ジョシュ・ウィルソン (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョシュ・ウィルソン
Josh Wilson
クリーブランド・インディアンス (マイナー)
Josh Wilson.jpg
マリナーズ時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州ピッツバーグ
生年月日 (1981-03-26) 1981年3月26日(36歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1999年 MLBドラフト3巡目(全体86位)でフロリダ・マーリンズから指名
初出場 2005年9月7日
年俸 $650,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョシュア・アーロン・ウィルソンJoshua Aaron Wilson, 1981年3月26日 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州ピッツバーグ出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。MLBクリーブランド・インディアンス傘下所属。

高校時代に投手の経験があるため、それを買われてメジャーでも4試合に登板している(2016年終了現在)。

経歴[編集]

プロ入りとマーリンズ時代[編集]

1999年MLBドラフト3巡目(全体86位)でフロリダ・マーリンズから指名され、プロ入り。

2005年9月7日ワシントン・ナショナルズ戦でメジャーデビューを果たす。

ロッキーズ傘下時代[編集]

2006年1月6日コロラド・ロッキーズへ移籍した。この年は傘下のAAA級コロラドスプリングス・スカイソックスでプレーした。オフの10月15日FAとなった。

ナショナルズ時代[編集]

2006年11月8日にナショナルズと契約した。

デビルレイズ時代[編集]

2007年5月10日ウェイバーを経てタンパベイ・デビルレイズへ移籍した。6月8日のマーリンズ戦で8回裏にリリーフとしてマウンドに上がる。1イニングを0点に抑えるも、チームは14-8で敗れた[2]

デビルレイズ退団後[編集]

2007年12月3日にウェイバーでピッツバーグ・パイレーツへ移籍した。

2008年は開幕から傘下のAAA級インディアナポリス・インディアンスでプレーした。8月2日ボストン・レッドソックスへ移籍した。移籍後は傘下のAAA級ポータケット・レッドソックスでプレーした。オフの10月14日にFAとなった。12月5日アリゾナ・ダイヤモンドバックスと契約した。

2009年は11試合に出場した(うち1試合は投手として登板)。5月15日サンディエゴ・パドレスへ移籍した。6月7日のダイヤモンドバックス戦で18回表に投手としてメジャー3度目のマウンドに上がった。2アウトまで漕ぎ着けるが、マーク・レイノルズに勝ち越し3点本塁打を浴びて敗戦。

マリナーズ時代[編集]

2009年6月19日にウェイバーでシアトル・マリナーズへ移籍した[3]

2010年ジャック・ウィルソンの故障に伴って出場機会が増え、自己最多の108試合に出場したが打率.227・2本塁打・OPS.572に終わった。

2011年3月28日に自由契約となった。

マリナーズ退団後[編集]

2011年3月31日にダイヤモンドバックスとマイナー契約を結び、6試合に出場した。5月25日にウェイバーでミルウォーキー・ブルワーズに移籍し、斎藤隆の60日間の故障者リスト入りに伴い40人枠に入った。11月22日アトランタ・ブレーブスとマイナー契約を結んだ。

2012年は1年間傘下のAAA級グウィネット・ブレーブスでプレーした。12月17日にマイナー契約でダイヤモンドバックスに復帰。

2013年の開幕はメジャーで迎えたが、6月21日DFAとなった。残りのシーズンは傘下のAAA級リノ・エーシズでプレーし、10月1日にFAとなった。

レンジャーズ時代[編集]

2013年12月12日テキサス・レンジャーズとマイナー契約を結んだ[4]

2014年3月30日にレンジャーズとメジャー契約を結んだ[5]。開幕後は24試合に出場して打率.224・8打点・1盗塁と振るわず、5月8日にDFAとなった[6]5月11日に傘下のAAA級ラウンドロック・エクスプレスへ降格した。オフの10月にFAとなった[7]

タイガース時代[編集]

2015年1月12日デトロイト・タイガースとマイナー契約を結んだ[8]。開幕は傘下のAAA級トレド・マッドヘンズで迎え、6月3日にメジャー昇格した[9]6月20日ニューヨーク・ヤンキース戦では自身4度目の登板を果たし、1回1失点だった。7月7日にDFAとなった[10]9月8日に再びメジャー昇格した[11]。野手としては21試合に出場し、メジャー昇格後では自身初となる.300台の打率をマークした。守備では、一塁手を除く内野の各ポジションで守りに就いた。10月14日にFAとなった[12]

独立リーグ時代[編集]

2016年4月8日独立リーグアトランティックリーグヨーク・レボリューションと契約。120試合に出場して打率.255・8本塁打・39打点・14盗塁の成績を残した。

レンジャーズ傘下時代[編集]

2017年4月19日にレンジャーズとマイナー契約を結び、翌20日にAAA級ラウンドロックへ配属された[13]

インディアンス傘下時代[編集]

