ノート:せきしろ

ナビゲーションに移動 検索に移動

荒らしによる行為[編集]

荒らしにより、間違った情報が多々あります。 Bakasai会話) 2021年2月23日 (火) 05:58 (UTC)

半保護編集依頼[編集]

荒らしによる間違った情報のまま保護されているので直していただけると幸いです。

せきしろ1970年11月3日 - )は北海道常呂郡出身の男性作家自由律俳句俳人コラムニストA型北海道北見北斗高等学校卒業。福島大学中退 Bakasai会話) 2021年2月23日 (火) 06:26 (UTC)


  • コメント 明らかに編集依頼通りに対応して差し支えないと考える箇所に関して、一部対処しました(特別:差分/81981428)。
    • 生年の箇所は、本人Twitterからリンクされている公式サイトのプロフィール(外部リンク)で1970年生と書いてある以上、1968年生という記載は明らかな誤りと考え修正しました。
    • 出身地の箇所は、出身地がとある湖のように書かれているのは悪戯だろうこと、その湖の名前とよく似た町村が本当に出身地なのかも確信が持てないので(「せきしろ (町村名)」でGoogle検索してもWikipedia:信頼できる情報源がヒットしない)、今のところ郡までにしています。Bakasaiさんのご提案どおりになっているはずです。ただ、郡は記載すべきでしょうか?公式サイトのプロフィールは北海道出身のみです。とはいえご本人のツイート(外部リンク)では、当該郡内の町村を故郷として発言なさっていますし、「北海道」以下を非公開となさっているわけではなさそうです。
    • 血液型は、大手業者(amazonや紀伊國屋書店)による著書の販売サイトを見る限りでは、少なくとも修正前の版の内容は誤りの可能性が高いかと思います。著書の著者紹介の箇所で出典はつけられそうにも思えます(原本を見ていないので確信は持てませんが)。ただ、今のところBakasaiさんのご提案どおりになっているはずです。
    • 学歴は、大学で少なくとも医学部というのは誤りだろうと思いますので除去しました(本文側で提示されている出典で別の学部が書かれていますし)。これと一緒に、本文で明らかに変な内容があったのでそこも修正しています。高校のコースに関する言及ですが、ご本人はプロフィールで出身高校を公開されている以上、高校の記載自体がプライバシー侵害とはいえず、コースが合っているのか否か、検証可能か否かが問題かと思います。何かしら調べて出典追加で対応できる話なのかそうではないのか即断できず(高校名までではなくコースも書くことが本人を説明する上で重要なのか否かも考える必要はあるように思いますが)、出典がない状況でコースが書かれていることは良くないかと思いますので、1週間経っても適切な出典提示がなければコースの記載は除去します。
    • 既存の注釈は除去すべきとお考えでしょうか?もし除去すべきとお考えであれば、その旨コメントしていただければ少し確認期間をおいて除去したいと思います。--郊外生活会話) 2021年2月23日 (火) 07:24 (UTC)
      • 一部 対処 コースに関する記述は、1週間経っても適切な出典提示がなかったため除去しました。--郊外生活会話) 2021年3月3日 (水) 04:23 (UTC)

半保護編集依頼[編集]

荒らしによる事実ではないことが残ったまま保護されています。

『自由律俳句』の箇所に掲載されている俳句がどれも本人のものではありません。 また「せきしろ氏の自由律俳句は、季語を用いて五七五の十七音で構成されることが多い」の記述は定型俳句の定義であって自由律俳句のものではありません。 このまま残っていると本人の創作活動の妨害になると考えられます。 よって『自由律俳句』の箇所は削除ていただきたく思います。

また、以下は荒らされる前のものが正確かと思われます。 以降、荒らしが続き、事実ではない記述が残っているようです。 変更をお願いします。--以上の署名の無いコメントは、Bakasai会話投稿記録)さんが 2021-02-23T08:10:41(UTC) に投稿したものです(郊外生活会話)による付記)。

来歴[編集]

父親は教師で、道東を転々として育つ[1]

少年時代はラジオテレビが好きであった。中学3年生頃からGAUZEなどハードコア・パンクバンドに夢中になり、高校時代は「傷害致死」という名前のバンドを組んでいた。THEE MICHELLE GUN ELEPHANTクハラカズユキは同じ高校の1年先輩であり[1]、文化祭でそれぞれバンドをしていた。またアイドルも好きで、一番好きだったのは姫乃樹リカであった。その他にプロレスや『別冊マーガレット』も愛好していた[2]渡辺真也は同級生だったという[3]

