テディ・ペンダーグラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テディ・ペンダーグラス
出生名 セオドア・デリーズ・ペンダーグラス・ジュニア
生誕 (1950-03-26) 1950年3月26日
サウスカロライナ州キングスツリー
出身地 ペンシルベニア州フィラデルフィア
死没 (2010-01-13) 2010年1月13日(59歳没)
ペンシルベニア州ブリンマー
ジャンル R&Bソウルディスコファンク
職業 歌手
共同作業者 ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルー・ノーツ
公式サイト http://teddypendergrassofficial.com

テディ・ペンダーグラス(Teddy Pendergrass、1950年3月26日 - 2010年1月13日)は、アメリカ合衆国R&B歌手である。本名はセオドア・デリーズ・ペンダーグラス・ジュニア(Theodore DeReese Pendergrass Jr.)[1]サウスカロライナ州キングスツリー生まれで、フィラデルフィアで育った[1]

70年代のブラック・ミュージック界で一世を風靡するフィラデルフィア・ソウルのトップスターであった。もともとはザ・キャデラックのドラマーでだったが、ほどなくハロルド・メルヴィン&ザ・ブルー・ノーツに合流し、彼をリードボーカルに据え、既存のコーラス・グループザ・デルズを踏襲したスタイルで人気を博する。

1977年にアルバム『Teddy Pendergrass』でソロデビューした後は立て続けにヒット作品を生み続け、フィラデルフィア・インターナショナルこと(PIR/Philadelphia International Records)の看板ドル箱アーティストとして会社を牽引する。同時代のソウル・シンガーであるマービン・ゲイアル・グリーンと共にセックス・シンボル的な存在でもあった。

1982年ペンシルベニア州ジャーマンタウンでの自動車事故により四肢麻痺となったが、療養後に車椅子でステージに復帰し演奏活動を続けた。

2009年結腸がんであることが判明し闘病生活を送ったが、2010年1月13日に亡くなった。59歳だった。

1979年発売の3rdアルバム『Teddy』に収録されている「Do Me」は、ザ・ドリフターズの出演していたTBSのバラエティ番組「8時だョ!全員集合」内におけるコント「ヒゲダンス」で用いられていたため特に有名であった。

代表曲[編集]

  • "Close the door"
  • "Love T.K.O."

ディスコグラフィ[編集]

  • Teddy Pendergrass (1977)
  • Life is a song worth singing (1978)
  • Teddy (1979)
  • Live! Coast to coast(1979)
  • TP(1980)
  • It's time for love (1981)
  • This one's for you (1982)
  • Heaven only knows (1983)
  • Love language (1984)
  • Workin' it back (1985)
  • Greatest hits (1985)
  • Joy (1988)
  • Truly blessed (1991)
  • A little more magic (1993)
  • You and I (1997)
  • The best of Teddy Pendergrass (1998)
  • This Christmas(I'd rather have love) (1998)
  • Greatest slow jams (2001)
  • From Teddy,with love(Live) (2002)
  • Love songs collection (2004)
  • Satisfaction Guaranteed:The very best (2004)
  • Essential Teddy Pendergrass (2008)
  • Playlist:The very best of Teddy Pendergrass (2009)

脚注[編集]

  1. ^ a b Pendergrass a musical legend forever rooted in Philadelphia philly.com 2018年8月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]