パティ (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パティ 
出生名 パトリシア・アン・フィンク
Patricia Ann Fink
別名 パティ・フィンク
生誕 (1960-11-05) 1960年11月5日(58歳)
出身地 埼玉県入間市ジョンソン基地
学歴 ヨコタ高校
ジャンル ポップス
映画音楽
職業 歌手
タレント
担当楽器 ボーカル
活動期間 1979年〜現在
レーベル キングレコード東芝EMI
公式サイト Patricia Fink フェースブック

パティ(本名:パトリシア・アン・フィンク(Patricia Ann Fink)、1960年11月5日 - )は、日本の元アイドル歌手タレント・英会話講師。埼玉県入間市出身[1]

来歴・人物[編集]

ジョンソン基地所属の米空軍人の父と、台東区浅草生まれの日本人の母タカハシ・ヒロコ(漢字不詳)との間に、埼玉県入間市で第一子として出生。沖縄県北中城村のクバサキ高校 (Kubasaki High School宜野湾市のカデナ高校 (Kadena High Schoolを経て、1979年横田基地ヨコタ高校 (Yokota High Schoolを卒業[2]1979年に、キングレコード傘下セブンシーズ・レーベルより、1978年のマラソン映画『マイ・ライフ』(原題;See How She Runs)のサウンドトラック主題歌を発売してデビュー(日本限定)。この当時はパティ・フィンクを名乗っていた。1980年2月5日東芝EMI傘下イーストワールドレーベルより、パティとして「太陽のユートピア」をリリースする。以後、日本語、英語ともに流暢な歌唱及び会話を特徴として活躍した。現在はローカルミュージシャンをバックに歌うことがあるがセミ引退状態であり、米国フロリダ州タンパにて、チワワ2匹と暮らしている。レイキ三段所有者。

音楽[編集]

日本テレビ系列のテレビドラマの主題歌を歌うことが多かった。商業施設でのプロモーションを多数こなす。

シングル
  1. マイ・ライフ/テイク・ザ・チャンス(1979年) ※パティ・フィンク名義[3]
  2. 太陽のユートピア(1980年) ※オリコン最高18位。売上13万枚。
    ※A面の「太陽のユートピア」は日本テレビ系スペシャルドラマ『太陽は沈まず 海よ!小さな戦士の歌を聞け』の主題歌として使用された。[4]
  3. この夢の果てまで(1980年) ※オリコン最高27位。売上8万枚。
    • この夢の果てまで - 作詞:東海林良&ケーシー・ランキン/作曲・編曲:木森敏之
    • 気まぐれにさよなら - 作詞:東海林良&ケーシー・ランキン/作曲・編曲:木森敏之
    ※A面の「この夢の果てまで」は日本テレビ系テレビドラマ『黄金の犬』の主題歌として使用された。[5]
  4. 明日…咲く(1980年) ※オリコン最高29位。売上12.1万枚。
    • 明日…咲く - 作詞:三浦徳子/作曲:木森敏之/編曲:鈴木茂
    • 恋のエトランゼ - 作詞:丹羽しげお/作曲・編曲:木森敏之
    ※A面の「明日…咲く」は日本テレビ系テレビドラマ『竹とんぼ』の主題歌として使用された。
  5. ブルー・マイ・ラヴ(1981年)
    • ブルー・マイ・ラヴ - 作詞:三浦徳子/作曲:筒美京平/編曲:戸塚修
    • 愛のカントリー・ソング - 作詞:三浦徳子/作曲:筒美京平/編曲:戸塚修
  6. 愛のコーヒー・ブレイク(1981年)[6]
    • 愛のコーヒー・ブレイク - 作詞:東海林良/作曲・編曲:木森敏之
    • 思い出のペンダント(季節の迷い子) - 作詞:丹羽喜子/作曲・編曲:藤崎良
アルバム
  • マイ・ライフ (1979年、オリジナルサウンドトラック)
  • ファー・アウェイ (1980年、売上0.8万枚、ジャケット2種類あり)
  • セカンド・インプレッション (1981年)
  • アイドル・ミラクルバイブルシリーズ パティ (2003年)

楽曲提供者[編集]

ジミー・ハスケルジョージ・J・メイヤー木森敏之東海林良ケーシー・ランキン鈴木茂丹羽しげおジョン・スタンレー竹田和夫馬飼野康二橘篤井上大輔大和圭太郎三浦徳子筒美京平戸塚修丹羽喜子藤崎良小坂由衣森田公一若草恵和泉常寛

オムニバス等[編集]

  • アイドル・ヒストリーVol.2 東芝EMI篇《20世紀BEST》 - 明日…咲く
  • アイドル・ベスト30 - 明日…咲く
  • 筒美京平ウルトラ・ベスト・トラックス GIRLS POP 80's - ブルー・マイ・ラヴ
  • BOMB presents「永遠の'80蔵出しアイドル大集合!」 - 明日…咲く
  • 昭和ドラマ・ヒッツ - 明日…咲く
  • ヤンメロ(3)アイドル篇 - 明日…咲く (初CD化)
  • '81夏 総合演奏盤 - ブルー・マイ・ラヴ
  • Beauty J-POP-EMI EDITION - この夢の果てまで
  • アイドル・ヒット・パレード Girls,Girls,Girls - 愛のコーヒー・ブレイク
  • 黄金の犬 サウンドトラック、DVD-BOX - この夢の果てまで

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

小朝の下ネタ誘導が多かった。

雑誌[編集]

撮影者[編集]

エピソード等[編集]

  • ヨコタ高コンサートでは、ソロを務め神経過敏になっていて、音程を外さないように気をつけていた。[10][11]

脚注[編集]

外部リンク[編集]