かな入力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

かな入力(かなにゅうりょく)は、かな漢字変換を使用した日本語入力システムで文字を入力する際、変換の前段階として読みを入力する方法の一つ。一部の連想式漢字直接入力を使用した日本語入力システムでも使用される。

概要[編集]

キーを打鍵することで、キーに刻印されている文字のうち日本字部分に対応するひらがなが入力される。たとえば日本においてもっとも普及しているJISキーボードでは、キーの右側に書かれている文字が入力される。かな入力に対して、ローマ字の綴りを入力するローマ字入力がある。

入力された文字に「かな漢字変換」を行い、漢字仮名交じり文にする。

キー配列は複数あるが、一般にかな入力といえば、もっとも普及しているJISキーボードによるものを指す。他にもいくつかの配列がある。日本語入力システムと配列の組み合わせによって使用できない物がある。

キー配列[編集]

キー配列#日本語入力用配列も参照

JISキーボード[編集]

JIS X 6002情報処理系けん盤配列として策定された配列。現在はデファクトスタンダードとなっている。 JISキーボード

シフトキーを押した状態

その他のかな配列[編集]

かつて、アメリカ製のコンピュータの日本語版が発売される際、キー数の少ない英字向けのキーボードでかな入力をするため、JISキーボードを若干改変した独自の配列が採用されることがあった。初期のMacintoshの日本語版キーボード、AXキーボード、日本語版NeXTのキーボードなどがあり、配列の改変部分はそれぞれ異なる。

下記以外にもTRON配列カナタイプ、新下駄配列などがある。

親指シフト配列[編集]

大正時代に考案された配列を祖とするJISかな配列よりも効率よく日本語入力できることを目指して開発された。後に半濁音入力をブラッシュアップしたNICOLAに引き継がれているが、現在でも「親指シフト」の名前で呼ばれることが多い。富士通から外付けキーボードやノートパソコンのオプションも発売されている。

50音順配列[編集]

公共施設(図書館の検索機など)や銀行ATMのタッチパネルなどで採用されることがある。パーソナルワープロの黎明期には、各社から50音順配列キーボードを搭載した機種が発売されていた。親指シフト配列を推進する富士通からは、キーボードに取り付けると50音順配列にすることができる樹脂製カバーが添付されたこともある。

新JIS配列[編集]

高校教科書や天声人語などから得られた統計データと実際の運指を調査して作成された配列。1986年にJIS規格となったが、当時は既にJISキーボードが普及していたため、ワープロ専用機のオプション扱いにとどまり、1999年には「使用実態がない」としてJIS規格から廃止された。

かな入力の長所・短所・指摘[編集]

かな入力とローマ字入力を比較すると、以下のような長所・短所・指摘がある。

長所[編集]

  • キートップに刻印された文字がそのまま出力されるので、特にキーボード初心者の導入障壁はかなり低い。
  • パターンの多いローマ字入力用の変則ローマ字綴りを覚える必要がない。また、ローマ字未習得の子どもにも覚えやすい。[要出典]
  • かな入力ではほとんどの場合1打鍵に対して1文字入力される。総じて打鍵数が少ないため、打鍵の早さが同じならばより早く(ローマ字と同打鍵数の文字列や打鍵数が増える文字列もあるので単純に2倍、概ね1.5倍ほど)入力でき、手指の疲労も少ない。
  • ローマ字を気にする事なく日本語を直接入力出来るので日本語を母国語とする民族ならば感覚的に入力出来る。[要出典]
  • ローマ字入力はアルファベットの発音に深く干渉する(例えばAを「あ」と強く認識させる)が、かな入力は英字の発音に干渉することがない。
  • かな入力モード時、英数キー(CapsLock)を押すと英文モードに素早く移行できる。
  • 文字の1文字取り消しがCTRLキー+Hキーを押すだけでできるなど、コントロールキーとの併用が可能。[疑問点 ]
  • 手指の運動範囲が大きいため、指の運動による脳の活動が活発となり、高齢者の記憶力回復に効果がある。[要出典]