2017年6月1日にトレードで、クリーブランド・インディアンスへ移籍し、傘下のAAA級コロンバス・クリッパーズへ配属された[13]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2005 FLA 11 11 10 2 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 1 4 0 .100 .182 .200 .382
2007 WSH 15 25 19 3 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 5 0 1 6 0 .053 .280 .053 .333
TB 90 285 263 25 66 15 3 2 93 24 6 2 3 3 12 0 4 51 5 .251 .291 .354 .644
'07計 105 310 282 28 67 15 3 2 94 24 6 2 3 3 17 0 5 57 5 .238 .290 .333 .623
2009 ARI 11 30 26 1 6 1 0 0 7 2 0 0 0 0 3 0 1 3 2 .231 .333 .269 .603
SD 16 43 38 2 4 2 0 0 6 1 0 0 1 0 3 1 1 9 0 .105 .190 .158 .348
SEA 45 138 128 16 32 8 1 3 51 10 1 2 2 0 6 0 2 32 2 .250 .294 .398 .693
'09計 72 211 192 19 42 11 1 3 64 13 1 2 3 0 12 1 4 44 4 .219 .279 .333 .612
2010 108 388 361 22 82 14 2 2 106 25 5 0 0 1 14 0 12 74 6 .227 .278 .294 .572
2011 ARI 6 10 10 3 2 1 0 0 3 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .200 .200 .300 .500
MIL 54 82 75 10 17 4 0 2 27 4 1 0 3 0 4 0 0 21 0 .227 .266 .360 .626
'11計 60 92 85 13 19 5 0 2 30 5 1 0 3 0 4 0 0 22 0 .224 .258 .353 .611
2013 ARI 30 65 60 9 12 1 1 1 18 4 0 0 0 0 5 0 0 17 6 .200 .262 .300 .562
2014 TEX 24 72 67 7 16 4 0 0 20 8 1 0 2 0 2 0 1 14 3 .239 .271 .299 .570
2015 DET 21 41 38 4 12 3 0 0 15 5 0 0 1 0 0 0 2 15 1 .316 .350 .395 .745
MLB:8年 431 1190 1095 104 251 54 7 10 349 84 14 4 12 4 54 1 25 247 25 .229 .280 .319 .599
  • 2006年、2008年、2012年は試合出場なし。

年度別投手成績 (MLB)[編集]





















































W
H
I
P
2007 TB 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 5 1.0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0.00 2.00
2009 ARI 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 3 1.0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0.00 1.00
SD 1 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 7 1.0 3 1 1 0 0 0 0 0 3 3 27.00 4.00
'09計 2 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 10 2.0 3 1 2 0 0 0 0 0 3 3 13.50 2.50
通算:2年 3 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 15 3.0 4 1 3 0 0 0 0 0 3 3 9.00 2.33
  • 2013年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 20(2005年)
  • 12(2007年 - 同年途中、2014年)
  • 9(2007年途中 - 同年終了、2011年途中 - 同年終了)
  • 16(2009年 - 同年途中、2009年途中 - 2010年)
  • 14(2009年途中 - 同年途中)
  • 11(2011年 - 同年途中)
  • 10(2013年)
  • 39(2015年 - 同年途中)
  • 40(2015年途中 - 同年終了)

脚注[編集]

  1. ^ Josh Wilson Statistics and History” (英語). Baseball-Reference.com. 2014年1月18日閲覧。
  2. ^ Devil Rays vs. Marlins
  3. ^ Mariners Make Three Roster Moves
  4. ^ Why the Texas Rangers paid $12,000 to draft Seahawks quarterback Russell Wilson The Dallas News
  5. ^ “Texas Rangers announce 2014 Opening Day roster” (プレスリリース), MLB.com (Texas Rangers), (2014年3月30日), http://texas.rangers.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20140330&content_id=70458138&vkey=pr_tex&c_id=tex 2014年3月31日閲覧。 
  6. ^ “Rangers add INF's Luis Sardinas and Rougned Odor, along with RHP Justin Germano, to active roster; INF Donnie Murphy placed on disabled list” (プレスリリース), MLB.com (Texas Rangers), (2014年5月8日), http://texas.rangers.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20140508&content_id=74797990&vkey=pr_tex&c_id=tex 2014年3月9日閲覧。 
  7. ^ Players Who Have Elected Minor League Free Agency
  8. ^ Anthony Fenech (2015年1月12日). “Tigers sign infielder Josh Wilson to minor league deal”. Detroit Free Press. 2015年6月6日閲覧。
  9. ^ James Schmehl (2015年6月2日). “Hernan Perez claimed off waivers by Milwaukee Brewers; Detroit Tigers call up infielder Josh Wilson”. MLive. 2015年6月6日閲覧。
  10. ^ Chris McCosky (2015年7月7日). “Tigers' Josh Wilson designated for assignment” (英語). The Detroit News. http://www.detroitnews.com/story/sports/mlb/tigers/2015/07/07/tigers-josh-wilson-designated-for-assignment/29836521/ 2015年7月8日閲覧。 
  11. ^ Jason Beck (2015年9月8日). “Tigers call up 4, designate Fields”. MLB.com. 2015年9月10日閲覧。
  12. ^ James Schmehl (2015年10月15日). “Josh Wilson outrighted by Detroit Tigers, opts for free agency”. mlive.com. http://www.mlive.com/tigers/index.ssf/2015/10/josh_wilson_outrighted_by_detr.html 2015年10月27日閲覧。 
  13. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2017年6月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]