ケーシー・フォッサム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケーシー・フォッサム
Casey Fossum
HT-Casey-Fossum20100715.jpg
阪神時代(2010年7月15日、阪神甲子園球場)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニュージャージー州
生年月日 1978年1月6日(36歳)
身長
体重
185 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1999年 サプリメンタルドラフト1巡目
初出場 MLB / 2001年7月28日
NPB / 2010年4月15日
最終出場 NPB / 2010年7月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ケーシー・フォッサムCasey Paul Fossum, 1978年1月6日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州出身のプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

デビルレイズ時代(2005年10月7日)

1996年アリゾナ・ダイヤモンドバックスからMLBドラフト7巡目で指名されたが契約せず、テキサスA&M大学に進学。1999年ボストン・レッドソックスからサプリメンタルドラフト1巡目(全体の48番目)で指名され、プロ入り。2001年にレッドソックスでメジャーデビュー。2002年には43試合に登板して防御率3.46と活躍するが、2003年は振るわず、同年のシーズンオフにカート・シリングとの1対4のトレードでブランドン・ライオンらと共にダイヤモンドバックスに移籍。

しかし2004年ナショナルリーグ2位の15敗を喫するなど、ダイヤモンドバックスでも今一つのピッチングが続き、1年でホセ・クルーズ・ジュニアとのトレードでタンパベイ・デビルレイズへ放出される。2005年2006年は主に先発投手として投げ、2005年には規定投球回もクリアしたが、2006年9月には肩の手術を受けた。2008年にはデトロイト・タイガースで中継ぎで31試合に登板。

2009年にはニューヨーク・メッツとマイナー契約。4月にメジャー昇格を果たしたが3試合に登板しただけで、4月26日に高橋建と入れ替わる形で戦力外通告を受けた。5月2日にニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約を交わしたがメジャー昇格のないまま解雇され、7月3日にシカゴ・カブスとマイナー契約。

2010年阪神タイガースと契約、先発投手としての起用方針を示された[1]が、オープン戦で結果を出せず、開幕ローテーションから漏れた。しかし、二軍での調整を経て4月15日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦に登板、得意のカーブを武器に6回を投げて3安打無失点と好投した。ただし、降板後にチームが逆転されたため自身に勝敗は付かなかった。その後、2回目の登板となる4月23日の対中日ドラゴンズ戦に先発、5回1失点の好投で初勝利。4度目の先発となった5月7日の対広島東洋カープ戦では、味方の援護もあって5-0と4回まで封じていながら、5回に突然の3連打を含む5本の長短打を浴び、4回2/3を4失点で降板している。5月15日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦は6回を投げ、岩隈久志に投げ勝って白星を挙げたものの、続く5月21日の対オリックス・バファローズ戦では、2回裏に1イニング5四死球と大荒れの投球で1回2/3を5失点で降板。それでも能見篤史岩田稔の両左腕が故障で離脱している事情もあって起用され続け、ある程度試合を作るものの、打線の援護に恵まれなかった。

しかし、交流戦が明けると調子を大きく崩す。7月4日の対巨人戦では2回1/3で3本塁打を含む9安打を浴び7失点。同じく3本塁打を許して3回2/3で降板した6月20日の対横浜ベイスターズ戦から続く3戦連続の先発失敗で期待に添えられず、一軍登録を抹消された[2]。その後は二軍で活躍するもジェイソン・スタンリッジランディ・メッセンジャーらの活躍で再び一軍に上がれないままシーズンを終え10月4日に帰国。10月26日に阪神タイガースより翌年の契約を結ばないことが発表された[3]

2011年2月9日、ニューヨーク・メッツとマイナー契約を結ぶ[4]

2012年2月1日にボルチモア・オリオールズとマイナー契約を結ぶも、4月19日に放出される。

プレースタイル[編集]

145 km/h前後のストレートスライダーカットボールチェンジアップ、2種類のカーブなど多彩な球種を投げ分ける技巧派の投手。自ら「フォッサム・フリップ」(Fossum Flip) と名付けた、最遅43 mph(約68.8 km/h)[5]の縦に大きく割れるカーブが最大の武器で、ヤンキース傘下のスクラントン・ウィルクスバリ・ヤンキース時代にチームメイトだった井川慶からも評価されている[6]。一方、制球力の甘さが課題[7]

人物[編集]

息子に買ってあげた『プロ野球スピリッツ2010』において、自分の能力が低く設定されていることに不満を持ち、次回作で能力を高くしてもらえるように活躍を誓った[8]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2001 BOS 13 7 0 0 0 3 2 0 0 .600 197 44.1 44 4 20 1 6 26 1 1 26 24 4.87 1.44
2002 43 12 0 0 0 5 4 1 3 .556 461 106.2 113 12 30 0 4 101 3 0 56 41 3.46 1.34
2003 19 14 0 0 0 6 5 1 0 .545 346 79.0 82 9 34 0 4 63 4 0 55 48 5.47 1.47
2004 ARI 27 27 0 0 0 4 15 0 0 .211 652 142.0 171 31 63 5 10 117 4 2 111 105 6.65 1.65
2005 TB 36 25 0 0 0 8 12 0 0 .400 725 162.2 170 21 60 3 18 128 8 1 100 89 4.92 1.41
2006 25 25 0 0 0 6 6 0 0 .500 594 130.0 136 18 63 3 12 88 4 1 89 77 5.33 1.53
2007 40 10 0 0 0 5 8 0 2 .385 364 76.0 109 15 27 1 6 53 3 0 71 65 7.70 1.79
2008 DET 31 0 0 0 0 3 1 0 6 .750 179 41.1 44 4 18 1 3 28 1 0 26 26 5.66 1.50
2009 NYM 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 19 4.0 4 0 4 0 0 3 0 0 1 1 2.25 2.00
2010 阪神 12 12 0 0 0 2 5 0 0 .286 258 56.2 65 9 24 1 5 48 1 0 37 36 5.72 1.57
MLB:9年 237 120 0 0 0 40 53 2 11 .430 3537 786.0 873 114 319 14 63 607 28 5 535 476 5.45 1.52
NPB:1年 12 12 0 0 0 2 5 0 0 .286 258 56.2 65 9 24 1 5 48 1 0 37 36 5.72 1.57
  • 2010年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 59 (2001年)
  • 15 (2002年、2005年 - 2007年)
  • 23 (2003年)
  • 16 (2004年)
  • 49 (2008年)
  • 47 (2009年)
  • 58 (2010年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]