ザ・ワンダース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジ・エコーズから転送)
移動先: 案内検索
ザ・ワンダース
別名 ジ・エコーズ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
ポップス
歌謡曲
活動期間 1967年 - 1969年
2010年
レーベル テイチク
事務所 日本音楽出版社(日音)
共同作業者 和田昭治(元デューク・エイセス)
村上司(日音)
メンバー 栗敏夫
朝紘一(朝コータロー)
尾崎紀世彦

ザ・ワンダース(THE WONDERS)は、1967年に結成された日本コーラス・グループグループ・サウンズである。「すばらしい人たち」という意味と、彼らのコーラス指導をした和田昭治の名字から「ザ・ワンダース」と命名された。

テイチクレコード専属歌手という契約上、他社ではジ・エコーズ名義でアニメソング軍歌をレコーディングしている。

1969年に解散。

メンバー[編集]

※5人編成の時期がある。

来歴[編集]

1966年頃、四国で行われたジョイントライブで「ジミー時田とマウンテンプレイボーイズ」の尾崎と、「ザ・タドポールズ[3]」の朝と栗が知り合う。同年代ということで打ち解け、音楽で意気投合した三人は1967年1月10日グループを結成、ジャズ喫茶米軍キャンプでの演奏を中心に音楽活動をスタートさせた。ウォーカー・ブラザーズザ・ビートルズのカバー曲を歌っていたが、日音のプロデューサー・村上司にスカウトされ、1967年8月にシングル「明日への道」とアルバム『ニューカマー・ザ・ワンダース』の同時リリースでデビューする[4]

ウルトラセブン』の音楽制作担当プロデューサーの木山貢吉(日音)が、主題歌と挿入歌をテイチクからデビュー直後のザ・ワンダースにキャスティングした。だが、この曲は日音が原盤製作し、各レコード会社へ音源貸出方式を採っていたため、テイチクレコードとの契約上「ザ・ワンダース」という名称を使用できなかった。そこでプロデューサーの村上と木山が「ジ・エコーズ」と名付け、発売に至った[5]

ザ・ワンダースとしてライブ活動し、テレビ主題歌等をジ・エコーズ名義で歌っていたが、グループ・サウンズブームに翳りが見えた1969年秋、村上が三人に、思うような結果が出ないのでグループを解散し、栗は音楽制作のスタッフに、朝は作詞家に、そして尾崎はソロボーカリストになってはどうかと提案した。将来を考え三人はグループ解散を受け入れた[4]

解散後[編集]

栗敏夫

歌手を引退し、日音の音楽制作スタッフとなる。

朝紘一

ヒデ夕樹の「ソウルフル・ブラッズ」に参加。1973年、「ヒデとコータロー」を結成する。ソロでは「朝紘太郎」「朝コータロー」「朝礼志」名義がある、日立グループ日立の樹」(CMソング)、『スーパーロボット レッドバロン』主題歌、映画『GOEMON』やテレビ番組のナレーション声優ボイストレーナーなど、活動の幅を広げた。

尾崎紀世彦

ナイトクラブで弾き語りを始め、ソロデビューを薦める村上がその店に日参することとなる。ソロとなって、栗とは歌手とプロデューサーとして、朝とは同じステージで活動することも多かった。

再結成[編集]

