にほんの里100選

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

にほんの里100選』(にほんのさとひゃくせん)は、朝日新聞社が2008年朝日新聞創刊130周年と森林文化協会創立30周年の記念事業として募集・選定した[1]。 選定委員長は映画監督山田洋次[2]

概要[編集]

朝日新聞社と森林文化協会によるにほんの里100選公式サイト(下記外部リンク節参照)には100か所全てが掲載されている。

テレビ番組[編集]

にほんの里100選
ジャンル 紀行番組教養番組
ナレーター 貫地谷しほり
製作
制作 テレビ朝日
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2009年1月11日 - 2009年3月22日
放送時間 日曜 18:56 - 19:00
放送分 4分
テンプレートを表示

2009年(平成21年)1月11日から同年3月22日までテレビ朝日系列局で放送されていたテレビ朝日製作の紀行番組教養番組である。全9回。放送時間は毎週日曜 18:56 - 19:00 (日本標準時)。ハイビジョン制作、字幕放送実施。アナログ放送では、画面上下に黒幕ができるレターボックス形式で放送されていた。

テレビ朝日と朝日新聞社が共同企画した正味3分ほどのミニ番組で、実制作はテレビ朝日と花組[3]が担当。 朝日新聞社が2008年に朝日新聞創刊130周年と森林文化協会創立30周年の記念事業として募集・選定した「にほんの里100選」の一部を紹介していた[1]。森林文化協会は、朝日新聞社が創刊100周年を記念して1978年9月に設立した公益法人である。

番組は、「残したいにほんの里。」という台詞とスーザン・オズボーンが歌う「赤とんぼ Autumn Song」で始まっていた。実尺2分10秒の番組本編では、「にほんの里100選」に選定した地域の風景や人々の暮らしを貫地谷しほりによるナレーションと映像で紹介。番組の最後には、「ありがとう」のテロップとともに「きょうの里みやげ」を5秒間紹介していた。

前番組『挑戦するNo.1』はスズキの一社提供で放送されていたが、本番組はスポンサーを特に置かず、パーティシペーション扱いで放送されていた。また、本番組が放送されていたのはテレビ朝日系フルネット24局のみで、クロスネット局福井放送テレビ宮崎では未放送だった(前者は日曜 18:55 - 19:00 に日本テレビの『プレミアムスウィッチ』を、後者は日曜 18:30 - 19:00 にフジテレビの『サザエさん』を放送)。

取り上げた地域[編集]

番組が取り上げた「にほんの里」は以下の9か所。

  1. 松之山・松代(新潟県十日町市、1月11日放送分)
  2. 風布(埼玉県大里郡寄居町、1月18日放送分)
  3. 桑畑果無奈良県吉野郡十津川村、1月25日放送分)
  4. 蕪栗沼宮城県大崎市、2月15日放送分)
  5. 山根六郷(岩手県久慈市、2月22日放送分)
  6. 三富新田(埼玉県所沢市入間郡三芳町、3月1日放送分)
  7. 黒川(兵庫県川西市、3月8日放送分)
  8. 川売(愛知県新城市、3月15日放送分)
  9. 石部(静岡県賀茂郡松崎町、3月22日放送分)

にほんの里100選スペシャル[編集]

レギュラー放送終了後の2009年5月3日(日曜)、ナレーターの貫地谷しほりと加藤晴彦が「にほんの里」に選ばれた地域13か所を訪れる関連特別番組にほんの里100選スペシャル』が『サンデープレゼント』枠で放送された。同特番は、クロスネット局の福井放送でも2010年2月21日(日曜) 10:00 - 11:30に放送された。

脚注[編集]

  1. ^ a b にほんの里100選 - にほんの里100選とは”. 朝日新聞社・森林文化協会. 2014年9月9日閲覧。
  2. ^ 江口英佑 (2015年5月5日). “駅の細道 みちのく点景 秋田内陸線・笑内駅 秋田 トンネルの先に隠れ里”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 秋田全県版 
  3. ^ テレビ朝日|WORKS|花組”. 花組. 2014年9月9日閲覧。[リンク切れ]

外部リンク[編集]

テレビ朝日系列 日曜18:56枠
前番組 番組名 次番組
挑戦するNo.1
(2008年10月19日 - 2008年12月28日)
にほんの里100選
(2009年1月11日 - 2009年3月22日)
挑戦者〜No.1への階段〜
(2009年4月5日 - 2009年9月20日)