フリック入力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フリック入力(フリックにゅうりょく、flick input)とは、

  1. タッチスクリーン上で指を素早く動かしたり弾いたりして行う操作全般のこと。「フリック」(flick)とは、「素早く動かす、弾く」という意味であり、この場合、指のスライド(弾き)のことを表しており、タッチスクリーン操作全般に用いられる表現である。タブレットPCタッチパネル式の液晶ディスプレイでのスライド操作のことを、単にフリックとも呼ぶ。
  2. 主にスマートフォンタッチスクリーンで採用されている、フリックにより行う日本語入力方式。

概要[編集]

日本語入力方式としてのフリック入力は、テンキー風に配置された各行のあ段(あかさたなはまやらわ)の周囲に、十字型や扇形に他のい段う段え段お段の4段が潜在的に配置されており、あ段のキーを押しつつ目的の文字の方向に指をスライドさせる(弾く)ことで、文字を入力する。アップルPDAニュートン・メッセージパッド用に開発された入力システム「Hanabi」が草分けで、2008年iPhoneに採用されたことで、急速に広まった。従来の「あ段→い段→う段→え段→お段」とキーのプッシュを繰り返して表示・入力する方式(トグル入力)に比べ、素早い入力が可能になる。その入力効率の高さから、2010年頃にはキーボード離れが加速している[1]

OSの操作に使用されるフリック入力は、2007年1月発売のWindows VistaのHome Basicを除くエディションでペン フリックの名称で採用されている[2]デフォルトでは上下左右の十字操作で、縦方向がスクロール、横方向がWindows Explorerブラウザの戻る・進むの動作に割り当てられており、さらに詳細設定で斜め4方向も認識させることが出来、これらにコピー、ペースト印刷などを割り当てることができる[3]。続く2009年10月発売のWindows 7では名称がWindows タッチ[4]へと変わり、フリックを含む操作も2本指に対応したタッチ ジェスチャと呼ばれ、ズームや回転なども扱えるマルチタッチに進化している[5]。また、スマートフォン向けの組み込みOSでは、Windows Phone 7から対応している。

フリック入力が可能な機器・日本語入力システム[編集]

など

フリック入力に関連する特許[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 若者のキーボード離れ加速 レポート・卒論でフリック入力も
  2. ^ ペン フリックとは
  3. ^ ペン フリックをカスタマイズする
  4. ^ Windows タッチ
  5. ^ タッチ ジェスチャを使用する

関連項目[編集]