スーパー魂斗羅 エイリアンの逆襲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スーパー魂斗羅
エイリアンの逆襲
ジャンル アクションシューティング
対応機種 アーケード
開発元 コナミ開発1課
発売元 コナミ
プロデューサー 廣下宏治
ディレクター 辻本英之
シナリオ 辻本英之
音楽 村岡一樹
古川元亮
美術 中村健吾
シリーズ 魂斗羅シリーズ
人数 1 - 2人(同時プレイ)
メディア 業務用基板
(2.66メガバイト
稼働時期 日本 198801081988年1月8日
アメリカ合衆国 1988年
ヨーロッパ 1988年
対象年齢 日本 CEROA(全年齢対象)
アメリカ合衆国 ESRBE10+(10歳以上)
ヨーロッパ PEGI7
コンテンツ
アイコン
アメリカ合衆国 Fantasy Violence
デバイス 8方向レバー
2ボタン
CPU KONAMI (@ 3 MHz)
サウンド Z80 (@ 3.580 MHz)
YM2151 (@ 3.580 MHz)
K007232 (@ 3.580 MHz)
ディスプレイ ラスタースキャン
縦モニター
288×224ピクセル
60.00Hz
パレット1024色
その他 型式:GX775
テンプレートを表示

スーパー魂斗羅 エイリアンの逆襲』(スーパーコントラ エイリアンのぎゃくしゅう)は、コナミから1988年に稼働されたアーケードゲーム。『魂斗羅』シリーズの第2作にあたる。北米、欧州版のタイトルは『Super Contra』。

概要[編集]

魂斗羅』(1987年)の続編。前作では序盤は謎の軍隊との戦いで、終盤にてその正体がエイリアンということが判明したが、本作では序盤からエイリアンが正体を隠さずに登場する。

前作はサイドビューの横スクロール、奥方向への疑似3Dステージ、サイドビューの縦スクロールと3種類のステージがあったが、本作ではサイドビューの横スクロールステージ(坂道があり上下にも若干スクロールする)とトップビューの縦スクロールステージの2種類に大別される[1]。トップビューのステージではジャンプや伏せができず、ジャンプボタンでシェルを使用する(使用回数に制限あり)。

ステージ中、特定の場所でカプセルが飛来し、これを打ち落とすとパワーアップアイテムが落ちてくる[1]。同じ武器を2度取るとさらにパワーアップするようになったり、ジャンプ中にレバー上下で高さを調節できたりといった変更がなされている。これに伴いラピッドビレッツ[2]は廃止された。

設定[編集]

ストーリー[編集]

ガルカ諸島を拠点にしていたレッド・ファルコン軍の正体は、エイリアンであった。そのエイリアンたちをビルとランスら2人の「魂斗羅」が倒してから、1年が過ぎた。

西暦2634年12月、再びエイリアンたちが地球を襲う。「魂斗羅」は再びエイリアンを倒すため、ヘリコプターに乗って出撃する。

ステージ構成[編集]

STAGE 1「連邦軍施設跡」
STAGE 2「連邦軍基地内」
STAGE 3「密林ジャングル」
STAGE 4「エイリアン1」
STAGE 5「エイリアン2」

他機種版[編集]

一覧[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 日本 スーパー魂斗羅
アメリカ合衆国 Super C
ヨーロッパ Probotector II: Return of the Evil Forces

日本 199002021990年2月2日
アメリカ合衆国 1990041990年4月
ヨーロッパ 1992年
ファミリーコンピュータ コナミ開発2課 コナミ 2メガビットロムカセット[3] 日本 KDS-UE
アメリカ合衆国 NES-UE
ヨーロッパ NES-PD
-
2 Super C
アメリカ合衆国 1990年
Amiga
PC/AT互換機
コナミ コナミ フロッピーディスク - -
3 Konami Collector's Series
Castlevania & Contra 