2010年7月末、仙台放送の特別企画DVD『懐かしのせんだい・みやぎ映像集 続・昭和の情景』で再結成し、オリジナルテーマソング「ぐいぐい走れ仙石線」と挿入歌の「ウルトラセブンの歌」を歌った。「ウルトラセブンの歌」は、当時のメンバーによる43年ぶりのセルフカバー(オリジナル・カラオケを使用)で、本来の「ザ・ワンダース」名義では初のリリースとなった。ちなみに1回目の「セブン」が朝コータロー、2回目の「セブン」が小栗俊雄、3回目の「セブン」が尾崎紀世彦である[6]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • 「明日への道」(1967年8月1日、2014年[7])作詞・作曲:和田昭治
    B面:「遠い思い出」作詞・作曲:和田昭治
  • 「霧と恋」(1967年10月1日、2014年[7])作詞:橋本淳、作曲:すぎやまこういち
    B面:「悲しくて」作詞:和田昭治、作曲:和田昭治
  • 「赤い花びら」(1968年3月、2014年[7])作詞:橋本淳、作曲:筒美京平
    B面:「愛して行こう」作詞:岩谷時子、作曲:いずみたく
  • マサチューセッツ」(1968年4月、2014年[7])作詞:なかにし礼、作曲:Barry, Robin&Maurice Gibb (ビージーズの日本語カバー)
    B面:「ロック天国」作詞:朝紘一、作曲:Stooky, Mason, Dixon (ピーター・ポール&マリーの日本語カバー)
  • 「キャプテン・スカーレット」(1968年5月、2014年[7])作詞:見尾田瑞穂、作曲:バリー・グレイ(『キャプテン・スカーレット』イメージソング)
    B面:「とべよ!エンゼル」作詞:吉田央、作曲:筒美京平(『キャプテン・スカーレット』イメージソング)
  • 「僕のマリア」(1968年7月、2014年[7])作詞:奥成達、作曲:和田昭治(奥成達の作詞家デビュー作)
    B面:「ワン・モアー・チャンス」作詞:朝紘一、作曲:和田昭治
  • グリーン・ベレー」(1968年8月、2014年[7])作詞:漣健児・なかはらひろと、作曲:バリー・サドラー
    B面:「ハトの来ない朝」作詞:みおたみずほ、作曲: 和田昭治
  • 「孤独の夕陽」(1968年12月20日)作詞:みおたみずほ、作曲:渡辺岳夫、編曲:松山茂 (テレビ時代劇黒い編笠』主題歌)
  • 「ばくはつ五郎」(1970年)作詞:橋本淳、作曲:和田昭治(テレビアニメばくはつ五郎』オープニングテーマ)[8]
    「涙はともだち」 作詞:橋本淳、作曲:和田昭治(テレビアニメ『ばくはつ五郎』エンディングテーマ)
    青空学園校歌「さくらが光る時計台」 作詞:山上路夫、作曲:筒美京平(テレビアニメ『ばくはつ五郎』挿入歌)
    青空学園応援歌「燃えろ青春」 作詞:山上路夫、作曲:筒美京平(テレビアニメ『ばくはつ五郎』挿入歌)
  • 「誠之介武芸帳」(1969年6月)作詞:伊上勝、作曲:冬木透、作曲:林一(テレビ時代劇『妖術武芸帳』主題歌)

コーラス

アルバム[編集]

その他[編集]

  • DVD『懐かしのせんだい・みやぎ映像集 続・昭和の情景』(2010年9月18日)特典CD
    「ぐいぐい走れ仙石線」 作詞:藤公之助、作曲:冬木透
    「ウルトラセブンの歌」 作詞:東京一、作曲・編曲:冬木透

ジ・エコーズ名義[編集]

出演[編集]

テレビ

  • ヤング720TBS
  • 音楽の花ひらく(NHK
  • 私達の演奏会(NHK)
  • 昼の軽音楽(NHK)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ シングル「赤い花びら」歌詞カードに掲載されたプロフィール。
  2. ^ 偲ぶ会参列者に尾崎家から配布されたCD「~Thank You for the Memories~」 Kiyohiko Ozaki January 1, 1943 ~ May 30, 2012 - 尾崎紀世彦ファンサイト 2012年9月16日閲覧
  3. ^ 女性1人男性4人のコーラスグループで、ヒデ夕樹も在籍していた。ザ・ピーナッツ等のバックコーラスを担当。
  4. ^ a b 2009年5月8日広島エフエム放送「食卓on楽」小栗俊雄出演の要約
  5. ^ 『懐かしのせんだい・みやぎ映像集 続・昭和の情景』ブックレット
  6. ^ 尾崎紀世彦、幻のバンドで「ウルトラセブン」復活秘話 - zakzak 2010年9月2日閲覧
  7. ^ a b c d e f g h i MEG-CD/ザ・ワンダース - オンデマンドCD復刻
  8. ^ 「ばくはつ五郎」1970年ーの青春学園アニメが、HDリマスター版でDVD-BOX発売 - アニメ!アニメ! 2016年2月23日閲覧
  9. ^ アルバム「GSウルトラ・レア・トラックス」ライナー・ノーツ閲覧。

関連項目[編集]