ディープ・ソウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サザン・ソウルから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

ディープ・ソウル (Deep Soul) とは、もともと英国で生まれた言葉で、米国黒人ソウル・ミュージックの中でもブルースやゴスペルの影響を受けたスロー・バラードや、ミディアムテンポの曲を意味する言葉として用いられる。南部ソウルの場合、カントリーからの影響も指摘されている。

概要[編集]

日本では、以前から黒人音楽の熱心なファンの間で、ディープ・ソウルという言葉が使われてきたが、英国などでの解釈とは若干異なるニュアンスで用いられてきた。日本では、南部生まれ北部育ちのシンガー(ウィルソン・ピケットなど)も含めた広い意味で、ゴスペルやブルース的な雰囲気を醸し出すソウルを指した。ディープ・ソウルの代表的なレーベルとしては、スタックス・レコード[1]、ゴールド・ワックス・レコード[2]、ハイ・レコード、フェイムなどがある。(参考:ディープ・ソウルの項目は、ウィキペディア英語版のサザン・ソウルの項目とリンクしている。)

代表的なディープ・ソウル・シンガー[編集]

リズム・セクション[編集]

  • Booker T. & the MGs
  • マッスル・ショールズ・リズム・セクション
    • Spooner Oldham – organ,piano
    • Roger Hawkins – drums

作曲家[編集]

  • ホーマー・バンクス
  • William Bell
  • J. Blackfoot (John Colbert)
  • Steve Cropper
  • Bettye Crutcher
  • Eddie Floyd
  • アル・グリーン
  • Carl Hampton
  • Isaac Hayes

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]