魂斗羅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
魂斗羅
Contra
ジャンル アクションシューティング
対応機種 アーケードゲーム
開発元 コナミ
発売元 コナミ
シリーズ 魂斗羅シリーズ
人数 1~2人(同時協力プレイ)
発売日 1987年
テンプレートを表示

魂斗羅』(コントラ)はコナミより1987年に発売されたアーケードゲーム。未来を舞台に特殊部隊『魂斗羅』の兵士が謎の軍隊と戦うアクションシューティングゲーム。ファミコンMSXなどにも移植され、魂斗羅シリーズとしてシリーズ化される。

機種ごとの特徴[編集]

アーケード版
1987年に発売。縦画面。ビルとランスの2人の魂斗羅が謎の軍団レッドファルコンと戦う。ジャングル(横)、BASE1(3D)、滝(縦)、BASE2(3D)、ツンドラ、敵基地、エイリアンズレアー(以上全て横)の全7エリア。ツンドラから敵基地、エイリアンズレアーまではずっと横スクロール面でボスを倒してもシームレスで次のエリアに移行する。
ファミコン版
1988年2月9日に発売する。構成・システムに相違点がある。画面を横向きに変更されている。1つのステージがAC版に比べて長くなっており、敵基地は前半の炎地帯が「エネルギーゾーン」、後半が「ハンガー」と別のステージになった。また、ステージ開始時やステージクリア時に幕間デモが表示されるようになった。また、罠などの種類が増え、敵の行動パターンも異なる。AC版はマシンガンとレーザーは銃器の形をしていたが、それぞれイニシアルの「M」と「L」に変更されている。3Dステージは横移動が無くなり、奥方向への1方向になっている。また、3Dステージの時間制限が撤廃された。一部の武器にあった16方向の射撃はなくなり、8方向の射撃になっている。
ほぼ同時に北米向けNES版も発売されているが、画面エフェクトがグレードダウンしている。
欧州版は1990年に発売、タイトルが"Probotector"に変更され、キャラクターもメカに変更されている。
PlayStation 2
2006年5月25日に発売された『オレたちゲーセン族』シリーズの1本。サントラCD、特典映像DVDが付属。
Xbox 360
2006年11月8日Xbox Live Arcadeで配信開始。オンライン協力プレイ・実績システムに対応している。
ニンテンドーDS
2007年3月15日発売の「コナミ アーケード コレクション」に収録。
PlayStation 4版
2016年8月10日アーケードアーカイブスとして発売。北米版の『CONTRA』も同時収録している。インターネットによるハイスコアランキングにも対応[1]
携帯電話版
コナミネットDXでアプリにて配信する。
MSX2<メガロムカセット>版
1989年5月26日発売(SCC搭載)。
3Dステージ有り。移植度が低い。
ライフが導入されていたりMSX2版オリジナルステージがあったりと大幅なアレンジが加えられている。画面はスクロールせず、固定画面の切り替え式(画面端に行くと次の画面に切り替わる)。1人プレイ専用。また、5方向攻撃のスプレッドガンが削除され、前後攻撃のリアガンが追加されている。銃器アイテムを取るとAC版はその武器に自動的に切り替わったが、MSX版は複数の武器から選択できるようになっている。また、イーグルマークのアイテムを取るとプレイヤーの耐久力、移動速度、ジャンプ力が上昇する。
2010年2月2日よりWiiの、2014年10月15日よりWii Uバーチャルコンソールにて配信されている。

ストーリー[編集]

西暦2631年に、ニュージーランド沖のガルガ諸島に隕石が落着した。そして2633年、このガルガ諸島に「レッド・ファルコン」という謎の軍隊の基地が発見された。レッドファルコンは人類滅亡を企んでいるとされ、地球海兵隊の司令部は熱い斗魂とゲリラ戦術を持つ闘志「魂斗羅」のビル・ライザーとランス・ビーンに基地破壊命令を下した。ランスとビルはガルガ諸島にヘリコプターで乗り込んだ。

アイテム[編集]

  • ラピッドビレッツ・・・弾速が早くなる。
  • マシンガン・・・押しているだけで弾を連射できるようになる。
  • スプレッドガン・・・前方5方向に扇状に銃弾を発射する。
  • レーザーガン・・・直線状に発射されるレーザー。連射は効かないが威力は高い。
  • ファイアボール・・・火の玉が円を描くように発射される。
  • バリア・・・一定時間無敵になる。
  • スペシャル・・・画面内の敵を全滅させる。ファミコン版のみ。

ステージ構成[編集]

エリア1
BGM・・・密林の戦い
サイドビュー、横スクロールのステージ。ジャングルで序盤は下は水になっている。水は落ちてもミスにはならず、下方向で潜ることができる。ボスは巨大センサー
エリア2
BGM・・・迷路要塞1
3Dのステージを奥に進んでいく。途中で左右に進むシーンもある。ボスは巨大な目玉のようなガルマキルマ。
エリア3
BGM・・・流血の滝
サイドビュー、縦スクロールのステージ。滝を上へ上へと進んでいく。落石もある。画面外に落下するとミスになる。ボスはエイリアンゲート。
エリア4
BGM・・・迷路要塞1
3D迷路基地。ボスは分身する分幻鬼ゴドムガー。
エリア5
BGM・・・氷の要塞
サイドビュー、横スクロールのステージ。雪原地帯。木陰からグレネードが飛んでくる。中ボスは銃装甲掃討車ドグラ。ボスは高速半重力ホバー・グルタフ
エリア6
BGM・・・炎の要塞
サイドビュー、横スクロールのステージ。敵基地。炎が噴き出したり、トロッコなどの仕掛けがある。ボスは兜鬼巨神兵ゴルデア
エリア7
BGM・・・戦慄の鼓動
サイドビュー、横スクロールのステージ。有機物のような背景。中ボスは天王鬼竜神ギャバ。ボスは天王創魔心ゴメラモスキング。

脚注[編集]

外部リンク[編集]