ジェイムス・カー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェイムス・カー
出生名 James Carr
生誕 1942年6月13日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミシシッピ州 コアホマ郡
死没 2001年1月7日(満58歳没)
ジャンル ソウルリズム&ブルース
職業 シンガー
レーベル ゴールド・ワックス・レコード
アトランティック・レコード
リバー・シティ・レコード
ソウルトラックス

ジェイムス・カー(James Carr, 1942年6月13日 - 2001年1月7日)はアメリカ合衆国のサザン・ソウルの歌手。

来歴[編集]

1942年6月13日、ミシシッピ州のコアホマ郡に生れる。彼がまだごく幼いころ、父親により多くの仕事が見込める環境を求めて一家は100㎞ほど離れたテネシー州のメンフィスに移り住んだ。[1][2]

6歳のころから教会の聖歌隊で歌い始めると次いでソロを任されるようになり、やがて The Harmony Echoes をはじめとして幾つかのゴスペル・グループで歌うようになる。[3]


ゴスペル・グループでの活動中、ジェイムスは終生深く関わることになるルーズベルト・ジャミソン(Roosvelt Jamison)と出会う。1963年、ルーズベルト・ジャミソンはゴールド・ワックス・レコード(Goldwax Records)を立ち上げたばかりであったクイントン・クランチ(Quinton Claunch)にジェイムスを紹介する。1964年、ゴールド・ワックス・レコードからシングル「The world is out (You don't want me)」でデビューした。[4][5]

ヒット曲は「You've got my mind messed up」(1966年)、「Pouring water on a drowning man」(1966年)、「The dark end of the street」(1967年)など。中でも「The dark end of the street」はソウル・バラードの名曲としてアレサ・フランクリンパーシー・スレッジグラム・パーソンズリンダ・ロンシュタットエルヴィス・コステロライ・クーダーなど数多くのアーティストによってカヴァーされている。ゴールドワックス時代に全14枚のシングルと2枚のアルバムを残した。


しかし1969年にゴールドワックスが営業を停止すると、続く70年代は、'71年にアトランティック・レコードから、'77年にリバー・シティ・レコードからそれぞれ一枚シングルレコードがリリースされただけで終わり、そして80年代、彼の姿は表舞台から完全に消え去っていた。
彼は長年にわたってうつ病に苦しめられていた。そのことが彼の人生と歌手としてのキャリアをきわめて不安定なものにした。1979年の日本ツアーでの失敗も抗うつ剤を過剰に服用してしまったことが原因だったと言われている。[6][7]


90年代に入ると活動が再開し、'91年にはクイントン・クランチが再び興したゴールドワックスからアルバム『Take Me To The Limit』が、'94年にはソウルトラックスからアルバム『Soul Survivor』がリリースされた。また国内外でのツアーも行われた。

しかし1997年、肺癌を患っていることが明らかになる。[8] 数年に及んで治療が続けられたが、2001年1月7日に58歳で彼はこの世を去った。

彼は現在メンフィス郊外にある墓地 New Park Memorial Garden に眠っている。[9]
   

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • You Got My Mind Messed Up (Goldwax '66) (Vivid Sound '77) (Kent '02)
  • A Man Needs A Woman (Goldwax '68) (Vivid Sound '77) (Kent '03)
  • Freedom Train (Vivid Sound '77)
  • At The Dark End Of The Street (Blue Side '87)
  • Take Me To The Limit (Goldwax '91)
  • Soul Survivor (Soultrax '93)
  • The Complete Goldwax Singles (Kent '01)
  • My Soul Is Satisfied (Kent '04)

シングル[編集]

  • Goldwax 108 - "You don't want me" / "Only fools run away" (1964)
  • Goldwax 112 - "Lover's competition" / "I can't make it" (1964)
  • Goldwax 119 - "Talk talk" / "She's better than you" (1965)
  • Goldwax 302 - "You've got my mind messed up" / "That's what I want to know" (1966)
  • Goldwax 309 - "Love attack" / "Coming back to me baby" (1966)
  • Goldwax 311 - "Pouring water on a drowning man" / "Forgetting you" (1966)
  • Goldwax 317 - "The dark end of the street" / "Lovable girl" (1967)
  • Goldwax 323 - "Let it happen" / "A losing game" (1967)
  • Goldwax 328 - "I'm a fool for you" / "Gonna send you back to Georgia" (1967)
  • Goldwax 332 - "A man needs a woman" / "Stronger than love" (1968)
  • Goldwax 335 - "Life turned her that way" / "A message to young lovers"
  • Goldwax 338 - "That's the way love turned out for me" / "Freedom train" (1969)
  • Goldwax 340 - "To love somebody" / "These ain't raindrops"
  • Goldwax 343 - "Everybody needs somebody" / "Row row your boat"
  • Atlantic 2803 - "Hold on" / "I'll put it to you" (1970)
  • River City 1940 - "Let me be right (Don't want to be wrong)" / "Bring her back" (1977)
  • Soultrax 5001 - "Soul survivor" / "Gonna marry my mother-in-law" (1993)


