグラーツに、フリードリヒ4世はインスブルックに宮廷を置いた。

参考文献[編集]