親には受験浪人を続けていると嘘をついて千葉県松戸市に住み、東京のアイドルイベント通いに熱中する。またその頃からラジオ番組に投稿を始める。親に嘘をつききれなくなり、21歳で福島大学教育学部に入学[4]。しかしテレビゲームに熱中しすぎて朝起きられずに必須の教育実習をすっぽかしてしまい、全てを投げ出して山形県の温泉宿にて住み込みのアルバイトを始める。その後ハガキ職人時代の伝手で再上京し、構成作家を目指す。伊集院光のラジオ番組で作家見習い[5]を経て、椎名基樹の紹介で「SPA!」の連載「バカはサイレンで泣く」を始める。

やがてバッファロー吾郎Aピース又吉直樹南海キャンディーズ山里亮太THE GEESE鬼ヶ島のアイアム野田、R藤本らと深い親交を持つようになる。ユーモア軍団に正式メンバーとして参加。2006年に初の単著『去年ルノアールで』を出版。又吉直樹と共著で自由律俳句集『カキフライが無いなら来なかった』を出版し、又吉のデビュー著作となる。

2017年、劇団せきしろを旗揚げ。アイアム野田、THE GEESE尾関、や団・本間キッドなどが参加する。[6]

人物[編集]

書籍[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • Tシャツ先生(アスペクト、1997年) 山田ゴメス共著
  • バカはサイレンで泣く(扶桑社、1998年) 天久聖一椎名基樹共著
  • カキフライが無いなら来なかった(幻冬舎、2009年/文庫版、2013年) ピース又吉直樹共著
  • バカはサイレンで泣く'09(扶桑社、2009年) 天久聖一、椎名基樹共著
  • ダイオウイカは知らないでしょう(マガジンハウス、2010年/文庫版・文藝春秋、2015年) 西加奈子共著
  • まさかジープで来るとは(幻冬舎、2010年/文庫版、2014年) ピース・又吉直樹共著
  • 煩悩短篇小説(幻冬舎、2011年) バッファロー吾郎A共著
  • 偶然短歌(飛鳥新社、2016年)いなにわ共著
  • 蕎麦湯が来ない(マガジンハウス、2020年) ピース・又吉直樹共著[10]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

ゲーム[編集]

脚注

半保護編集依頼対処報告・コメント[編集]