短所[編集]

  • ローマ字入力で扱われる特殊記号(!”#$%&’()=~|^¥@‘;:+*<>?_)が直接打てない為、苦労する事がある。
  • 日本語と英字が酷く混在する文においては、Shiftキーを押しっぱなしにするだけで英字モードに移行できるローマ字入力に比べて手軽さの面で不利である。
  • ローマ字は英字入力と共通の配列で入力できるが、カナ入力の場合はアルファベットの配列を別途覚える必要がある。そのため、習得の初期において運指練習ののち、1時間程度[要出典]の演練時間が別途必要である。
  • ひらがなはアルファベットに比べて数が多いため、多くの配列でキーボードの全域にひらがなのキーがあり、手指の運動範囲が広くなる。ただし配列によってはこのことを考慮し、少ないキーで入力をすることが出来るものもある。
  • 商業機関、銀行系、プロタイパー、報道機関など高スキルを必要とする場合、かな入力が一般的である。それらの業種に就職する者は入社前、入社後に新たに習得する必要にせまられる。[要出典]
  • かな入力を行うためには、英文入力(必然的にローマ字入力が可能)が、行えないとできない。そのため、かな入力を習得できない場合はローマ字入力となる。[要出典]

JISキーボード[編集]

日本語の入力で最も多く使われているものがJISキーボードであるため、JISキーボードにおける特徴もあげる。

長所[編集]

  • 二打鍵となる部分においても、「ほ・へ・せ・く・け」の濁音半濁音を除いてはすべて交互打鍵での二打鍵となり、入力しにくい片手連打鍵による濁音半濁音入力は頻発しにくい
  • 濁点半濁点を筆記と同じような後置方式で入力していくので、ローマ字入力よりも直感的な入力ができる。
  • 濁点や半濁点を単独で入力できる。したがって「あ゛」のように普通は使わない文字との組み合わせでも入力できる。
  • 捨て仮名があるキーについては、シフトキーを押しながら清音かなのキーを押せば、清音かなと同じ形の捨て仮名が表示される。欧文タイプライタのシフト関係ともよく似ている。

短所[編集]

  • 濁音・半濁音・拗音・促音の入力に2打鍵を必要とする。
  • 英字タイプライターと同様、よく打つ文字キーは中心部分に多く配置されているため、小指でうつ文字は比較的少ない。人間工学的に配置されてはいるものの、[要出典]あいうえお順ではないため、タッチタイピングできない者にはキーの位置がわかりにくい。[疑問点 ]

指摘[編集]

ローマ字に比べ使用する文字が多く、一般に普及しているJISキーボードは4段の鍵盤全体を使う配列であるためか、一般に「ローマ字入力と比べて習得には困難を伴う」と説明される。しかし、親指シフト、JISキーボード、ローマ字入力の3つを比較した日本能率協会総合研究所の調査[1]からはその傾向は見られず、ローマ字入力のほうが悪い結果となった。しかし、かな入力とローマ字入力のそれぞれに特徴があるため一概に言うことは出来ない。 かな入力対ローマ字入力は正しくない。なぜならば、かな入力は英文入力も覚えなければならず必然的にローマ字入力が可能となる。[疑問点 ]対してローマ字入力はかな入力ができず、英文入力にも専門の練習をしていない。[疑問点 ] それゆえ、かな・英文・ローマ字入力ができる者対ローマ字入力しかできない者というのが正しい。[要出典] よくいわれるかな入力が小指を酷使し、腱鞘炎になるなどはありえない。[要出典]日本能率協会総合研究所の調査からもローマ字入力は左手を酷使するという結果が出ている。これはローマ字専用のキーボード(人間工学的に多く使うキーを中心に割り当てている。)をつかわず、簡便的にQWERTY配列キーボードでローマ字入力しているためである。[要出典]

関連項目[編集]