アメリカ合衆国 200211162002年11月16日
Windows コナミ コナミ CD-ROM - -
NES版の移植
4 スーパー魂斗羅
Xbox Live Arcade
INT 200707252007年7月25日
Xbox 360 KDE KDE ダウンロード - -
アーケード版の移植
5 日本 スーパー魂斗羅
アメリカ合衆国 Super C
ヨーロッパ Probotector II: Return of the Evil Forces

バーチャルコンソール
アメリカ合衆国 200708272007年8月27日
ヨーロッパ 200710122007年10月12日
日本 200802122008年2月12日
Wii KDE KDE ダウンロード - -
ファミリーコンピュータ版の移植
6 Super魂斗羅
コナミネットDX
日本 200803052008年3月5日
FOMA900i/703iシリーズ以降
iアプリ
KDE KDE ダウンロード - -
7 アメリカ合衆国 Contra 4
日本 魂斗羅デュアルスピリッツ

アメリカ合衆国 200711132007年11月13日
日本 200803132008年3月13日
ニンテンドーDS ウェイフォルワード KDE ダウンロード アメリカ合衆国 NTR-TCTE-USA
日本 NTR-P-YCTJ (RY079-J1)
-
NES版の移植
8 魂斗羅デュアルスピリッツ
コナミ・ザ・ベスト
日本 200903122009年3月12日
ニンテンドーDS ウェイフォルワード KDE ダウンロード NTR-P-YCTJ (RY079-J2) -
廉価版
9 Konami Classics Vol.1
アメリカ合衆国 200912152009年12月15日
Xbox 360 KDE KDE DVD-ROM 30085 -
アーケード版の移植
10 SUPER魂斗羅
バーチャルコンソール
日本 201210102012年10月10日
ニンテンドー3DS KDE KDE ダウンロード - -
ファミリーコンピュータ版の移植
11 SUPER魂斗羅
バーチャルコンソール
日本 201403052014年3月5日
Wii U KDE KDE ダウンロード - -
ファミリーコンピュータ版の移植

ファミリーコンピュータ版[編集]

概要[編集]

1990年にはファミリーコンピュータにアレンジ移植された。サブタイトルのない『Super魂斗羅』となっている。ハードの性能差から色数は少なくなり、同時発音数も少なくなっている。アーケード版は縦画面だったが、横画面になっている。アーケード版にあった2段階パワーアップやジャンプ高度の調整は削除されている。パワーアップアイテムもイニシャルに羽のついたもので、ファミリーコンピュータ版『魂斗羅』のシステムに近い。イニシャルがないものは、画面内の敵を全滅させる効果を持つ[1]パワーアップの種類が若干異なるほか、ステージ構成も異なる。一部のステージやボスが削除され、代わりにオリジナルキャラクターやステージが追加されている。総じて移植版というよりは新作に近い内容になっている[1]。 北米版(NES)のタイトルは『Super C』。ヨーロッパおよびオーストラリア版は『Probotector II: Return of the Evil Forces(プロボテクター2 リターン オブ ジ イビル フォーシス)』となっており、敵も味方もロボットに変更されている。

アイテム[編集]

ノーマルガン
ゲーム開始時、もしくはミスした直後に持っている武器。3連射まで可能だが、威力は低い[1]
マシンガン
オートで4連射が可能。イニシャルはM。威力はそれなりだが、きちんと狙えば十分実用に耐え得る[1]
スプレッドガン
イニシャルはS。一度の射撃で放射状に5発の弾を発射する。攻撃範囲がとても広く、ゲーム内屈指の使い勝手と威力を誇る[1]
ファイア・ボール
イニシャルはF。敵や障害物に当たると4方向に破裂する。ため打ちも可能であり、その場合は8方向に弾が拡散する。威力は絶大[1]
レーザーガン
イニシャルはL。貫通力のあるレーザーを発射する。威力は高いが連射ができない[1]
ラビット・ビレッツ
前述のとおりファミコン版のみに登場するアイテム。イニシャルはR。弾の飛ぶ速度がアップする。レーザーガンに対しては効果がない[1]
バリア
イニシャルはB。取るとプレーヤーの体が点滅し、しばらくの間敵や弾に対して完全に無敵になる[1]