私自身も記載内容・依頼内容の妥当性を確認しながら編集していますので、対応に時間がかかっています。今しばらくお待ちください。

  • 報告 先ほどせきしろ#来歴の修正を行いました。概ねBakasaiさんの原案通りです。ただ即時対処できない箇所は除いて対処しています。既存内容は出典の内容と矛盾する内容、無出典記述、WP:NOTRSと思われる情報源による記述、出典が明らかに不適切な内容(2021年のできごとの出典を2017年の発行情報源にするなど)もみられていますので、それらの記述は基本的に除去しています(Wikipedia:存命人物の伝記も踏まえています)。ただ、既存内容とご提案の内容が矛盾し、かつ出典情報源が示されていない箇所に関してはいちど除去している箇所があります。具体的には、せきしろさんの育った場所に関してです。父親が学校教員(出典の内容を踏まえると中学か高校)で日本全国を移るような記述は不自然に考えます。公立教員であれば異動があるので都道府県内での移動はあれど全国規模で移動するのだろうか。私立だともっと同じ学校での勤務がもっと長いように思います。ただ、「道東を転々として育つ」という記述も、ご提示の情報源には書かれていないと思います。内容に関してWikipedia:検証可能性を満たさないように思えるので即時対処は難しいです。もちろん、適切な情報源を示していただければ追加します。仮に私の読み誤りでしたらその旨ご指摘ください。あとは概ねご依頼通りかと思います。--郊外生活会話) 2021年2月23日 (火) 10:59 (UTC)
  • 報告 せきしろ#人物も一部対処しました。出典の内容と矛盾する内容、週刊誌を典拠とした記述、WP:TVWATCHの類の記述は即時除去しています。事務所の記述なのですが{{要検証}}を貼りました。その記述が合っていれば「せきしろ ザ・森東」で検索すれば公式サイトなりニュース記事なりがヒットするかと思いますが、ヒットしないのが気になります。ザ・森東に「せきしろ」が書かれているのですがそちらにも典拠はありません。この内容は誤っているという認識でよいでしょうか?それで問題なければ除去します。ただし、箕輪はるかさんに関する記述は記事への反映を保留しています。最初の読点までの部分であれば他にも情報源がありますが、その後のネガティブな内容の出典が週刊誌だけというのはWikipedia:存命人物の伝記#当人はプライバシー尊重を望んでいると推定するの観点から好ましくないと考えています。その報道が他の媒体でも報道され、その情報の重要性が示されれば書けるかもしれませんが、今の状況では記事に記載するべきではない(仮に既に書かれていたとしても除去すべき)状況と考えます。愛読している方として横光利一が挙げられていましたが、ご提示の出典に書かれていないと思います(書かれているのは沢木耕太郎さん)。とりあえず、横光利一さんについては記載せず「など」で書いていますが、沢木耕太郎さんに変更すべきでしたらそのように修正します。横光利一さんに関する他の情報源があれば、提示していただければ対応します。--郊外生活会話) 2021年2月23日 (火) 11:42 (UTC)
    • 報告 {{要検証}}を貼りましたが適切な出典提示、ノートでのコメント等はありませんでした。事務所に関する記載は除去しました。--郊外生活会話) 2021年3月3日 (水) 04:23 (UTC)
  • コメント せきしろ#エピソードの記述の一部は除去しましたが、記事全体のWikipedia:検証可能性に問題があります。Bakasaiさんがノートページでエピソード節に関して記載されていないということはエピソード節は除去すべきということでしょうか?ただ記事内容に関してWikipedia:検証可能性に問題があるのは確かだと思いますので、適切な出典提示がなければ1週間後(通常のWikipedia:合意形成期間が経ってから)にセクション全体を除去します。--郊外生活会話) 2021年2月23日 (火) 11:56 (UTC)
    • 対処 1週間経ちましたが、適切な出典提示、ノートでのコメント等はありませんでした。セクションごと除去しました。--郊外生活会話) 2021年3月3日 (水) 04:23 (UTC)
  • コメント 自由律俳句の説明は明らかに不自然だと思います。脚注はありますがWP:TVWATCHの類であり出典として不適切です。具体的な句の部分も出典が提示されていませんし、そもそもどなたかの俳句であるならば著作権的に問題ないのかという疑問もあります。掲載して問題ないと考えられる十分な根拠が示されない限り、これも1週間後に除去します。--郊外生活会話) 2021年2月23日 (火) 12:04 (UTC) コメント場所変更--郊外生活会話) 2021年2月23日 (火) 14:09 (UTC)
    • 対処 1週間経ちましたが、適切な出典提示、ノートでのコメント等はありませんでした。セクションごと除去しました。--郊外生活会話) 2021年3月3日 (水) 04:23 (UTC)
  • 報告 せきしろ#書籍 概ねご依頼どおりに対応しました。誤情報に関しては除去しています。ただ、「バベル(マガジンハウス、2006年)」という書籍は実在しますか?Google検索と国立国会図書館サーチで検索したのですがヒットしませんでした。何かと間違えられていませんか?確認していただけると幸いです。--郊外生活会話) 2021年2月23日 (火) 12:40 (UTC)
  • 対処 せきしろ#テレビ番組, せきしろ#ラジオ番組, せきしろ#ゲームに関して、ご依頼の通りで問題ないことを私のほうでも確認し反映しました。除去したものは、せきしろさんが関わっていないと思われるものは除去しています。本当に関わっているものであれば「(タイトル) せきしろ」で検索すればヒットするでしょうがヒットしない時点で誤りの可能性が高いと考えます。--郊外生活会話) 2021年2月23日 (火) 12:57 (UTC)
  • コメント せきしろ#評価の声の内容は除去するべきでしょうか?そもそも無出典という問題があるのもそうですが、なぜ柔道家の発言が掲載されているのか(作家などの活動とは異なる分野かと思います)、画集の話があるのか疑問が残ります。でも2番目のコメントに関しては明らかに変とまでいえないので即時除去もためらうところです。(単に私が主題に詳しくないからなだけかもしれませんが)--郊外生活会話) 2021年2月23日 (火) 14:22 (UTC)
    • コメント 1番目と3番目の内容は除去し、{{出典の明記}}を貼りました。適切な出典提示がなされなければ2番目の記述も除去されるでしょう。--郊外生活会話) 2021年3月3日 (水) 04:23 (UTC)