ダーク・エンド・オブ・ザ・ストリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダーク・エンド・オブ・ザ・ストリート
ジェイムス・カーシングル
B面 Lovable Girl
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 メンフィス、ロイヤル・スタジオ(1966年)
ジャンル ソウル
時間
レーベル ゴールド・ワックス・レコード
作詞・作曲 ダン・ペン、チップス・モーマン
プロデュース クィントン・クランチ、ルドルフ・ラッセル
チャート最高順位
ミュージックビデオ
「The Dark End of the Street」 - YouTube
テンプレートを表示

ダーク・エンド・オブ・ザ・ストリート」(The Dark End of the Street)は、ジェイムス・カー1967年に発表した楽曲。

不倫を正面から扱った作品として知られ、男女問わず数多くのミュージシャンにカバーされた。

概要[編集]

リック・ホールのフェイム・スタジオでソングライターとして活動していたダン・ペンと、フィル・スペクターのゴールド・ワックス・スタジオのセッション・ギタリストだったチップス・モーマンによって書かれた。レコーディングはハイ・レコードのホーム・スタジオであるロイヤル・スタジオで行われた。ペンとモーマンは編曲も行った[1]

1967年、シングルA面曲として発表。B面は「Lovable Girl」。同年発売のアルバム『You Got My Mind Messed Up』に収録された。

同年4月1日付のビルボード・Hot 100で77位を記録した[2]。また、ビルボードのR&Bチャートで10位を記録した。

カバー・バージョン[編集]

アーティスト名 レコード・CD
1967年 パーシー・スレッジ 『The Percy Sledge Way』
1968年 ジョー・テックス 『Soul Country』
1968年 ポーター・ワゴナー & ドリー・パートン Just the Two of Us
1969年 フライング・ブリトー・ブラザーズ The Gilded Palace of Sin
1969年 リー・ヘイゼルウッド & アン=マーグレット 『The Cowboy and the Lady』
1969年 クラレンス・カーター 『Testifyin'』[3]
1970年 アレサ・フランクリン This Girl's in Love with You
1972年 ライ・クーダー 流れ者の物語
1974年 リンダ・ロンシュタット 悪いあなた
1975年 リチャード&リンダ・トンプソン Pour Down Like Silver
1976年 ドロシー・ラムーア 『Misty Blue』
1977年 ライ・クーダー 『Show Time』[4]。ライブ・バージョン。
1989年 ディーコン・ブルー シングル「Love and Regret」のB面。
1992年 チャック・ブラウン & エヴァ・キャシディ The Other Side
1997年 グレッグ・オールマン Searching for Simplicity
2004年 エルヴィス・コステロ&ジ・インポスターズ ザ・デリヴァリー・マン』のボーナス・トラック。
2011年 ジューン・テイバー&オイスターバンド Ragged Kingdom

脚注[編集]