かのこん えすいー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
かのこん > かのこん えすいー
かのこん えすいー
ジャンル ゲーム
ゲーム:かのこん えすいー
ゲームジャンル ドタバタラブコメアドベンチャー
対応機種 PlayStation 2
発売元 5pb.
メディア DVD-ROM
プレイ人数 1人
発売日 2008年7月31日
レイティング CERO:C(15歳以上)
テンプレート - ノート

かのこん えすいー』は、西野かつみ箸のライトノベルかのこん』を題材とした、5pb.から2008年7月31日に発売されたコンピューターゲーム

概要[編集]

2008年4月から放送されていたテレビアニメ版とは別の完全オリジナルストーリー。2人の主人公「小山田耕太」と「源たゆら」の視点を切り替えるサイトチェンジと、決定するまでの時間によって気持ちの強さを判定する選択肢エモーショナルリサーチという2種類のシステムを搭載している。エンディングはマルチエンディング方式を採用している。

ストーリー[編集]

せっかくの夏休みだというのに、補習合宿で孤島へ連れてこられてしまった一同。しかし、場所は変われども行動は相変わらずで、ちずると望は耕太といちゃつき、たゆらはこの機にあかねとの仲を進展させようとしていた。

そんな中、島で出会った少女に耕太は不吉な予言を告げられる。「近いうちに誰か大切なひとを失うかもしれない」……果たして、この補習合宿は無事に終わりを迎えられるのだろうか?

登場人物[編集]

小山田耕太(おやまだ こうた)
声:能登麻美子
本作の主人公。田舎から来た転校生で、ちずるにいきなり求愛を迫られる。さらに望からもアプローチを受け、三角関係のまま交際をすることに。
源たゆら(みなもと たゆら)
もう1人の主人公。狐の妖怪で、ちずるの弟。同じクラスのあかねのことが気になっている。
声:豊永利行
源ちずる(みなもと ちずる)
声:川澄綾子
薫風高校3年。正体は400歳以上の妖狐で、耕太に惚れている。
犹守 望(えぞもり のぞむ)
声:竹内美優
耕太よりも後に転校してきた2年生。狼の妖怪。耕太のアイジンを自称し、ちずると張り合っている。
朝比奈あかね(あさひな あかね)
声:斎藤千和
生真面目なクラス委員長。田舎から出てきた耕太を気にかけてくれる一方で、風紀の乱れを正そうとする。
七々尾 蓮(ななお れん) / 七々尾 藍(ななお あい)
声:門脇舞以 / 仲西環
高校1年生の双子。かつてはちずるを狙う刺客だったが、任務に失敗して耕太とちずるの「子供」に収まった。
玉藻(たまも)
声:進藤尚美
ちずるとたゆらの母親。なぜか補習先の島で海の家を開いていた。耕太のことがお気に入りで、ちずるに睨まれている。
雪花(ゆきはな)
声:早水リサ
「雪野花代」の名で薫風高校の保健師を勤める、今回の補習の引率者。本来は、玉藻が経営する山奥の温泉宿の従業員だった。
神邨天音(かむら あまね)
声:喜多村英梨
14歳の白音の双子の妹。いつもトウモロコシを食べている。
神邨白音(かむら しらね)
声:榊原ゆい
14歳の天音の双子の姉。物語の舞台となる奈留迦見島の神社で巫女をしている。

主題歌[編集]

オープニング「Happy Succession
作詞・作曲:奥井雅美 / 編曲:MACARONI☆ / 歌:宮崎羽衣
エンディング「永遠の恋
作詞:葉月みこ / 作曲:沢村竣 / 編曲:大島こうすけ / 歌:榊原ゆい

スタッフ[編集]

限定版[編集]

原作のイラストを担当している、狐印の書き下ろし。通常版のジャケットは、テレビアニメ版のキャラクターデザインを担当している高見明男による。

  • オリジナルCD
    • ちずる、耕太、望のキャラクターソング「恋のミラクル☆サマーバケーション」とゲームの後日談「夏の日のはじまり」を収録。
  • 狐印描き下ろし特製マウスパッド

関連商品[編集]

外部リンク[編集]