コンピューターおばあちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
みんなのうた
コンピューターおばあちゃん
歌手東京放送児童合唱団)酒井司優子
作詞者 伊藤良一
作曲者 伊藤良一
編曲者 坂本龍一
映像 アニメーション
映像制作者 とこいった
初放送月 1981年12月-1982年1月
再放送月 別項
テンプレートを表示
コンピューターおばあちゃん
酒井司優子シングル
A面 コンピューターおばあちゃん
(酒井司優子)
B面 フォト・ムジーク
(坂本龍一)
リリース
ジャンル テクノポップ
時間
レーベル EXPRESS/東芝EMI
作詞・作曲 伊藤良一(作詞・作曲)
坂本龍一(補作曲・編曲)
プロデュース 坂本龍一
酒井司優子 シングル 年表
-コンピューターおばあちゃん
(1981年)
-
テンプレートを表示

コンピューターおばあちゃん」は、日本作詞作曲は伊藤良一。明治生まれという高齢でありながら、かくしゃくとして博学、さらに英語にも堪能な自慢のおばあちゃんへの、孫の敬愛といたわりを歌い上げた楽曲。コンピューターという題材から、作曲当時流行していたテクノポップ的な曲調が特徴。NHKの番組『みんなのうた』の人気曲で繰り返し再放送されている。CDDVD化もされており、カバーも多い。

来歴[編集]

もともとは1981年NHKの作曲投稿番組『あなたのメロディー』に投稿され採用されたものである。オリジナルは小田啓義の編曲により、コスミック・インベンションが歌った。

同年12月から、歌:酒井司優子(さかい・しゅうこ クレジット上は「東京放送児童合唱団(酒井 司優子)」)、プロデュース・編曲・すべての演奏が坂本龍一のバージョンが『みんなのうた』にて放送された[1]。現在ではこちらのほうが有名で、オリジナルバージョンではメロディーに乗せて歌われていた歌詞の一部が、この編曲以降、作文朗読調のモノローグとして歌われるようになる。

『みんなのうた』で放送されたものは、前述のとおり坂本龍一が編曲とプロデュース、全楽器の演奏に関わったためか、映像では、サビの部分の『テクノデリック』フォントで「I LOVE YOU…YMO…FF…FF…FF…FF…FF」という一文が流れる。コンピューターのメモリーのすべてのビットが1になっている場合、16進数ではFFである。

アニメーション担当の「とこいった」は、堀口忠彦変名。「とこいった」名義で担当したのは、1978年12月の「ホロスコープ〜あなたの星座〜」(歌:榊原郁恵)以来。

東芝EMIのシングル盤では坂本の「フォト・ムジーク」(作曲・編曲:坂本龍一、NHK-FM放送サウンドストリート』オープニングテーマ)がカップリングされている。ほかに久石譲日本コロムビア)、難波弘之キングレコード)、神山純一ビクター)、などの編曲がある。

近年(2021年時点)もカバーが行われるなど幅広い世代に認知されている。僕(小学生)の明治生まれで宇宙旅行が夢であるおばあちゃんを題材としている。

再放送[編集]

▲マークはラジオのみでの再放送

その他にも2011年4月15日に放送された『みんなのうたスペシャル 年代別セレクション』や『ワンワンパッコロ!キャラともワールド』内においても再放送された。

楽曲の使用・カバー[編集]

不適切映像の混入[編集]

2010年4月2日、2004年にNHKエンタープライズが企画し、ユーキャンが通信販売したDVD(DVD-BOX)ソフトに収録されている『コンピューターおばあちゃん』のコンピュータの画面に、はめ込み合成で様々な万物の写真・静止画が高速スライドで映し出される1シーンに、西洋人女性の尻や胸・下着姿の写真のコマがサブリミナル効果のように約0.1秒ずつ映っていることが外部の指摘により(28年経過した時点になって)判明したため、映像を修正したDVDソフトへ交換すると発表。同局は「酸いも甘いもかみ分けるおばあちゃんの人生経験をイメージした映像表現だった[6]。制作以来30年を経た現在の視聴環境や視聴態様を考慮に入れると、ファミリー向けの番組としてはよりふさわしい表現をとるべきだと考えました。」とコメントしている[7]。この映像素材は、1981年12月の初放送以降近年まで再放送されてきた[6]。なお、『みんなのうたスペシャル-年代別セレクション-』では、本曲の当該部分において、黒色で書かれた記号の内容と背景の色がそれぞれ変化するように修正されそれ以降、2013年4月-5月以降の放送では、修正された映像を放送された。 なお、問題のシーン以外にも別の映像に差し替えられた箇所がある。

  • 夕焼けの活動の写真→地球の絵
  • 海の写真→海の絵
  • ハワイの写真→赤い山と波の絵

収録アルバム[編集]

  • NHKみんなのうた大全集 恋するニワトリ~おふろのうた(1985年)

参考文献[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ NHK みんなのうた - コンピューターおばあちゃん - 東京放送児童合唱団(酒井司優子)
  2. ^ “POLYSICSが14年の時を経て「コンピューターおばあちゃん」配信リリース、MVも公開”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2021年9月20日). https://natalie.mu/music/news/445926 2021年9月21日閲覧。 
  3. ^ “PerfumeがEテレで人形劇に挑戦、歴代キャラクターたちと共演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年11月21日). https://natalie.mu/music/news/314082 2021年5月8日閲覧。 
  4. ^ “石丸幹二・古川雄大・山崎育三郎らがNHK「みんなのうた60フェス」で名曲披露”. ステージナタリー (ナターシャ). (2021年5月7日). https://natalie.mu/stage/news/427310 2021年5月8日閲覧。 
  5. ^ ゴンドウトモヒコ [@gondotomohiko] (2021年5月8日). "みんなのうた60周年! 「みんなのうたフェス」 今晩19:30から。 コンピューターおばあちゃんのアレンジしたので観てね!" (ツイート). Twitterより2021年5月8日閲覧
  6. ^ a b “「みんなのうた」に不適切映像…DVD回収へ”. 読売新聞. (2010年4月2日). オリジナルの2010年4月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100405193034/http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100402-OYT1T00928.htm 
  7. ^ “みんなのうた「コンピューターおばあちゃん」について” (プレスリリース), NHK広報局, (2010年4月2日), オリジナルの2013年12月2日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20131202222909/http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/otherpress/100402.html