ケーシー・ランキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケーシー・ランキン
出生名 Casey David Rankin
生誕 1946年7月10日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カンザス州
死没 (2009-01-02) 2009年1月2日(62歳没)
ジャンル ロック
職業 ミュージシャン
担当楽器
ギター
活動期間 1974年 - 2009年
共同作業者 SHORT HOPE
SHOGUN
公式サイト Casey Rankin Site

ケーシー・ランキンCasey David Rankin1946年7月10日 - 2009年1月2日 )はアメリカカンザス州生まれのミュージシャン1971年以降日本において活動しており、ロックバンド「SHOGUN」やソロでの活動が知られる。息子は同じくミュージシャンのエリック・ゼイ

経歴[編集]

1946年、アメリカ、カンザス州に生まれ、青春期までをニューヨークで過ごす。1963年海兵隊に入隊し、1965年からはベトナムでの任務に就いた。ヘリコプター乗務員として戦闘地域に赴き、過酷な戦場を体験する。

除隊後はミュージシャンとして活動、バンドマンとして訪れた日本に魅力を感じ、1971年から日本に定住する。商事会社に勤務した後、音楽活動を再開。

1974年、同じ在日外国人ミュージシャンであるマイク・ダンロブ・ブリルらと共にロックバンドSHORT HOPEを結成、米軍キャンプを回り、1976年にアルバム「SHORT HOPE」を発表。

1979年芳野藤丸大谷和夫長岡道夫らスタジオミュージシャンが集まって活動していたワン・ライン・バンドがテレビドラマ『俺たちは天使だ!』の音楽を担当する事になり、新たなメンバーにケーシーを迎え、バンド名もSHOGUNと改め活動を開始する。

ケーシーが作曲を担当した『俺たちは天使だ!』の主題歌「男達のメロディー」は50万枚を超えるヒットとなる。先述のようにSHOGUNはスタジオミュージシャンの集まりが母体である事からメンバーの演奏力が非常に高く、当時のドラマ主題歌としてはまだ少なかった本格的なロックサウンドはマニアにも高く評価された。更に同年、人気俳優松田優作主演の『探偵物語』テーマ曲「BAD CITY」(ケーシーが作詞、作曲)を発表。SHOGUNは一躍人気バンドとなり、その中でもヒット曲の作曲を担当、フロントマンとしても活躍したケーシーの評価を高めた。

SHOGUN自体は2年に満たず活動停止となるが、既にミュージシャンとして評価を得ていたケーシーは映画やアニメの音楽、CM曲、ゲーム曲の制作、プロデュースなど活動の幅を広げる。

この頃広島エフエム放送に週1回1時間のレギュラー番組「ミュージックマン・ショウ」を持ち、持ち前のユニークなDJで人気を得る。(番組は1985年終了)

1985年にSHORT HOPE時代の仲間マイク・ダンと新たなメンバーを加え、オリジナルとはまったく異なる構成でSHOGUNを再結成、アルバム「JUS-TUS」を発表するがすぐに解散。その後も引き続き音楽活動を続けるが、表立って名前が出ることは少なくなっていった。

1997年、オリジナルメンバーを一部入れ替える形でSHOGUNが再結成(この時はエリックも参加)。かつてのヒット曲「BAD CITY」の新バージョンがサッポロ飲料のCMソングとして使われたこともあり、SHOGUNが再評価され始めるもケーシーは脱退、程なくしてSHOGUNも再度の活動停止を余儀なくされる。また同時期に発売された缶コーヒー「WONDA」のCM曲を手がけた。

1999年、自身のレーベルとしてPure Recordsを設立。

その後もCM曲の制作やオリジナルアルバムの発表、ライブ活動を精力的に行っていた。

2004年6月、食道がんと診断されたが放射線治療などを受けて11月にはライブ活動を再開。しかし2006年3月に食道がんが再発し、その後は治療を続けながらライブ活動を行ってきた[1]

2009年1月2日、死去[2]

活動[編集]

アニメ[編集]

  • 大恐竜時代(日本テレビ系スーパー・アニメ・スペシャル)」(1979年
    • 愛ある世界Giving Love(名義は歌/ケーシー・ランキン 演奏/ショーグン&グランド・シンフォニック・オーケストラ 当時SHOGUNの所属はCBSソニーだったが、この曲のシングル、アルバムは日本コロムビアから発売されていた)

CM音楽[編集]

映画[編集]

  • 「蘇える金狼」音楽、主題歌(1979年)
  • 「龍の忍者」主題歌 -THE LEGEND OF THE NINJA-(作詞担当)(1982年
  • 「少林寺2」主題歌ハート・オブ・ライオン(ザ・グレート・カブキ名義)(1984年
  • 「ロンリーウェイ」主題歌(1984年

その他[編集]

エピソード[編集]

  • ケーシーがベトナムに派遣された1965年は、米軍のベトナム派遣が大規模に行われ、北爆も開始されるなど、ベトナム戦争が一気に激化を始めた年でもある。ケーシー自身も戦地で死線をくぐっており、この体験から現地で仏教徒となったという。
  • 自身の戦争体験を元に、1995年から寺院でコンサートを行い、平和を願う活動「平和への道」を全国で行なっていた。
  • 大の麺類、ラーメン好きであり、全国各地のラーメンに詳しかった。

脚注[編集]

外部サイト[編集]