流れ者の物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
流れ者の物語
ライ・クーダースタジオ・アルバム
リリース
録音 バーバンク アミーゴ・スタジオ、メンフィス アーデント・スタジオ、マッスル・ショールズ マッスル・ショールズ・サウンド、テネシー州コリアーヴィル[1]
ジャンル ロック、ルーツ・ロック
時間
レーベル リプリーズ・レコード
プロデュース ジム・ディッキンソン、レニー・ワロンカー
専門評論家によるレビュー
ライ・クーダー アルバム 年表
紫の峡谷
(1972年)
流れ者の物語
(1972年)
パラダイス・アンド・ランチ
(1974年)
テンプレートを表示

流れ者の物語』(原題:Boomer's Story)は、アメリカ合衆国のミュージシャン、ライ・クーダー1972年に発表した、ソロ名義では3作目のスタジオ・アルバム

背景[編集]

ダン・ペンとチップス・モーマンが共作した「ダーク・エンド・オブ・ザ・ストリート」は、元々はジェイムス・カーによる録音で知られる曲だが、本作ではギター中心のインストゥルメンタルとなっている[2]。また、スリーピー・ジョン・エスティス作の「スウィート・ママ」と「ケネディ大統領」が取り上げられており、後者ではエスティス本人がリード・ボーカルを担当した[3]。なお、エスティスのパートはテネシー州コリアーヴィルで録音された[1]

「旗のもとに集まろう」のピアノはランディ・ニューマンによる[3]

反響・評価[編集]

セールス的には成功を収められず、母国アメリカではBillboard 200入りを逃す結果となった[4]。Brett Hartenbachはオールミュージックにおいて5点満点中4点を付け「彼の過去のレコーディングがそうであるように、彼はブルース界の伝説であるスリーピー・ジョン・エスティス、ソングライターのダン・ペン(両名とも本作に参加している)、それに偉大なるスキップ・ジェイムズを含む面々の名曲のみならず、アメリカのフォーク及びブルースの、失われ無視されてきた曲にも目を向けている」「『ライ・クーダー・ファースト』ほどエキセントリックでも『紫の峡谷』ほど折衷的でもなく、彼の傑作の一つに位置する」と評している[3]

収録曲[編集]

  1. 流れ者の物語 - Boomer's Story (Traditional) - 4:16
  2. チェリー・ボール・ブルース - Cherry Ball Blues (Skip James) - 4:13
  3. ブラック・チキン - Crow Black Chicken (Lawrence Wilson) - 2:20
  4. スウィート・ママ - Ax Sweet Mama (Sleepy John Estes) - 4:27
  5. マリア・エレナ - Maria Elena (Lorenzo Barcelata) - 4:32
  6. ダーク・エンド・オブ・ザ・ストリート - The Dark End of the Street (Dan Penn, Chips Moman) - 3:27
  7. 旗のもとに集まろう - Rally 'Round the Flag (Traditional) - 3:39
  8. 翼と祈りに支えられ - Comin' in on a Wing and a Prayer (Harold Adamson, Jimmy McHugh) - 3:03
  9. ケネディ大統領 - President Kennedy (Sleepy John Estes) - 4:38
  10. ミスター・レイルロード・マン - Good Morning Mr. Railroad Man (Traditional) - 4:32

参加ミュージシャン[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b CD裏ジャケット記載のクレジットに準拠
  2. ^ Moon, Tom (2006年8月16日). “Music's Renegade Historian in Rural America”. NPR. 2017年6月9日閲覧。
  3. ^ a b c Hartenbach, Brett. “Boomer's Story - Ry Cooder”. 2017年6月9日閲覧。
  4. ^ Ry Cooder - Awards”. AllMusic. 2016年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月9日閲覧。