コントラ (ゲームボーイ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コントラ
ジャンル アクションシューティング
対応機種 ゲームボーイ
開発元 コナミ開発三部
発売元 日本 コナミ
アメリカ合衆国 Ultra Games
ヨーロッパ Palcom Soft
プログラマー 萩原徹
早野由香里
音楽 船内秀浩
美術 木村幸一
シリーズ 魂斗羅シリーズ
人数 1人
メディア 1メガビットロムカセット[1]
発売日 日本 199101081991年1月8日
アメリカ合衆国 1991021991年2月
ヨーロッパ 199105211991年5月21日
その他 日本 DMG-CNJ
アメリカ合衆国 DMG-CN-USA
ヨーロッパ DMG-CN-NOE
テンプレートを表示

コントラ』 (CONTRA) は、1991年1月8日コナミから発売されたゲームボーイアクションゲーム。『魂斗羅』シリーズの1つ。

北米では『Operation C』(オペレーション・シー)、欧州では『Probotector』(プロボテクター)のタイトルで発売された。

概要[編集]

本作はタイトルが『コントラ』となっているが、アーケード『魂斗羅』(1987年)の移植作ではなく、『スーパー魂斗羅』(1988年)に続くオリジナル作品である。シリーズ作品の時系列としては『スーパー魂斗羅』と『魂斗羅スピリッツ』(1992年)の間にあたる。

ゲームボーイというハードスペックでは劣る機種でのリリースながら、ステージを駆け巡り迫り来る敵を次々と撃破していく従来のゲームデザインを実現している。基本的なゲーム操作やパワーアップ要素などは従来通りで、各武器に標準でボタンを押し続けることによるフルオート連射が可能となり、武器は敵を追尾するホーミングガンが追加され、レーザーガンは削除されている。なお、フルオート連射が標準装備という仕様はこれ以降のシリーズの多くで採用されることになった。1人プレイ専用のため、プレイヤーキャラクターはビルのみでランスは登場しない。

後に発売された『コナミGBコレクション VOL.1』(1997年)に収録されている。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

全5ステージの2Dアクションゲーム。奇数面はサイドビューで偶数面はトップビューとなる。シリーズで初めてステージセレクト機能を備えている。

武器[編集]

マシンガン
初期装備。フルオート連射が可能。
スプレッドガン
3方向に拡散する。2回取るとパワーアップし5方向に拡散するようになる。
ファイアガン
炎の塊を放つ。敵に当たると拡散する。
ホーミングガン
敵を追尾する3つの弾を発射する。

設定[編集]

ストーリー[編集]

2度に渡るエイリアンの侵略を退け、人類にようやく平和が訪れたかに見えた。しかし世界征服を目論む某超大国はエイリアンを復活させ、生物兵器として利用する計画を立て始めていた。その情報を掴んだ連邦軍の指令により、ビルは計画を阻止するため単身敵基地に乗り込むのだった。

ステージ構成[編集]

AREA 1「軍港」
  • サイドビューの横スクロール面。海に面した港のステージ。
AREA 2「敵基地外部」
  • トップビューの縦スクロール面。戦車などが登場する。
AREA 3「山林地帯」
  • サイドビューの横スクロール面。密林の中を進むステージ。
AREA 4「敵基地内部」
  • トップビューの縦スクロール面。エイリアン軍団が登場する。
AREA 5「敵基地内部エイリアン研究所」
  • サイドビューの横スクロール面。再びエイリアン軍団と戦うステージ。

登場キャラクター[編集]

ボスキャラクター[編集]

小型ミサイル潜水艦「ノウエイ」
装甲車両「タッカー」
武装トラック「グーチー」
大型装甲車両「カーギィ」
カザート408
反重力武装車カザート408
旧生命実験用プラント「ギワーラ」
護衛用2足歩行型兵器「ハヤノス614」

他機種版[編集]

No. 発売日 対応機種 タイトル 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 備考
1 日本 199709251997年9月25日
ヨーロッパ 2000年
日本 ゲームボーイ
ヨーロッパ ゲームボーイカラー
日本 コナミGBコレクション VOL.1
ヨーロッパ Konami GB Collection Vol.1
KCEジャパン
トーセ
コナミ ロムカセット 日本 DMG-AJIJ-JPN
ヨーロッパ DMG-AF5P-EUR
- -

スタッフ[編集]

  • プログラマー:萩原徹、早野由香里
  • グラフィック・デザイナー:木村幸一
  • サウンド:船内秀浩
  • スペシャル・サンクス:松田浩史、KUROKOTAI、FC CONTRA TEAM

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 25/40点[2]
ファミリーコンピュータMagazine 20.76/30点[1]
Nintendo Life 8/10点[3]
  • ゲーム誌『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、20.76点(満30点)となっている[1]。また、同雑誌1991年5月10日号特別付録の「ファミコンロムカセット オールカタログ」では、「シンプルだけに純粋にアクションが楽しめるゲームだ」と紹介されている[1]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.49 3.51 3.68 3.58 3.36 3.14 20.76

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「5月24日号特別付録 ファミコンディスクカード ゲームボーイ スーパーファミコン オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第10号、徳間書店1991年5月24日、 130頁。
  2. ^ a b コントラ まとめ [ゲームボーイ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年2月11日閲覧。
  3. ^ Wahlgren, John (2009年8月14日). “Operation C Review - GB”. Gamer Network. 2016年9月19日閲覧。

外部リンク[編集]