スタッフ[編集]

アーケード版
  • ディレクター、ライター:辻本英之
  • アシスタント・ディレクター:K.WADA
  • アソシエイト・ディレクター:S.FUJIWARA、近藤隆司
  • プロダクション・サウンド・ミキサー:Y.UNO
  • 音楽:村岡一樹、古川元亮
  • アート・ディレクター:中村健吾
  • セット・ディレクター:M.SUGITA
  • タイトル:H.TAKANASHI、N.ISHII
  • メイクアップ・スーパーバイザー:M.MORIYAMA
  • コンセプチュアル・アーティスト:神保隆司
  • エレクトロニクス・デザイン:K.HASHIMA
  • パブリシティ・スーパーバイザー:F.SHIBUYA
  • スチール撮影:J.TANAKA
  • 翻訳:K.HAYASHI
  • プロデューサー:廣下宏治
ファミリーコンピュータ版
  • プログラマー:梅崎重治
  • グラフィック・デザイン:村木摂
  • サウンド・デザイン:前沢秀憲、坂倉雄一
  • スペシャル・サンクス:霜出健治、SUPER C TEAM
  • ディレクター:梅ちゃんチーム

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
AllGame 4/5stars (NES)[4]
ファミ通 25/40点 (FC)[10]
GameSpot 6.5/10点 (Wii)[5]
6.5/10点 (XBLA)[6]
IGN 7.5/10点 (Wii)[7]
5.7/10点 (XBLA)[6]
NintendoLife 8/10stars (Wii)[8]
Nintendo Power 4/5点 (Wii)[9]
ファミリーコンピュータMagazine 20.40/30点 (FC)[3]
Total! 91% (NES)[11]
ASM 8/12点 (NES)[12]
Eurogamer.net 5/10点 (Wii)[5]
4/10点 (XBLA)[6]
ファミリーコンピュータ版

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計25点(満40点)[10]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、20.40点(満30点)となっている[3][13]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.39 3.51 3.57 3.60 3.26 3.07 20.40

関連作品[編集]

『コナミ・ベスト・セレクション』(1989年
アーケードゲームのプレイ動画を収録したVHSビデオテープ。本作『スーパー魂斗羅 エイリアンの逆襲』の他、『悪魔城ドラキュラ』(1988年)、『サンダークロス』(1988年)の3作品を収録している。
エイリアンズ』(1990年
コナミの魂斗羅製作スタッフが本作に引き続き開発したアクションシューティングゲーム。20世紀FOXとの契約により本家『エイリアン2』(1986年)のゲーム化が実現した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピューターmagazine(徳間書店、2016年)38ページから39ページ
  2. ^ 弾速アップのアイテム。ファミリーコンピュータ版では復活。
  3. ^ a b c 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 29頁。
  4. ^ Kosydar, Aaron. “Super C - Review”. Allgame. 2013年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月24日閲覧。
  5. ^ a b Super Contra for Wii (2007) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年6月18日閲覧。
  6. ^ a b c Super Contra for Xbox 360 (2007) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年6月18日閲覧。
  7. ^ Super C Review - IGN”. Wii.ign.com. 2013年6月18日閲覧。
  8. ^ Super C (Wii Virtual Console / NES) Review”. Nintendo Life. 2013年6月18日閲覧。
  9. ^ “Super C”. Nintendo Power (11): 49. (March 1990). 
  10. ^ a b スーパー魂斗羅 まとめ [ファミコン] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年6月18日閲覧。
  11. ^ “Probotector II”. Total! (14): 48–49. (February 1993). 
  12. ^ Super Contra for NES (1990) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年6月18日閲覧。
  13. ^ ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピューターmagazine(徳間書店、2016年)7ページ

外部リンク[編集]