出典・脚注[編集]

  1. ^ Born on 13 June 1942 in Coahoma, Mississippi, a few miles north of Delta blues mecca Clarksdale, Carr had been moved as a child of three to Memphis, where there was more work for his father.  アルバム『You Got My Mind Messed Up』(Kent '02)ライナーノーツp.4 Barney Hoskyns
  2. ^ ニューヨーク・タイムズやガーディアンの死亡記事などは、ジェイムス・カーの父親は教会の牧師であったと記している。おそらくそれらの記述の元になっているのは、1992年にロバート・ゴードン(Robert Gordon) がイギリスのQ誌に寄せた記事、James Carr: Way Out On A Voyage であろう。しかしピーター・グラルニック (ピーター・ギュラルニック)の大著 Sweet Soul Music: Rhythm and Blues and the Southern Dream of Freedom (1986) にはそういった記述が見られないのに対して、ロバート・ゴードンの記事はそれを新たな発見として述べることもなく、残念なことにその根拠や証言なども記されていない。 また2002年にKENTから発売されたアルバム『You Got My Mind Messed Up』の解説にも彼の父親が牧師であったという記述は見られない。
  3. ^ "I grew up with spirituals," he told Andy Kershaw in 1987. "I went to church and paid my dues. I sung in the choir. I sung solos for a preacher who recognised my voice. He asked my mother would she let me sing in church and she said yeah. And they fixed me up, nice suit. I was about six years old. I used to stand up in church and sing solos. I must say myself I was very good at it...well, what can I say? I started singin' in a gospel group when I was nine years old and we sung in the group about three or four years - the harmony Echoes. I sang in about three groups, but it wasn't like singin' solos. I had to produce different songs for them to sing'em. I had to arrange'em... I'm a beautiful arranger, you know?"  アルバム『You Got My Mind Messed Up』(Kent '02)ライナーノーツp.4 Barney Hoskyns
  4. ^ ルーズベルト・ジャミソン(Roosvelt Jamison) (1932-2013)  アフリカ系アメリカ人。マネージャーであり、またソングライター。ジェイムス・カーのデビュー曲「The world is out (You don't want me)」、「I can't make it」は彼が作詞作曲をした。
  5. ^ クイントン・クランチ(Quinton Claunch) (1921-)  ゴールドワックス・レコードの創業者。彼自身ミュージシャンでありまたソングライターでもあり、ジェイムス・カーの「Love attack」、「These ain't raindrops」は彼の作詞作曲。
  6. ^ In 1979 he shepherded him on a disastrous tour in Japan, which ended with James taking a "double dose" of the antidepressant he is on and becoming spellbound on stage.  Sweet Soul Music: Rhythm and Blues and the Southern Dream of Freedom (1986) Peter Guralnick p.290  文中の"he"はルーズベルト・ジャミソンを、"him"はジェイムス・カーを指している。
  7. ^ ニューヨーク・タイムズの記事では manic-depressive 躁うつ病となっている。
  8. ^ But things began to go wrong following the diagnosis of lung cancer and subsequent removal of a lung in 1997.  アルバム『You Got My Mind Messed Up』(Kent '02)ライナーノーツp.7 Barney HoskynsTony
  9. ^ James Carr | New Park Cemetery, Inc. New Park Memorial GardenはNew Park Cemetery, Inc.の管理する二つの墓地のうちの一つ。メンフィス郊外、テネシー州とミシシッピ州の州境から数㎞ほどの位置にある。


外部リンク[編集]

Soul Legend James Carr Dies  James Carr dead at fifty-eight - ローリング・ストーンズ(英語)
James Carr, 58, Soul Singer Whose Life Reflected the Blues - ニューヨーク・タイムズ(英語)
James Carr  Lack of ambition and instability blighted his career as a gifted and widely admired soul singer - ガーディアン(英語)
James Carr(1942 - 2001) - Find A Grave Memorial - ファインド・ア・グレイヴ(英語)